すべてコミコミで1,980円~利用可能な管理人イチ押しの法人スマホはこちら!

au 法人スマホサービスのメリット・デメリットとは?法人契約の実態・評判をまとめてみた

こんにちは、土日休み.com運営部です。

現在、携帯電話通信キャリア大手三社の一角を担うauは、誰もが知る日本国内屈指の通信キャリアです。

今回、一般の人には馴染みが薄い、法人向けのスマホレンタルサービスに切り込みます。

auの法人スマホサービスとは

auの法人スマホサービスとは、スマホを基本とした端末機を様々なビジネスシーンで活用しやすくし、通話とデータとのバランスを考えたプランが売りのサービスです。

端末機はスマホはもちろん、タブレットやガラケーにも対応。通称ポケットワイファイも準備されています。非常に便利で活用しやすいサービスです。

予想される費用

先にauの法人スマホプランを導入した場合の費用間を伝えると、企業として利用するパターンの多い、

電話基本プラン+auフラットプラン(4GB)という組み合わせで、

月額:6,300円ほどの費用がかかる事が考えられます。

データ量に合わせたプラン

主なサービスプランは、使用するデータ量に合わせて以下のようなプランが用意されています。

プラン新auピタットプランNauフラットプラン20NauデータMAXプランPro
月額費用1,980円〜5,000円〜5,980円〜
データ量1GB4GBデータ量上限なし

*利用機種または、契約台数による値段変動の可能性あり
*2年継続契約などの制約あり

その他のサービスの特徴

auの法人スマホサービスのオプションサービスとしては、以下のような点があります。

オプションサービス
  1. データチャージ
  2. データシェア
  3. データプレゼント

①:データチャージ

月額データ容量が足りなくなった場合に、0.5GBから追加で「データチャージ」をすることができる。

②:データシェア

スマホ・タブレット・PCそれぞれの月間データ容量をシェアすることができる。

③:データプレゼント

データ容量を新たに購入して、他の社員へ贈ることができます。

取扱機種

auの法人スマホサービスが取り扱っている機種としては、以下のようなものがあります。

取扱機種
  1. iPhone11, iPhone10R, iPhone8,iPhone8+,iPhone7+,iPhone7
  2. Galaxy A30, AQUOS sense2,TORQUE,Qua phone QZ

au 法人スマホサービスのメリット・デメリットとは?

ここからはau法人スマホサービスを利用するメリットやデメリットをそれぞれ解説していきたいと思います。

auの法人スマホサービスのメリット

Google DriveやSkype for Businessを活用できる事はもちろん、蓄積データなどをオフィスや端末機で一括管理できる事が最上級の仕事効率化を実現しました。

山岳地帯や海岸線でも通話品質は劣る事はありません。また固定電話(03や050発信)として使用できる事は、忙しいビジネスマンやキャリアウーマンにとってはありがたいのです一言です。

そして、何より大切なのが堅いセキュリティです。主なセキュリティプランとしてKDDI Smart Mobile Safety Managerとリモートアクセスを提供しています。

メリット
  1. Google DriveやSkype for Businessを活用できる
  2. データをオフィスや端末機で管理できる
  3. 通話品質が劣りにくい
  4. 固定電話として使用できる(電話番号)
  5. セキュリティ保護サポートがある

auの法人スマホサービスのデメリット

様々なメリットがある中で、デメリットとされる内容も御座います。対象は現在急激な伸びを見せている格安SIMスマホサービスです。

格安SIMスマホサービスでは、法人契約という概念がありませんが、1契約あたりのランニングコストが非常に安価な為、導入している企業も増えてきています

データ通信に関しましても初期から大容量のデータ通信量を安価で提供している通信事業社も多いので、価格面では一歩遅れをとっている印象です。

デメリット
  1. 毎月の通信費が高い。

auの法人スマホサービスの評判・口コミ・レビューまとめ

結論、大手3大キャリア(docomo/SoftBank/au)は通信環境を自社で保有しているため、高品質な通信環境を確保できるというメリットがある反面、通信費等の高騰といった価格面でのデメリットが大きいです。

auも例外なくこのメリットとデメリットが当てはまり、普通にショップなどで直接契約すると1台あたり最低でも月額7000円は覚悟する必要があるため、これから法人スマホを導入しようと検討している会社にはおすすめしていません。

実は不思議なことに代理店をうまく活用することで、通常7000円近くかかる法人スマホの維持費を1000円台にまで落とすことができてしまいます。

詳しい解説は下の関連記事にまとめてあるので、これから法人スマホを導入しようと検討している人は一度目を通しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です