オウンドメディアとは?必要性・役割を解説します。【Web制作】

こんにちは、土日休み.com運営部です。

「オウンドメディアとは?」
「オウンドメディアの優れた点は?」
「オウンドメディアはなぜ必要なの?」

今回の記事では、こういった疑問を持っている方のために、オウンドメディアとはどういったものかを解説していきます。

この記事を見れば、オウンドメディアがどういった特徴を持ったサイトなのかを理解することができます。

内容
  • オウドメディアとは?
  • オウドメディアのメリット
  • オウドメディアを運用する上での注意点

などをできるだけわかりやすく、解説しようと思います!。

オウンドメディアとは

オウンドメディアの意味は、「Owned media」からなり、自分たちが所持しているメディアのことを意味しています。

この直訳と同じなのですが、要は今までは新聞社・テレビ局といった大きな企業媒体が主にメディアという役割をしていたものが、インターネットが発展しSNSやYoutube、WEBサイトを通じて独自で発信するものが増えていきました。

そういった独自メディアを、自社メディア・オウンドメディアというようになったということです。

なぜ必要なのか?

しかし、通常のサイト運営ではなくオウンドメディアというスタイルの必要性はなぜ強まってきたのでしょうか?

オウンドメディアが必要とされる背景をもとに必要性を解説していきます。

オウンドメディアの必要性
  1. SEOシステムの変化
  2. 「広告」に対する意識の変化
  3. コンテンツマーケティングの流行

①:SEOシステムの変化

一つ目はSEOシステムの変化によって、オウンドメディアの必要性が高まるようになりました。

SEOと言われるキーワードに対して適切な情報をユーザーに届けるためのシステムが改善されるにつれて、コンテンツが多いサイトを優先的に表示するようになったり、ブランド名と製品名だけでは上位表示が取れないようなアルゴリズムが増えてきました。

その結果、メディアとしてサイトを運営することに優位性が生じ、そこにビジネスチャンスが生まれたことがポイントです。

キーワードに対するベストなサイトが上位表示される仕組みになったため、コンテンツの質こそが最重要の評価基準になり、内容のないサイトは淘汰されるようになりました

②:「広告」に対する意識の変化

二つ目は、「広告」に対する効果の認識が変化したことが関係しています。

昔は、サービス・商品広告といえばいわゆるプッシュ型広告と言われる、不特定多数の人に向けての広告でしたが、動画の前に無理やりCMを挿入することやサイトを開いたらすぐに広告が表示されるなど、ユーザーのユーザビリティを下げることからそういった広告に対してのイメージが悪くなり、広告の効果の見直しがされるようになりました

今と比べて昔はユーザーに届く情報量が少なかったため、プッシュ型広告の効果が高かったのですが、情報が溢れた今の社会では情報をユーザーが取捨選択することが重要な時代になりました。そのため、ただ情報を与えるだけではなく、自然と良い印象を与えるような広告の重要性が増加しました。

③:コンテンツマーケティングの流行

三つ目に、コンテンツマーケティングと言われるWEBマーケティング手法の重要性が高まったためです。

上の二つの時代の変化から、商品・サービス名とそのイメージでユーザーを惹きつけるだけでは、成果が出にくい時代に変化していきました。そのため、コンテンツマーケティングと言われるユーザーの興味を持つような情報を与え、そこから商品・サービスの有用性を紹介するといったマーケティングの重要性が高まりました。

SNSなどの情報媒体とともにオウンドメディアという独自のメディアを運用し、さらに情報を届けるユーザーを増やす施策の必要性が増すことになりました。

オウンドメディアの優れた点

オウンドメディアの必要性が高まったのには、時代の変化もありますが運営することのメリットが多い点にあります。

ここからは、オウンドメディアの優れた点を解説していきます。

オウンドメディアの優れた点
  1. 資産の形成になる
  2. 拡散能力が高い
  3. 広告宣伝費用のカット

優れた点⓵:資産の形成になる

オウンドメディアを作成することは、インターネット上の資産を増やすことにつながります。

オウンドメディアを運用しアクセスを集めることができれば、一定の集客を安定して供給することができるようになります。また、メディアとして成長させることができれば、「この分野は、このサイト」っといったブランド価値を獲得することもできます。

つまり、オウンドメディアを運営することによって、企業の資産となるようなサイトを作成することができます。

優れた点⓶:広い範囲への情報発信

オウンドメディアを運営すれば、様々なユーザーに広い範囲で適切な情報を伝えることができます。

SEOによって検索キーワードに対して適切なコンテンツがユーザーに表示されるため、しっかりと検索キーワードにあうコンテンツを作成することができれば、多くのアクセスを集めることができます。つまり、SEOというシステムがあるかぎり、必要な情報が必要な人に届くようなシステムができているということです。

広告運用のように無差別に宣伝するのではなく、濃いユーザーに対してアプローチすることができるため効率よくユーザーを確保することができます。

優れた点⓷:広告・営業費用のカット

オウンドメディアを運営することによって、多額の広告・営業費用を削減することができます。

オウンドメディアは蓄積型の広告です。運営を続けることによって、人が働いていない時間も様々なユーザーとの関係性を築いてくれます。

そのため、営業に費やしていた時間をメディア運営に回すことで、長期的に分析すると普通では成し遂げられないような時間のインプレッションをユーザーから得ることができます。

