[WEB制作]ホームページ管理費の相場は?業務内容・内訳はなに?騙されないために[徹底解説]

こんにちは、土日休み.com運営部です。

「ホームページの管理費用って何の費用なの?」
「相場はどのくらいなんだろう?」

今回の記事では、こういった疑問を持ったサイト制作を検討している方のために、ホームページ管理費用がどのような業務のためにあるかを徹底解説していきます。

内容
  • ホームページ管理費用の内訳・業務内容
  • ホームページ管理費用の相場
  • 管理費用で気をつけるべき点

などをできるだけわかりやすく、解説しようと思います!。

ホームページ管理費用の内訳・業務内容

WEBサイト・ホームページの管理管理費用とはどのような業務があるのでしょうか?業務内容について一つ一つ解説していこうと思います。

サイト管理費用の内訳・業務内容
  • ドメイン費用
  • サーバー費用
  • コンテンツ更新費用
  • 障害対応費用
  • セキュリティ管理費用
  • サイト分析費用
  • SEO対策・集客コンサルティング費用

ドメイン費用

ドメインとはサイトのURLの部分のことで、インターネットでサイトを公開するための住所のようなものです。

ドメインには中古ドメインと新規ドメインがあり、中古ドメインは過去に運営していたドメインを利用する方法で、被リンクと言われる他のサイトからの紹介リンクを受けている場合はSEO対策として有効な手段だと考えられていました。

しかし、現在のSEO対策では評価がよっぽど高いドメインでない限り、逆SEOといってサイトの評価を下げてしまう可能性もあります。

そのためサイトを制作する際は新規でドメインを取得することをオススメ します。

サーバー費用

サーバー費用とは、WEBサイト・HPのシステムデータを保管するための費用です。

WEBサイトなどをインターネットに公開する際は、サーバーに構築したシステムを作動させることで24時間365日インターネットに向けて発信することができます。

サーバーを構築する際は、供用サーバー、専用サーバー、クラウドサーバーなどの選択肢がありますが、それぞれの特徴がある上で企業向けの場合は、供用サーバーより安全で、専用サーバーより安い、クラウドサーバーが利用されるケース が最近は多いです。

コンテンツ更新費用

WEBサイトの制作が完了後、運用しているビジネスがオフラインビジネスでない限り、サイトのアクセス数を伸ばすためにはコンテンツ作成が不可欠です。

コンテンツを作成する方法としては、マニュアルを作成し運営者本人がコンテンツを作成するという方法もありますが、業務の関係上サイトの運営は制作会社に任せたいと思う方も多いと思います。

その場合は、コンテンツを月に何個作成するといったプランや、一つあたりいくらといった具合でコンテンツを作成する形になると思います。

障害対応費用

障害対応費用とは、運営者がコンテンツを作成する際にプログラミングファイルを間違っていじってしまいサイトが動かなくなったり、操作を誤ってお客様情報を消去してしまったといった場合に、すぐにサイトを復旧してもらうための費用です。

つまり、何が問題が起きたときのためのサイト運営における保険のような役割をになうものです。

セキュリティ管理費用

セキュリティ管理費用とは、サイトのセキュリティを保持するための費用です。

サイトによってはお客様のクレジットカード情報や住所など、絶対に漏洩してはいけない個人情報を扱うサイトもあると思います。基本的には、追加でセキュリティのソフトを開発するなどの処置はないため、WEB制作が行われる段階でしっかりとしたウイルス対策がされるのが普通です。

しかし、定期的にセキュリティチェックツールを使用して、サイトのセキュリティレベルをチェックするなどの対処をしておくことで、よりセキュリティを強化することができます。

アクセス解析・レポート費用

アクセス解析・レポート費用とは、月ごとにサイトへのアクセス数がどのくらい来ているのか?、どういった部分を伸ばしていけば良いのか?といったレポートを作成し、サイトを分析してもらうための費用です。

それをもとに月に一回SEOコンサルティングをするといった費用も含まれている場合もあります。

SEO対策・集客コンサルティング費用

SEO対策・集客コンサルティング費用とは、WEBサイト・ホームページを制作した後にどのようにサイトへのアクセス数を増やしていくかという戦略を一緒に考えていくビジネスパートナー的立ち位置の役割を得るための費用です。

サイトを制作したところで、そこへのアクセスが一つも来なければ意味がありません。
費用としては、成果報酬といったコンサルティングプランもある場合もあるのでピンキリですが、会社としてのマネーフローが完成していない段階でコンサルティングを雇う必要はないと思います。
ただ、会社としての利益を伸ばすためにインターネットを活用したい、そういった場合は率先してWEBの知識がある専門家の意見を取り入れるべきだと思います。

ホームページ管理費用の相場

それでは、ホームページの管理費用の相場について紹介しようと思います。

管理内容 料金
ドメイン 1000~10000円/年
サーバー 5000~50000円/年
コンテンツ更新費用 7000~30000円/一回
障害対応 ~5000円/月
セキュリティ管理 ~5000円/月
サイト分析 5000~30000円/月
SEO対策 10000~50000円/月
合計相場 5000~100000円/月

