MEO対策とは?MEO対策の基本的な実践方法を解説【SEO対策】

こんにちは、土日休み.com運営部です。

今回は、SEO対策などのサイト最適化に興味をもち、
「MEO対策とは?」、「MEO対策のやり方は?」、「MEO対策の優れた点は?」
といった疑問を持った方のために、MEO対策を導入するために必要な知識を解説していこうと思います。

内容
  • MEOとは?
  • MEO対策の必要性
  • MEO対策のロードマップ

などをできるだけわかりやすく、解説します。

MEOとは?

MEOとは、Map Engine Optimization の略称のことを指します

MEOというシステム自体は、Googleマップの最適化と考えられるのが一般的です。つまり、MEOの目的はGoogleマップを用いて適切なお店に関する情報をユーザーに届けることです。

MEO対策は地域に関する対策であるため、海外では「ローカルSEO」と呼ばれるのが主流です。要は、Googleマップに表示される情報をGoogle側にとって最適なものにすることによって、自分たちのお店の表示回数をあげることが目的です。

SEO対策との違い

SEO対策は知っていてもMEO対策は知らなかったという方も多いのではないでしょうか?また、そういった人の中には、SEO対策との違いを知りたいという方もいると思います。

しかし、SEO対策とMEO対策の大きな目的の違いというものはありません
海外では、「ローカルSEO」と呼ばれていると述べたように、厳密にいうとSEO対策の中の一つの施策としてMEO対策があると言えるからです。

どちらもGoogleへの情報を最適化し、アクセス数や検索順位を上げるための対策です。

MEO対策の必要性が増した背景

MEO対策の必要性が増してきた理由は、Googleがワンステップで検索結果をユーザーに伝えようとする流れが強まったためです。

つまり、検索ワードからユーザーに適切な情報を届ける際に様々なサイトから選んで情報を届けるのではなく、検索したらすぐに検索結果が表示されるよな仕組みにしたいというわけです。

その流れから「ローカル検索」というものの需要が高まりました。試しに「ラーメン屋」と検索して見てください。

他の検索キーワードで行われるサイトページ一覧だけではなく、近くのラーメン屋の地図情報とお店の名前が一番上に表示されるはずです。つまり、昔はグルナビなどのサイトへ移動することでお店の情報を入手できたのを、Google側が情報をまとめ瞬時に必要な情報を届けるようにしたということです。

表示される情報

  • 店舗の位置
  • 名前
  • 住所
  • 他のリンク
  • 営業時間
  • クチコミ

ローカル検索とは

ローカル検索とは、位置情報を利用した関連情報を最適解としたものを検索結果上位に表示させる仕組みのことです。

つまり、ユーザーにとってGoogleマップを用いて説明された方が便利だと判断された検索に対して、最適解を出すためのGoogleが考えたシステムということです。

ローカル検索の順位を決める要素としては、

  • ユーザーの位置情報
  • ユーザーの検索履歴
  • 店舗評価

といったものがあります。

そのため、これらの評価項目を強化することがアクセス数をアップするための要素になります。

MEO対策が特に必要な分野・サイト

実店舗を持ち企業サイトへのアクセス数をあげたいと思っている方で、MEO対策していない方は絶対にすぐに取り組んだ方がいいでしょう。
具体的に以下のようなサイトを運営している場合は、MEO対策が特に有効だと考えられます。

  • 業種名と都道府県・地域名で検索を狙うサイト
  • 地元の顧客をターゲットにしているサイト
  • SEO対策がうまくいっていないサイト
  • 広告費用がないサイト

MEO対策から期待される効果

そんなMEO対策からは以下のような、メリットを期待することができます。

メリット
  1. 広告よりも優れた費用対効果
  2. 集客力のアップ
  3. 安定した集客の確保

広告よりも費用対効果がある

MEO対策を行えば、広告よりも効果的にお客さんに認知させることができます。

「ローカル検索」を強くするということは、その検索ユーザーはお店の場所と業種からどのようなものがあるかを探しているということです。

つまり、広告のように無差別なユーザーに向けて発信しているわけではなく、興味のあるユーザーに向けて情報を届けることができるため、より効率よく、より強力な宣伝効果が見込めます。
MEO対策を行えば、広告よりも効率よくローカルユーザーを確保することができます。

集客力をアップできる

MEO対策をすることで、検索で表示される回数が増えることで集客力をアップさせることができます。

地域名+業種といった検索から多くのアクセスを得ることができれば、目的のマッチしたユーザーへ認知してもらうことができます。

また、ローカル検索を行った50パーセントのユーザーが1日以内にその店に訪れるといったデータもあります。そのため、MEO対策を行わないとそれらの潜在顧客を逃すことになってしまいます。

