SEO対策をしているのに成果が出ない?成果が出ない時の対処法・改善方法【WEB集客】

こんにちは、土日休み.com運営部です。

「SEO対策をしているのに効果が出ない」
「他にすべきSEO対策はあるのか?」
「改善する方法はありますか?」

今回の記事では、こういった疑問を持っている方のために、SEO対策の成果が出ない時の対処方法を解説していきます。

この記事を見れば、SEO対策を行っているのに成果が出ない場合にどのような順序で対処していけば良いかを理解することができます。

内容
  • SEO対策をしても成果が出ない原因例
  • SEO評価が低い原因の見つけ方
  • SEO評価を上げるための絶対条件

などをできるだけわかりやすく、解説しようと思います!。

SEO対策をしても成果が出ない原因例

最初に、SEO対策をしているのに成果が出ていない場合の原因例について、紹介しようと思います。

どのようなことが原因でSEO対策がうまくいっていないのかを把握することで、気を付けるべきポイントをより深く理解することができます。

成果が出ていない原因例
  • コンテンツの質が悪い
  • ユーザーが求めている情報が書かれていない
  • 専門性が低い
  • 狙うキーワードのライバルが多い
  • ドメインの評価が低い

コンテンツの質が悪い

サイトにあるコンテンツの質を確認して見ましょう。

自分がユーザーになったと思ってそのサイトを見た時に、どのような感情を抱くでしょうか?このサイトを見れば悩みが解決すると安心するか?それともこのサイトでは、自分の悩みは解決されないと他のサイトを探しに行くか?

ユーザーはサイトに訪れて10秒以内にそのサイトが自分にとって有益なサイトか否かを判断します。そのため、最初の2~3行で相手にこのサイトは有益だということを気づかせる必要があります

コンテンツの前半で記載すべきことは、

  • 誰のためのコンテンツなのか?
  • どのような悩みを解決することができるのか?
コンテンツ内容をユーザーに把握してもらい、ニーズとマッチすることができればユーザーは最後までその記事を見てくれるはずです。そのため、まずはユーザーにこの記事がどのような問題を解決できるコンテンツかを伝えましょう。

コンテンツの質を上げる方法は、こちらの記事で解説しています。
▼Googleが重視しているE-A-Tとは

【SEO対策】Googleが重視しているE-A-Tとは?【記事の指標】

2020年1月11日

ユーザーが求めている情報が書かれていない

「コンテンツの質が悪い」ことにもつながりますが、検索ワードに対して適切な内容のコンテンツを作成できているでしょうか?

コンテンツを作成する際は、キーワードから訪れたユーザーの想定される問題を解決するためのコンテンツを作成しなければいけません。それなのに、全く的外れな内容になってはいないでしょうか?

ユーザーにあったコンテンツが作成されているかどうかは、ページごとの「滞在時間」を分析することで把握することができます。キーワードにあったコンテンツになっていればユーザーの平均滞在時間は低くないはずです。

コンテンツごとの滞在時間を知るには、Googleアナリティクスを活用しましょう。
▼Googleアナリティクスを活用したサイト分析

Googleアナリティクスの使い方【徹底解説】

2019年12月26日

狙うキーワードのライバルが多い

SEO対策がうまくいかない原因として、狙っているキーワードの競合率が高いことが原因の可能性があります。

競合率が高い場合、コンテンツ量が多い企業サイトに勝つためにはそれ相応の作業量と資金が必要です。そのため、真っ向から勝負するのではなくロングテールキーワードといった、情報を細分化したキーワードを狙うなどの戦略が必要です。

キーワードの競合率をまずは分析し、競合率が低いニッチなキーワードやこれからの需要を考えたコンテンツを作成していくことで他の強力なサイトとの差別化を狙うなどの方法もあります。
▼キーワードの競合率を調べる方法

【最新版】Google広告キーワードプランナーの使い方【SEO対策】

2020年1月17日

専門性が低い

情報の専門性が低いサイトへのSEO評価は高くなることはありません。そのため、SEOからの評価を上げるにはサイトの専門性がわかるようなサイトを作る必要があります

サイトの専門性をアピールする方法としては、

  • 関連コンテンツを増やす
  • 関連コンテンツを結びつける
サイト内で扱っているキーワードに関連するコンテンツをできる限り多く作成しましょう。また、SEOシステムのクローラーというものに専門性を認知してもらうために、関連しているコンテンツ同士に内部リンクを与え関連性があることをアピールしましょう。

ドメインの評価が低い

ドメインパワーが低い場合、SEO対策をしているとしても中々成果を出すことは難しいかもしれません。

ドメインパワーを上げるためには、

  • アクセスを増やす
  • 長期的に運営する
  • コンテンツを増やす
など、どれもある程度の期間が必要になってきます。そのため、ドメインパワーが低いうちは、工夫し続ける必要性があると考えて、長期的な戦略を立ててサイトを運営し続けましょう。