オウンドメディアを運営する上で重要なこと

オウンドメディアを運営する上で、どういった点が重要かを把握しておきたいという方も多いですよね。

ここから、オウンドメディアを運営する上で重要なことをいくつか紹介しようと思います。

オウンドメディアで重要なこと
  1. 短期的な成果を期待しない
  2. 専門性の高い継続した運営
  3. 戦略を練った運営

重要なこと①:短期的な成果を期待しない

オウンドメディアを運営する上で、短期的な視点から成果を見るのはやめましょう!。

ほとんどのメディアが一定のアクセスを得るまでに、半年ほどの期間がかかっています。そのため、一ヶ月といった短期的な視点で成長率を見るのではなく、最低でも三ヶ月ほどは様子見が必要です。

三ヶ月ほどたってもアクセス数が一向に変わらない場合は、かなりまずい状態だと推測されるので、サイトの性能が著しく悪かったり、コンテンツの内容がユーザーの求めていないコンテンツの可能性があります。自社で運営している場合はマーケティング会社に相談するか、もう一度戦略を最初から練り直すことをおすすめします。

重要なこと②:専門性の高い継続した運営

オウンドメディアを運営する上では、専門性の高いコンテンツでありながら継続してコンテンツを作成することが重要です。

企業様ごとにコンテンツを作成する際に特異な分野というものがあるはずです。それについてスペシャリストならではの内容かつ、そのクオリティーのまま成果が出るまで継続的なコンテンツ作成をする必要があります

クオリティーを保ちながらコンテンツを継続的に作成することは簡単なことではありません。しかし、役割を割り振り運営する体制を整えることができれば、効率よくサイト運営をすることができます。

サイト運営に割く人材がいない場合は、追加で雇うより専門の企業に任せた方がコストパフォーマンスが高い可能性があります。オウドメディアを運営する際は、他の企業に運営を任せることも検討しましょう。

重要なこと③:戦略を練った運営

オウンドメディアを運営する上で、戦略を考えない運営は意味がありません。

闇雲にただ情報を発信をしても、そこにニーズがなければ価値のない情報を発信することになってしまいます。まずは、サイトを運営する目的を決め、それに合わせたユーザーがどういった特徴を持っているのかを徹底的に分析し、そのユーザーが「目的を達成するためのコンテンツ」「興味を持ってもらうためのコンテンツ」といった二つの観点から、コンテンツを作成していくなど様々なサイト戦略があります。

オウンドメディアはただのブログではなく、企業のビジネスに結びつけることが多くの目的です。事業として行う以上成果が求められます。確実に成果を出すためには、戦略的な運営が必要不可欠だということを忘れないようにしましょう。

まとめ

今回は、オウンドメディアとはどういうものなのか?について解説しました。

オウンドメディアは、この情報が溢れた社会でより多くのユーザーに情報を届けるために有効的なマーケティング手法です。一度集客の流れを手に入れることができれば、その流れを大きくしたり分岐させたり少し工夫をするだけで大きな利益を生み出すことができます。

すべてのビジネスに応用が効くと思いますので、まだオウドメディアを制作していない企業様はぜひ制作を検討することをおすすめします。

その他、土日休み.comではサイトを制作・運営をする上で気を付けるポイントをご紹介しています。興味のある方はぜひ下の関連記事もご覧ください。

土日休み.comのHP制作


土日休み.comのHP制作サービスでは、集客を意識したサイト制作・運営を徹底します。


「会社のサイトを制作したけど、アクセスが全く集まらない・・」
「制作した費用を全く取り返せていない・・」
サイトを運営している方でこんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

 

土日休み.comでは、こういった企業様の悩みを解決するために、利益を生み出すサイトを制作することを徹底します。

サイトを制作することが重要なのではなく、そのサイトから本当に人を集めることができるのか?成果を生み出さないサイトでは、制作した意味がありません。

 

利益を生み出すまで、サイト運営を徹底的にサポートさせていただきます。

ほとんどの制作会社が何のためにHPを制作するのかを意識したサイト制作をできていません。私たちは徹底的に成果にこだわります。

 

サービスの詳細や無料お申込みは下の記事にまとめているので、現在ホームページ運営でお困りの方はご活用ください。

集客特化のホームページ制作サービス!集客サポートも全てコミコミで月額17,800円~

2020.01.21

土日休み.comの集客代行

 土日休み.comでは、集客のコンサルティグを行っています 

土日休み.comの特徴
  1. 集客代行
  2. web技術を理解したサイト運営
  3. 中長期的な流入の確保

ビジネスで最重要な集客の窓口をサイト作成から手伝います

webサイトを運営しても思うようにユーザーが増えない。
ユーザーはある程度いるが成約までうまく持ち込めない。

そういったところを、web開発など技術的なことを理解した視点から手伝わせて頂きます。

詳しく知りたい方はぜひご連絡ください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月のビジネスフォンの維持費、
知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です