安定した集客の流れ

MEO対策をすることでSEO対策を強化できれば、安定した集客が見込めます。

ローカル検索で表示される店舗とそうでない店舗では、どのような違いがあるでしょうか?MEO対策を行いローカル検索で表示される店舗の方が必然的にユーザーへの認知率が上がり、興味を持ってくれる方が増えると思います。

そこからSEO評価を上げることができればサイトの検索順位も上げることに繋がり、さらにユーザーに認知してもらう機会を増やすことができます。

MEO対策のロードマップ

ここからは、すぐに実践できるMEO対策のやり方を解説していこうと思います。

MEO対策のロードマップ
  1. Googleマイビジネスの最適化
  2. WEBサイトの更新
  3. ローカル情報との関連性を強化

Googleマイビジネスに登録

まずは、Googleマイビジネスに登録し、実店舗の名前や住所などの必要な情報を記載します。

Googleマイビジネスとは、Google検索とマップでの店舗の表示情報などを管理できる無料のツールです。

検索結果に表示される、会社名、場所、営業時間の追加。顧客レビューの監視と返信、写真の追加。ユーザーがその会社や店舗をどこでどのように検索しているかなどを調べることができます。

誰でも無料で登録することができるため、実店舗を持っている方は絶対に登録しましょう。

Webサイトの更新

Webサイトのコンテンツを最適化することで、Googleにサイト情報を正しく認知してもらうことができます。

Webサイトの更新
  • 内部リンクの強化
  • ローカルコンテンツの作成
  • サイト内にGoogleマップを追加

内部リンクの強化

まずは、サイトの内部リンクを強化します。

内部リンクとは、サイトページに対して同じサイトの他のリンクのことを指します。

内部リンクを強化するためには、大量のコンテンツを作成したり、コンテンツの階層を間違ったものにしないことです。ユーザーにとって自然なリンク構成にしましょう。

ローカルコンテンツの作成

ローカルエリアと関係性が高いコンテンツを作成するようにしましょう。

イベントへの出店や市との関係性などが深いことを表すコンテンツを作成することで、ローカルエリアに強いサイトを作成することができます。

サイト内にGoogleマップを追加

サイト内にGoogleマップで、店舗情報を記載するようにしましょう。

こちらも、Google側に位置情報の信憑性を上げるための対策です。Googleマイビジネスに記載した情報と一貫性が保たれない場合は、ペナルティを受ける場合もあるので気をつけましょう。

ローカル情報との関連性を強化

ローカル情報との関連性を強化する目的は、Googleに関連性を把握してもらいローカルキーワードからのアクセス数を上げるためです。

内容
  • ローカルキーワードを記載する
  • 被リンクの獲得
  • SNSの投稿

ローカルキーワードを記載する

画像ではなく、HTMLにローカルキーワードを含むことによって、クローラーにサイト内の情報とローカルキーワードとの関係性を認知させることができます。

被リンクの獲得

地域の様々な場所から被リンクを得るようにしましょう。

正当な会社であることをより明確にするためには、商工会議所、ビジネス改善地区、業界団体、ベンダー、及び地域の関連会社とのパートナーシップがあることをアピールしましょう。

SNSの投稿

サイトコンテンツを完璧なものにしたら、ソーシャルメディアを共有しサイトとの関連性を増やしていきます。

近年Googleは、特にSNSて共有されるコンテンツを今まで以上に重要視するようになりました。そのため、サイトを運営しているほとんどの企業がSNSの運用をすることの重要性が増えていきました。

まとめ

今回は、MEO対策について解説しました。

MEO対策は、実店舗を持っている方は絶対に取り組むべきた対策です。SEO対策とともに対策を行うことでインターネットからの集客を格段に強化することができます。

すぐに取り組める対策もあると思いますので、ぜひ実践して見てください。

その他、土日休み.comではサイトを運営をする上で気を付けるポイントをご紹介しています。興味のある方はぜひ下の関連記事もご覧ください。

関連記事はこちら!

▼SEO対策とは?SEO対策について知ろう!

SEO対策とは?初めてSEO対策をする方へ【WEB初心者必見】

2019年12月22日

▼Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスの使い方【徹底解説】

2019年12月26日

▼ホームページ制作の相場・内訳は?選ぶ際のポイントとは?

ホームページ制作の費用相場・費用内訳は?依頼する際に必要な知識まとめ【徹底解説】

2020年1月27日

土日休み.comの集客コンサルティング

 土日休み.comでは、集客のコンサルティグを行っています 

土日休み.comの特徴
  1. 集客代行
  2. web技術を理解したサイト運営
  3. 中長期的な流入の確保

ビジネスで最重要な集客の窓口をサイト作成から手伝います

webサイトを運営しても思うようにユーザーが増えない、ユーザーはある程度いるが成約までうまく持ち込めない。

そういったところを、web開発など技術的なことを理解した視点から手伝わせて頂きます。
詳しく知りたい方はぜひご連絡ください!。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月のビジネスフォンの維持費、
知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です