すべてコミコミで1,980円~利用可能な管理人イチ押しの法人スマホはこちら!

【2020年最新】Y!mobile(ワイモバイル)の法人用格安SIMを使うメリット・デメリット・評判をまとめてみた

こんにちは、土日休み.com運営部です。

「法人スマホをできるだけ安く導入したい!」
「法人用格安SIMの選び方が知りたい!」
「Y!mobile(ワイモバイル)は法人用格安SIMって実際どうなのか?」

法人スマホ業界は閉鎖的で情報が少ないため、このような情報はなかなか出てきませんよね。

今回この記事では、あなたの会社に合う法人スマホの選び方を紹介するとともに、Y!mobile(ワイモバイル)の法人用格安SIMについて解説していきます。

土日休み.comでは、法人スマホを可能な限り安く契約するコツもご紹介しているので、コスト重視の法人スマホを探している方は下の記事を読んでから、こちらの記事に戻ってくるのがおすすめです。

▼法人スマホを安く契約するコツとは?

【2021年人気順比較】法人スマホを最も安く契約できるのはどこ?おすすめ11社をランキング別で徹底解説!

あなたの会社に適した法人用格安SIMの選び方とは?

法人スマホを導入する際のポイントは以下の2つです。

法人スマホ選びの重要ポイント
  1. どの通信サービスと契約をするのか?
  2. どの端末を購入するのか?

この記事では①番の「どの通信サービスと契約をするのか?」について詳しく解説していきます。

通信サービスを選ぶ際のポイントは以下の3つです。

携帯会社を選ぶ際のポイント
  1. コスト・費用面
  2. 通信の質・機能面
  3. サポート面

①コスト・費用面

法人スマホを導入する際は複数のSIMを契約する会社が多いはずです。

そこで注意すべきは、1台ごとの月額費用をできるだけ抑える必要があるということです。
1台ごとは小さな差でも、契約台数が増えるごとにその差も倍々で大きくなっていくからです。

もし1台ごとに月額500円の差があったとしたら、10台導入すれば年間600,000円、100台なら年間6,000,000もの大きな差になってきます。

したがって、複数台を契約をする場合は1台ごとの月額費用をできるだけ抑えましょう。

②通信の質・機能面

格安SIMは料金が安いというメリットがある反面、三大キャリアよりも通信の質が落ちるというデメリットもあります。

電話をメインに使う場合はあまり問題ないかもしれませんが、「頻繁にデータ通信をするアプリを使う」「インターネットでのリサーチをよくする」といったケースでは三大キャリアと契約することをお勧めします。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【格安法人スマホ】MVNOとは?メリットやデメリットまで分かりやすく解説!

③サポート面

格安SIM会社の場合はサポートも三大キャリアより弱くなります。

三大キャリアは全国にショップもあり、24時間いつでもサポートが受けられる環境があります。
格安SIMは三大キャリアと比較をすると、サポートの質は落ち、ショップがあるキャリアも限られる、または店舗数が少ないです。

必要なサポートが受けられるかどうかは事前に確認しておきましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)法人用格安SIMの料金プランは?

ここからは、『Y!mobile(ワイモバイル)』の料金プランについてです。

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンクのサブブランドです。
つまり、ソフトバンク傘下の格安SIMブランドと言えます。

Y!mobile(ワイモバイル)の料金は以下で決定します。

料金一覧
  1. 基本プラン料金
  2. 複数回線割引(法人割引)
  3. 通話料金(SMS含む)
  4. 事務手数料
  5. 端末購入料金(SIMのみも可能)

①基本プラン料金

ワイモバイルは非常にシンプルで3つのプランから選択するだけでOKです。

プランデータ量月額基本料
スマホプランS3GB2,680円
スマホプランM9GB3,680円
スマホプランR14GB4,680円

※税別表示

結論から言うと、ワイモバイルの各プランの内容はとても充実しているのでおすすめです。

ワイモバイルのプラン内容には、デフォルトで10分間の通話かけ放題が付いています。回数制限もありませんし、アプリを経由ではなく普通にスマホの通話画面から番号をポチポチ押して発信ボタンを押すだけでOKです。

