NTTひかり電話プランの選び方!メリット・デメリットや価格を徹底解説!

近年は光回線が主流となり、法人の電話回線においても一番使われているのがNTTのひかり電話となっています。

法人用となるとオフィスの規模や使用する機能によってプランが変わってきますが、

「ひかり電話のプランについての知識がない」
「プランの内容が分かりづらい」
「適切なプランがわからない」

といった声が数多く見受けられます。

今回はそんなNTTのひかり電話について解説します。
あなたのオフィスにピッタリなプランを見つけ、業務効率化やコスト削減を実現しましょう。

そもそもNTTのひかり電話とは?

ひかり電話自体は、NTTが提供する商品名です。

従来のアナログ回線やISDN回線と違って光ファイバーを使用しており、インターネット(IP網)を経由して情報をやりとりします。

最新の回線なので、従来の回線よりもより優れている点が多数あります。

NTTひかり電話のメリット

ここからはひかり電話のメリットを見ていきます。

1.従来の回線と比べて料金が安い

ひかり電話の一番のメリットは何と言っても値段の安さにあります。
月額基本料、通話料金ともに従来の回線よりも大幅にコストを抑えることができます。

実際にどのくらい安くなるのか比較します。

事業用アナログ回線 事業用ISDN回線 ひかり回線オフィスタイプ
月額基本料 2500円 3500円 1500円
通話料金 固定電話
20円/1分〜
携帯電話
20円/1分〜
固定電話
市内8.4円/3分
市外30円/3分
携帯電話
16円/1分〜
固定電話
全国一律8円/3分
携帯電話
16円/1分

 

月額基本料は半額程度、通話料は使う人ほどお得になることがわかります。

2.通話の音質が良い

光回線は他の回線と比べてスピードが速く質の高い通信が可能です。
そのため、アナログ回線よりもより安定的で、クリアな音質で通話することができます。

3.オプションも安い

オフィスで使用する場合には家庭用電話と違い様々な機能をつける必要があると思います。

小規模のオフィスでは、オフィス用でない通常のひかり電話回線にオプションをつけることによって、従来よりもコストを抑えることが可能となります。

例えば、よく使用される機能である

  • ナンバーディスプレイ
  • ナンバーリクエスト
  • ボイスワープ
  • キャッチホン
  • ダブルチャネル

これらのうち3つを契約するとその3つで月額800円となります。
4つ以上契約する場合でも値段の高い3つが800円となるためお得です。

この他のサービスも他の回線と比較すると費用がかなり安いです。

NTTひかり電話のデメリット

ここからはひかり電話のデメリットを見ていきます。

1.インターネットもひかりに乗り換える必要がある

ひかり電話はインターネット接続サービス「フレッツ光」と合わせて使用することが前提条件です。

現在、他のネット回線を利用している方は乗り換える必要があります。

2.停電時に使用できない

アナログ回線の場合は停電時も使用できますが、ひかり電話は使用できません。

ただし、モバイルバッテリーを用意するなど、対策は可能です。

3.かけられない番号がいくつかある

伝言ダイヤル等の電話サービスにはつながりません。

特殊な電話番号ばかりなので、そこまで気にする必要はないです。

NTTひかり電話はどのプランにすればいい?徹底比較!

ひかり電話をオフィスに導入する場合、選択肢がいくつかあります。

オフィスの規模や使用度によってオススメのプランは変わるので、どのプランが適しているか検討してください。

ひかり電話

一般用を想定した通常のプランです。

基本料金は破格の500円、前述した通りオプションも割安というメリットがあります。

最大接続数(同時に電話がつながる本数)は2件まで、電話番号は最大5つまで利用できます。
※オプションをつける必要あり

こんな方にオススメです
  • オフィスが極めて小規模
  • 家庭用電話でも十分足りる
  • 必要なオプションが少ない
  • 長時間使わない

ひかり電話エース

ひかり電話エースは、通常のひかり電話に下記のオプションと3時間の通話時間がセットになってお得になるプランとなります。

  • ナンバーディスプレイ(3つで800円)
  • キャッチフォン(3つで800円)
  • ボイスワープ(3つで800円)
  • ナンバーリクエスト(200円)
  • 迷惑電話おことわりサービス(200円)
  • 着信お知らせサービス(100円)

月額基本料はこれらを含めて1500円となっています。

こんな方にオススメです
  • オフィスが小規模
  • 上記のオプションを導入予定である

ひかり電話オフィスタイプ

その名の通り、オフィスで使用する用のひかり電話プランです。

利点は最大接続数(同時に電話がつながる本数)が8本、電話番号が32個までと一般用のひかり電話より大幅に多い点です。

3本までは無料で同時接続が可能であり、これを増やすオプションが安いので、同時接続数が8本までの場合はこちらの方がお得になる可能性があります。

月額基本料金は1300円でオプションを別途つける形です。
オフィスタイプのオプションは、通常のひかり電話のオプションと料金が異なるので注意が必要です。

こんな方にオススメです
  • オフィスが中〜小規模
  • 3〜8本程度で同時に電話を使うことが多い
  • オプションはあまり必要ない

ひかり電話オフィスエース

オフィスタイプと比べて基本料が安く、これらの機能がはじめからついています。

  • ナンバーディスプレイ
  • ナンバーリクエスト
  • ボイスワープ機能
  • 迷惑電話おことわり機能

また、オプションにより代表やダイヤルインの機能も利用することが可能です。
さらに最大接続数(同時に電話がつながる本数)は300本まで、電話番号は7000まで取得できます。

最大接続数を増やすオプションは通常のオフィスタイプよりは割高なので注意してください。

こんな方にオススメです
  • オフィスが大〜中規模
  • 上記のオプションが必要
  • 代表・ダイヤルイン機能が使いたい
  • これから事業・従業員数を拡大していく

まとめ

今回はNTTひかり電話の料金やプランを比較・解説しました。
規模や用途にあったプランを契約することでコスト削減につながれば幸いです。

ひかり電話は価格面でのメリットが大きいものの、インターネットを同時に契約しなくてはならないというデメリットがあります。

「ビジネスフォンを乗り換えたいけどインターネット環境は変えたくない」
という方は、土日休み.comイチオシのPBXをチェックしてみてください。

ひかり電話と同じくコスパ重視でありながら、機能面でかなり優れているためオススメです。

MOTのPBXはコスパが最高?電話機はもういらない?実際の利用者の声や事例、無料出張デモンストレーションを紹介!

2018.12.11

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。