2019年MOT IP-PBX製品『MOT/Phone』の特徴とは?評判・レビュー・メリット・デメリットを紹介

この記事はMOT IP-PBX製品『MOT/Phone』についてのレビュー記事です。実際にこのIP-PBX製品を導入する際のメリット・デメリットをご紹介していきます。

最新MOT IP-PBX製品『MOT/Phone』の特徴とは?

『MOT/Phone』の一番の特徴は、IP-PBXを10年以上サービスを続けてきているため、不具合が起きた時などにすぐに復旧・修復できるという点です。

実際にビジネスフォンやIP-PBXを導入する一般的な会社は、維持費や導入費用しかみていない傾向にあります。しかし、現代のコミュニケーションツールの代名詞とも言える電話機において最も損害が出やすいのは、導入後の不具合や故障です。

特に初期費や維持費が安く設定している電話会社は、当たり前ですが修理などのサポート面での費用が高くなる傾向にあります。また、電話の不具合は予期できないので突然の出費になりやすく経営者を悩ますことになります。

不具合や故障を修理費用がかさむだけでなく、顧客を多く抱えている会社によっては電話機が復旧するまで損害が出続ることになるのです。

結論、維持費や初期費用も重要ですが、電話機で最も重要視すべきことは、不具合が起きた時にどれだけ早く復旧できるのかということです。

このMOT Phoneは、利用料が安いことや機能性が高いことでも有名ですが、法人電話機業界の中でも不具合への対策や対処が早いということでも有名なサービスです

また、MOTは顧客サービスだけでなく、お客様にサービス内容を実感していただいた上でサービスを利用してもらう出張デモンストレーションサービスを無料で実施しており、ビジネスフォン業界の情報が少ない中で唯一、料金面や機能面などのサポートが非常に充実している会社です。

土日休み.comでも、実際に無料出張デモンストレーションを受けてみましたが、非常に丁寧でおすすめできるサービス内容でした。

出張デモンストレーションに興味がある方は、下のボタンから詳細をご覧いただけます。

MOT/Phoneの主な特徴
  • 不具合にすぐに対処できるだけのデータが蓄積されている。
  • 固定電話が不要のため維持費や初期費が安い
  • 外出中の社員や会社間の電話転送料は無料。
  • 在宅勤務が可能になる。

経費・コスト面

経費コスト面に関しては、かなり優秀な機能やサービスが充実しています。実際に、他社の製品と比べてもコスト削減という観点で見たとしても、トップクラスです。

固定電話を導入する必要がなく、そもそもの導入費がかなり削減できます。また、IP-PBX製品全般の特徴として、導入費と維持費が高めに設定されている中、MOTはIP-PBX製品の中でも最もコスパに優れた製品です。

経費・コスト面まとめ
  • スマホがビジネスフォンになるため固定電話を不要。
  • クラウド上で処理するため維持費が安い。
  • 初期費用が安い。
  • IP-PBX業界の中でもコスパが最も高いということで有名

機能面

機能面では、一般的な多機能電話機とほぼ変わりありません。

また、スマートフォンにアプリをインストールするだけでビジネスフォンとして利用できるためマニュアルを必要としません。

さらに、従来のIP-PBXだと一回購入した製品の性能や機能面が変わることはまずありません。しかし、MOTのクライドPBXは定期的にアップデートを繰り返しているため常に新しい機能を使用することができます。

機能面まとめ
  • ビジネスチャット
  • スマホが内線として機能する。
  • 常に最新の機能がアップデートされ続ける。

オプション機能

マルチオプションは、様々なOSに対応できる『マルチOSサーバー』や、名刺を一括管理できる『名刺管理アプリ』をはじめとした自社に必要な機能だけを利用することができます。

オプション機能まとめ
  • マルチOSサーバー
  • 名刺管理アプリ
  • 顧客管理システム
  • iPad受付システム
  • 拠点間接続用SIPサーバー
  • POSアプリ
  • 電話営業支援アプリ

MOT IP-PBX製品『MOT/Phone』のメリット・デメリット・評判

ここからは、MOT Phoneを導入するメリット・デメリットを徹底的に評価していきます。

MOT IP-PBX製品『MOT/Phone』の良い評判・メリット

MOTの一番売りは、このPBX業界の中で最も長くPBX事業を営んでいるため、不具合に迅速に的確な対応をしてくれる点です。不具合が起きないようにするためのデータや実際に不具合が起こってしまった時にどのように対処すべきなのかがわかっています。

また、他社との製品を比べてもおいしいのが、アップデートされ続けるため、常に最新の機能を利用できます。

メリット
  1. PBX業界中でも老舗のため、不具合が起きにくい。
  2. アップデートされていくため、常に最新の機能・性能が使える。
  3. 不具合への対応が早い。
  4. 海外出張や転送機能を頻繁に使う会社にはおすすめ!

MOT IP-PBX製品『MOT/Phone』の悪い評判・デメリット

MOTの製品を実際に導入している会社などに実際に聞いた口コミを調べたところ、これと言った悪い評判は出てきませんでした。敢えて上げるとしたら、固定電話をなくしたい会社に向けたサービスなので「固定電話をメインで利用していきたい!」という場合には他社の製品でも良いかもしれません。ただ、今の現代で固定電話をメインで利用していくことはコスパが悪いのでおすすめはしません。

デメリット
  1. 固定電話機を撤去したくない場合

まとめ

ここまでMOT Phoneをまとめてきましたが、2019年現在「数あるビジネスフォン・PBX製品の中でどれか1つ選べ!」と言われたら、間違いなくMOT/Phoneを選びます。

非常に機能のレベルが高くにもかかわらず、費用の安さも業界の中でも5本の指に入ります。コスト面・機能面ともに優秀と言わざる負えません。MOT製品は、ビジネスフォン業界の中で頭一つ飛びぬけているイメージです。

さらに、具体的な料金や機能などMOT/Phoneについて詳しく知りたい方は下の記事にまとめてあるので参考にしてください。

まとめ
  1. 不具合に強い!
  2. 導入費や維持費が安い。
  3. 最新の機能がアップデートされ続ける。
  4. 国際電話や転送機能を頻繁に使う会社は大幅なコスト削減に繋がる!

MOTのPBXはコスパが最高?電話機はもういらない?実際の利用者の声や事例、無料出張デモンストレーションを紹介!

2018.12.11

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。