SEO評価が低い原因の見つけ方

上記のSEO対策をしても成果が出ていない原因例に、思い当たる節がある方もいたと思いますが、問題点は業者に任せない限り自分で見つけてもらうしかありません。

ここからは、ご自身でサイトの問題点を見つける方法を紹介しようとおもいます。

SEO評価が低い原因の見つけ方
  • ドメインパワーを計測
  • セッション数を計測
  • サイトの速度を計測

ドメインパワーを計測

運営しているサイトのドメインパワーを計測して見ましょう

一番簡単な方法は、パワーランクチェックツールと言われる、サイトのURLを入力するこでドメインパワーを測ることができるツールです。

数値の目安としては、

初級 0~9
中級 10~25
上級 25~50
トップ層 50~

半年で二桁に達していれば、SEO対策としての効果が十分発揮できていると思います。しかし、キーワードがニッチな場合は、その分アクティブユーザーも少ないため、ドメインパワーは評価の軸にならない場合もあります。

セッション数を計測

サイトのセッション数をGoogleサーチコンソールを活用して解析して見ましょう。

セッション数からの分析例としては、

セッション数からの分析
  • セッション数があるが成約までの効果が出ていない→ユーザーのアクセス経路の再確認
  • セッション数が少ない  →コンテンツを増やす必要がある、キーワードの再選定
こういった形でのサイトの分析方法は、Googleサーチコンソールの使い方という記事で解説しています。
▼サーチコンソールを活用したサイト分析

[決定版]Google Search Consoleの使い方[徹底解説]

2019年12月28日

サイトの速度を計測

サイトの表示速度、性能を「PageSpeed Insight」を活用して計測して見ましょう。

このツールもURLを貼ることでそのサイトの速度を計測することができます。パソコンで開いたブラウザでの速度とスマートフォン端末での速度を計測できますが基準としては、

パソコン 70以上
モバイル 40以上

これ以上の数値が出ない場合は、サイトの性能が低い可能性があります。専門の方に相談するか、サイトの性能を上げるための対策をしましょう。

SEO評価を上げるための絶対条件

SEO評価を上げるために必要な絶対条件を解説しようと思います。

もう一度この三点を常に考えながらサイトを運営して見ましょう。

SEO評価を上げるための絶対条件
  • ユーザーのことを常に意識する
  • キーワードを意識する
  • 短期的な視点では見ない

ユーザーのことを常に意識する

SEO評価を上げるためには、常にユーザーを意識したコンテンツ作成が絶対条件です。

サイトのコンテンツは誰に向けてのコンテンツなのか?全てアクセスしてくれるユーザーに向けてのコンテンツです。有益だと思うユーザーが増えればアクセス数を増やすことができ、SEOからの評価を上げることができます。

ユーザーのことを意識したコンテンツを制作するためには

  • 第三者にコンテンツをレビューしてもらう
  • 定期的にリライトする
などの方法があります。

このような方法を利用して、ユーザー視点からのコンテンツ評価を常に行うようにしましょう。

キーワードを意識する

コンテンツを作成する際は、常に「キーワード」を意識しましょう

検索キーワードに対して、的の得ないコンテンツ内容ではコンテンツを作成しても意味がありません。また、ユーザーの悩みを解決できないコンテンツでは価値がないと判断されるため、SEOの評価も上げることができません。

SEOの評価を上げる絶対条件は、「検索キーワード」に対して「適切な問題解決」ができるコンテンツであるか否かです。

短期的な視点では見ない

SEO対策を考える上で短期的な成果を期待してはいけません。

トレンドSEO以外のすでにニーズが一定の「キーワード」に対して上位表示を獲得するためには、すでにある多数のコンテンツと戦う必要性があります。

すでに上位表示されているコンテンツはクオリティーも高く、長く運営しているためドメインとしての信頼性もあります。そのようなサイトに勝つためには、圧倒的な質と圧倒的なコンテンツ量が必要です。

ブランドなどの力がない場合、SEO評価を上げるにはそれ相応のコストが必要だということです。そのため、最低でも3ヶ月ほどはSEO対策の成果を感じるのに時間がかかる可能性が高いです。長期的な視点を持ってサイトを運営するようにしましょう。

まとめ

今回は、SEO対策をしているのに成果が出ていない方に向けて解説をしていきました。

上記のことを全て意識してもSEO対策が上手くいくとは限りませんが、絶対に必要なことを解説していきました。もし、直接SEO対策について質問等あれば、どうぞお問い合わせください。

土日休み.comの集客コンサルティング

 土日休み.comでは、集客のコンサルティグを行っています 

土日休み.comの特徴
  1. 集客代行
  2. web技術を理解したサイト運営
  3. 中長期的な流入の確保

ビジネスで最重要な集客の窓口をサイト作成から手伝います

webサイトを運営しても思うようにユーザーが増えない、ユーザーはある程度いるが成約までうまく持ち込めない。

そういったところを、web開発など技術的なことを理解した視点から手伝わせて頂きます。
詳しく知りたい方はぜひご連絡ください!。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月のビジネスフォンの維持費、
知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です