ビジネスフォンの人気ランキング(新品・中古・価格・大量購入)トップ3を調査!一番のおすすめは?

現在の企業のビジネスフォン導入率は95%と言われています。それだけ会社運営においては、電話は必需品ですし「会社の信用」として利用されることも多いですね。

ビジネスフォンの料金は、設備投資ですし固定費ですので「できるだけ安く抑えたい」というのが本音でしょう。ですが、コストを抑えすぎて社員から「とても使いにくい!」と言われるの嫌ですよね。

社員からクレームが出るくらいならまだいいですが、実際に業務に支障をきたすことだってあります。また、新入社員への研修に手間取ったりなど、地味地味とダメージがあるのがビジネスフォンの特徴です。

今回の記事では、それぞれの視点から人気ランキングのトップ3に絞り紹介していきます。ビジネスフォン導入の参考になれば幸いです。

ビジネスフォンやPBX製品の平均価格を知っておくべき

まず、基本的にビジネスフォンやPBX製品には「平均価格」というものが存在します。商品なので当たり前ですよね。

ですが、法人向け製品特有の「代理店」が非常に多くある関係で、同じ製品でも価格差があったり、大量購入すると安くなったりなど、意外と平均価格の相場観を掴むのは難しいです。

よくある話として、いわれるがままにオススメされて利用をはじめたビジネスフォンが、実は「払い過ぎだった!」なんてこともあります。

全く知識がない場合は、こちらの記事に軽く目を通して相場観を掴んでおくことをお勧めします。すると「何が高いのか」「何が安いのか」がより分かってくるかと思います。

ほとんどの会社は払い過ぎ!?ビジネスフォン・PBX(電話交換機)の平均価格を調査!

2018年5月25日

人気のビジネスフォンの評価ポイント・選び方

では、実際にビジネスフォンを選んでいくのですが、ビジネスフォンを選ぶ際には、どのポイントに注意すればいいのでしょうか?

どのビジネスフォンを調べても、基本的には「メリット」しか書いていないですよね。どれもメリットだけを見ると、素晴らしい製品のようにも見えてしまいます。

ただ、逆に「使えない機能」「利用できない機能」については書いてないので、調べるのが難しいのです。

ビジネスフォンの評価のポイントは企業の環境や業種によって違いますが、ここではどの業種でも共通して評価されているポイントを紹介していきます。

  1. 利用台数
  2. 同時通話数
  3. 価格
  4. 留守番電話機能
  5. 迷惑電話ブロック機能

1.利用台数

利用台数に関しては、大手を選んでいればあまり問題ないかと思います。

ただ、代理店を挟んでいたり、仲介業者と契約する場合は「大量に利用する」場合に対応できない場合や、複数の会社と手続きをしないといけない可能性もあります。

利用台数を先に決めておき、選び方のポイントにしておくといいでしょう。

2.同時通話数

同時通話数は、その文字の通り「同時に通話できる数」です。チャンネル数とも表現されます。

実際、同時に外線で電話できる数はこの同時通話数に限られているので、ビジネスフォンが何台あろうと関係ありません。

3.価格

価格に関してですが、ビジネスフォンの導入を考える場合は法人がほとんどだと思いますので、まずは「予算」を決めておきましょう。

それぞれのビジネスフォン製品について調べているとあまりにも時間が取られてしまいます。さらに、ビジネスフォンの詳細ページは大体意味が分かりにくかったり、理解しにくくなっていますので、しっかり調べるだけでも一苦労です。

なので、予算を決めておくことで先にある程度絞り込み、その中で機能を調べていく方が良いです。

4.留守番電話機能

カスタマーサポートが24時間営業している法人は少ないですよね。なので、「営業時間」以外の電話は基本出れないはずです。

業務内容によっては、これが致命的なこともあるでしょう。大事な取引先からの連絡を受け取れなかったり、メッセージを行き違いさせてしまうなどということが無いように、留守番電話機能を重要視する会社も多いです。

5.迷惑電話ブロック

ボタン一つで迷惑電話をブロックできる機能が評価や導入には不可欠です。迷惑電話はストーカー関連や金融関連、多くのテレアポ営業などです。

入電の多い企業では非常に迷惑しているようですが、ブロックしたい相手からの入電の際、ボタン一つで着信拒否できる機能が評価されています。

人気のビジネスフォンメーカーランキング

ビジネスフォンをマーケットに出しているメーカーは、6社+その他に分けられます。シェア率は3社で90%超えています。

第一位 NTT

NTTはなんと50%のシェアを獲得しています。一人勝ち状態のNTTですが、人気機種は「αA-1」中〜大企業向けの多機能ビジネスフォンです。

最大1152台までの設置という、同時設置可能数に関しては他社を圧倒しています。

ビジネスフォン(ビジネスホン)|NTT西日本|オフィス光公式 中堅・中小企業のお客さま

第二位 NEC

約シェア20%のNECの人気機種は「Aspire X DT300」。

高速アクセスルータ搭載ビジネスフォンです。一般的なオフィスからコールセンターなど幅広い業態で活躍するビジネスフォンです。

製品 | NECプラットフォームズ

第三位 SAXA

シェア20%のSAXAの人気機種は「PLATIAII」。標準搭載した人感センサーによるセーフティ機能は注目です。

ビジネスホン<製品・システム情報>|サクサグループ

新品のビジネスフォンの人気ランキング

ここからは、ビジネスフォン機種別人気ランキングを紹介します。市場には新品と中古の市場がありますが、ここでは新品の市場におけるランキングを紹介します。

第一位 PLATIA Standard(SAXA)

魅力的な価格帯と最新技術が集約されたビジネスフォンで、機能・汎用性も含め高く人気の機種です。

※上記商品はいまだ人気がありますが、新規の販売は停止されております。以下が後継モデルとなります。

第二位 integral-F(日立)

2013年グッドデザイン賞受賞!収容回線数が最大168回線まで拡張されました。防水仕様コードレス電話機など、ラインナップも拡充されました。

第三位 NYC-if(ナカヨ)

初の丸ボタン採用、業界初の防水コードレス端末など初物づくし。

台数オーダー別人気のビジネスフォンランキング

台数オーダーに関しましては、メーカーではなく代理店が行なっています。機種や台数によって価格差が出てしまいます。また導入業者によっても価格差が出ることが予想できます。

人気のビジネスフォンランキングまとめ

いかがでしたか?様々なランキングを紹介してきました。設置台数と人気は決して比例していないことがわかりました。やはり導入にかかる費用が大きな決め手になっているようです。

ビジネスフォンを導入しようか検討されている方の中には、「IP-PBX」の方が料金が安く、使いやすい機能が揃っている可能性もあります。

合わせて比較をすると良いかと思います。

【2019年人気PBX比較】ビジネスフォンおすすめランキング!IP-PBX・クラウドPBXサービスの違いを徹底比較!

2018年12月10日

ビジネスフォンの入れ替え・料金の見直しの際に比較すべきポイント

2018年11月7日

 


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。