レンタルサーバーの費用相場・選び方は?【WEB制作】

こんにちは、土日休み.com運営部です。

「サーバーの費用ってどのくらいなの?」
「法人と個人では、何か違うの?」
「サーバーにはどのような種類があるの?」

今回の記事では、こういった疑問を持っている方のために、WEBサイトを運営する際のサーバーに関する情報を徹底解説していきます。

この記事を見れば、どのようなサーバープランを選択すればいいか、相場はどのくらいなのかを理解することができます。

内容
  • サーバーの種類
  • 個人と法人向けのサーバーの違い
  • サーバーの相場と適切な価格・選び方

などをできるだけわかりやすく、解説しようと思います!。

サーバーの種類

サーバーの役割はサーバーにサイトのシステム情報を保管し、システムを作動させることでインターネット上にサイトを公開するために利用されます

そのため、企業のコーポレートサイトやホームページ、採用サイトなどあらゆるWEBサイトを運営する上で「サーバー費用」が必ず必要になります。

「サーバー」には、様々な種類があります。まずはそれを把握することから始めましょう。

サーバーの種類
  • 専用サーバー
  • 共用サーバー
  • クラウドサーバー

専用サーバー

専用サーバーとは、物理的にサーバーを一つ丸ごと購入もしくはレンタルし、一つのサーバーの機能を全て独占できる状態のものを言います。

簡単なイメージとしては、デスクトップ型パソコンのパソコン本体のCPUなどが内蔵されている部分を、サーバーとして常に稼働することでインターネット上にサイトを公開し続けることができます。

主なメリットとしては、管理者権限(root権限)を専用サーバーを利用すれば得ることができるため、サーバーの設定の管理を行うことができます

デメリットとしては、ローカルにサーバーを置いておくため、セキュリティ管理などを自社で行わなければいけないといった問題があります。

メリット ・他の利用者の影響を受けない
・サーバーの管理者権限を得れる
デメリット ・自社でセキュリティ管理をする必要がある
・運用コストが高い

共用サーバー

共用サーバーとは、複数のユーザーでサーバーをシェアする形の利用方法です。

多くの方がこの形態でサーバーを利用するため、レンタルサーバーと言われるものは、基本的にこの共用サーバーというサーバーの利用方法をします。

メリットとしては、多くの人がこの形態を利用するため使いやすいような設定がされていたり、他の利用方法と比べると低価格なことなどがあります。

デメリットとしては、一つのサーバーを複数のユーザーで間借りしているため、他のユーザーの運営しているサイトなどが急にアクセスが増加しサーバーに負荷がかかった場合に、サーバーに不具合が起こる可能性あること。
管理者権限がないため、サーバーの設定や性能を変更したい場合もスムーズに行えない可能性があります

メリット ・コストパフォーマンスがいい
・設定がスムーズ
デメリット ・サーバー設定を変更できない
・他の利用者の影響を受ける場合がある/strong>

クラウドサーバー

クラウドサーバーとは、仮想サーバーと言われる1台のサーバーを考え、それをレンタルするという方法です。

メリットは、必要な時に必要な分だけ、容量やCPU,メモリといったサーバーの性能を柔軟に変更できる点です。共用サーバーや専用サーバーとは違い、使用したメモリの分だけ金額を払うといったプランもクラウドサーバーを利用するとあります。

デメリットとしては、ネットワーク設定などのインターネットに関する専門的な知識が必要な設定を個々でやらなければいけない点や使用方法を謝ると使用料金が高額になってしまう危険性などがあることです

メリット ・性能変更がスムーズ
・拡張性と柔軟性を持っている
デメリット ・ネットワーク設定などは個人で設定
・専門知識が必要

▼それぞれのサーバーの詳しい解説

「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS」「パブリッククラウドサーバー」の計4種類のサーバーの違いや特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

2018年12月14日

個人と法人向けのサーバーの違い

レンタルサーバーのプランで個人向け・法人向けといったプランも見たことがある方もいると思います。基本的に法人プランの方が値段が高い傾向にありますが、なぜ高いのでしょうか?