5,000~20,000円:小規模サイトにおける管理費用

  • 最低限のサイト維持費用
  • コンテンツ制作は別途代金
  • 簡単なサイト修正

この価格帯がサイト管理費用の最低限の維持費用であり、多くの制作会社がこの価格帯での管理費用を設定しています。

管理費用が低いため、サイト修正やコンテンツの更新などにはその都度費用がかかるというのがこの価格帯の特徴であり、ほとんどWEBサイトの運用は自社で行う方向けの価格帯になります。

そのため、WEBサイトを自社で運用することでSEO評価の低下やWEBページのプログラミングファイルのバグといった問題が発生しないために注意する必要があります。

20,000~50,000円:中規模サイトにおける管理費用

  • 月次レポートの作成
  • 月に一度のSEOコンサル
  • サイト分析
この価格帯では、サイトの運営をする上で必要なサポートを行ってくれます。

本格的なSEO・WEB集客コンサルティングを受けるためには、もう少し費用がかかりますが、この価格帯のプランにコンテンツ更新などを依頼することでサイトのSEO対策としては、最低限の対策を行うことができます。

50,000~100,000円:大規模サイトにおける管理費用

  • WEB集客を強化
  • WEBサイトから成約につなげる

この価格帯からが、本格的なWEB集客を行うために必要な目安になります。

自社サイトにどれだけ先行投資できるかによって、サイトの成長速度は異なります。そのため、短期的に成果を上げるためにはそれだけ費用がかかるため、高額な費用がかかることを把握しておきましょう。

管理費用で気をつけるべき点

サイトの管理費用で気を付けたいことを解説していきます。

サイト管理費用で気をつけるべきポイント
  • 相場からかけ離れた高額な費用
  • 依頼した方がいいものを見極める
  • 長期的なサイト運営を考える

相場からかけ離れた高額な費用

ドメイン費用やサーバー費用など、どの制作会社に依頼したとしても費用が変わらないものに対して、必要ないのにも関わらずドメインパワーの強力な高額な中古ドメインを勧めてきたり、あからさまに必要ない性能のサーバー勧めてくるなど、

依頼する側にとって、最も良い選択肢を勧めずに相場からかけ離れた費用を見積もってきた場合は注意しましょう。

サイト運営に必要なサーバー費用、ドメイン費用などは一般化されている費用と言えます、相場より高額な場合は相見積もりをして他の制作会社と比較してみましょう。

依頼した方がいいものを見極める

次に外部に依頼した方がいいものを明確にします。

WEB集客を他の業者に任せることで、社内に新しくWEB担当を作る必要性をなくしたり、他の業務に注力する環境を作ることができます。
また、業者にWEB集客を依頼することによって、自社で対策するよりも断然効率よく対策を進めることができる場合が多いです。

どの業務を自社で管理することができ、どの業務を業者に任せた方がいいかをしっかりと見極めましょう。

会社の利益を伸ばすためには、どういった業務を専門業者に任せればいいのか?この部分を明確にすることが重要です。

長期的なサイト運営を考える

価格を優先して管理費用を削減してしまい、定期的なサイト更新が行われないとWEBサイトの検索順位はどんどん落ちていってしまいます。

  1. 制作費用:100万円 +管理費用:5000円
  2. 制作費用:50万円 +管理費用:50,000円
このような場合、①の方がよりデザインに優れたサイトを制作する可能性がありますが、②のプランを利用することによって定期的にSEOを意識したコンテンツ作成や広告運用といった、サイトの価値を高めるための対策を行うことができます。

そのため、短期的なサイトのクオリティーではなく、長期的にWEBサイトを利用して企業の利益を伸ばすといった、未来を見据えた選択をしましょう。

デザイン性を優先するより長期的にWEBページの更新が行われるWEBサイトを運営した方が、サイトとしての価値を高められる可能性があり、それがWEB集客を伸ばすことにつながります。

まとめ

今回は、サイトの管理費用について詳しく解説しました。

サイト管理費用とは、決して無駄な費用ではなく制作したサイトの価値を保ち、さらに利益を上げるために必要な費用です。制作した後にそれ以上の費用がかかるのかと思う方もいるかもしれませんが、WEB集客を強化することによってそれ以上の利益を生み出すことができます。

より良いサイト運営のために、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

土日休み.comの集客コンサルティング

 土日休み.comでは、集客のコンサルティグを行っています 

土日休み.comの特徴
  1. 集客代行
  2. web技術を理解したサイト運営
  3. 中長期的な流入の確保

ビジネスで最重要な集客の窓口をサイト作成から手伝います

webサイトを運営しても思うようにユーザーが増えない、ユーザーはある程度いるが成約までうまく持ち込めない。

そういったところを、web開発など技術的なことを理解した視点から手伝わせて頂きます。
詳しく知りたい方はぜひご連絡ください!。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月のビジネスフォンの維持費、
知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です