そこで、この二つの違いについて主な違いを以下の特徴から解説していこうと思います。

比較する特徴
  • 安全性
  • サポート体制
  • 信頼性

安全性

法人プランの場合、個人プランの場合と比べるとより強力なセキュリティ対策が行われることが多いです。

個人プランの場合でも、ウイルスチェックなどの基本的なセキュリティ対策は行われていますが、法人プランの場合、IDS/IPSといった不正侵入検知システムを導入するなどのより強力なセキュリティ対策が行われることもあります。

また、サイトのデータを保守するための定期的な自動バックアップなどのサービスなどもあり、法人としてサイトを運営していく上での安全性を確保することができます。

サポート体制

法人プランでは、サーバーの設定などに関し徹底したサポートを受けられる場合があります

一つ一つの設定に関して電話対応をお願いすることができたり、ある程度サーバーの設定を代行してくれるサービスなどもあります。

また、サイトの性能の変更といったすぐにはできないことも法人プランではスムーズに行うことができるといった利点があることもあります。サイトを運営していく上で、サーバーを管理している企業からサポートを得られるのは、大きな利点です。

信頼性

法人プランでは、レンタルサーバー企業から法人同士の取り引きをしているという責任感を持ってもらうことができます。

サイトを企業として運営している場合、様々なデータをできる限り丁寧に扱って欲しいと多くの方が思うはずです、法人プランにすることでその信頼性を上げることができ、より安全性の高いサイト運営をすることができます。

サーバー選び方

ここからはレンタルサーバーのどういったところに着目して、選べばいいかを解説していこうと思います。

サーバーの選び方
  • 適切な価格のものを選ぶ
  • サイトの属性を考えたサーバーの種類を選ぶ
  • サイトの規模にあった性能を選ぶ

適切な価格

サーバーの適切な価格は、

初期費用 1500~5000円
月額費用 800~2500円

これ以上の金額の場合は、明らかに必要のないスペックや悪質な金額を要求されている可能性があります。他の企業と比較して相手型に問い合わせて見ましょう。

サイトの属性を考えたサーバーの種類

サイトの属性上、長期的に運営すればそれだけ性能が必要になるなどの特性がある場合があります。

長期的に見て容量を増やす必要があるなどの予測が立てられる場合は、レンタルするサーバーの拡張性があるかなどを確認してからレンタルするようにしましょう。スムーズにサイトの性能や容量を増やしたい場合は、クラウドサーバーを利用するのがいいかもしれません。

サイトの規模にあった性能

一番大切なことは、サイトの規模にあったサーバーを借りることです。

そのため、どのようなサイトにはどのようなスペックのサーバーを借りるべきなのか表にしましたので、参考にしてください。

コンテンツを沢山作る ディスク容量の大きいサーバー
安定したサーバーがいい 稼働しない場合の返金保障があるサーバー
様々なサイトを運営したい マルチドメイン機能があるサーバー
性能を後々スムーズに変更したい クラウドサーバー

まとめ

今回はサーバーについての最低知識について解説しました。

この記事を見てもらえれば、基本的にサーバーを選ぶ際に必要な情報は把握できたと思います。レンタルサーバーの利用を考えている方は、規模や状況に合わせたサーバーを選べるように、ぜひ参考にしてください。

その他、土日休み.comではサイトを運営をする上で気を付けるポイントをご紹介しています。興味のある方はぜひ下の関連記事もご覧ください。

土日休み.comの集客コンサルティング

 土日休み.comでは、集客のコンサルティグを行っています 

土日休み.comの特徴
  1. 集客代行
  2. web技術を理解したサイト運営
  3. 中長期的な流入の確保

ビジネスで最重要な集客の窓口をサイト作成から手伝います

webサイトを運営しても思うようにユーザーが増えない、ユーザーはある程度いるが成約までうまく持ち込めない。

そういったところを、web開発など技術的なことを理解した視点から手伝わせて頂きます。
詳しく知りたい方はぜひご連絡ください!。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月のビジネスフォンの維持費、
知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です