10分間のかけ放題プランが付いて、この料金は業界トップレベルで安いです。

また、500円のオプションで10分間の通話かけ放題プランを完全無制限のかけ放題プランに進化できるので電話頻度が多い営業職の方などにはこのオプションを付けておくのがおすすめです。

また、さらに500円追加で払うことで、データ容量を増やすこともできます。

データ増量オプション

プランS:3GB→4GB(+1GB)
プランM:9GB→12GB(+3GB)
プランR:14GB→17GB(+3GB)

②複数回線割引(法人限定)

Y!mobile(ワイモバイル)の特徴的な割引として、
法人割引サービスとビズ割サービスというものが存在します。

2回線以上(2台以上)契約をするとすべての回線で月額利用料が700円引きしてくれます。

つまり、10台のスマホを契約する場合は、
700円×10台=7,000円分の割引を毎月受けることができます。

割引対象プラン割引適応前割引適応後
スマホベーシックプランS2,680円1,980円
スマホベーシックプランM3,680円2,980円
スマホベーシックプランR4,680円3,980円

※税別表示

③通話料金

通話料金についてですが、
Y!mobile(ワイモバイル)法人契約では10分以内の通話は無料となっています。

500円のオプションで無制限の通話し放題にすることも可能です。

ちなみに、個人契約の場合は通話し放題オプションは月額1,000円発生するので、法人契約の方が500円分お得にオプションを付けることができます。

④事務手数料

契約時に1回線ごとに事務手数料として3,000円発生します。
こちらはどこの携帯会社でも同じくらいの金額がかかります。

一部の通信サービスが徴収しているSIM手配料等はかからないのでその点は嬉しいポイントです。

⑤端末購入料金(SIMのみも可能)

ワイモバイルの場合は、SIMのみの契約が基本になってきますが、端末とSIMのセットで契約することが可能です。

端末とSIMをセットで契約する場合は、別途選択した端末分の購入代金が発生します。

ちなみに、端末もセットで必要な場合は、土日休み.comの格安法人スマホサービスの方が安く契約できてしまうので、状況に応じてぜひ利用してみてください。

【業界最安値】格安法人スマホサービス

【業界最安値を実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使える土日休み.comイチ推しの法人スマホ!

Y!mobile(ワイモバイル)法人用格安SIMのオプションは?

ここからはオプションについてチェックしていきます。

Y!mobile(ワイモバイル)のオプションは大きく分けると以下の通りです。

オプション概要
  1. 電話・通話に関するオプション
  2. 端末の保証に関するオプション
  3. セキュリティに関するオプション

①電話・通話に関するオプション

月額500円(税別)で通常は10分の通話し放題が時間無制限にすることができます。

その他留守電サービス・割り込み通話サービス・着信転送サービスも利用可能です。

②端末の保証に関するオプション

端末とSIMをセットで契約した場合は、故障安心パックが月額500円(税別)で利用可能です。

こちらは、様々な保証が一つになったパックとなっています。

まず、端末が水漏れ・全損以外で故障した場合は、修理代金を全額負担してもらえます。
水漏れの場合も修理代金が5000円になります。(※iPhoneは対象外)

そして紛失・盗難の際も会員価格で端末購入が可能となるサービスもついています。
その他バッテリー交換の費用が割引になるサービスと、電池パックが1つ無料でもらえるサービスがあります。

また、上記にデータ復旧サービス、故障の際に端末自体を交換してくれるサービス、セキュリティトラブルの際の費用を負担してくれるサービスがついた故障安心パックプラスが月額745円で利用できます。

③セキュリティに関するオプション

スマホをウイルスから守るスマートセキュリティが月額300円(税別)で利用できます。

Y!mobile(ワイモバイル)法人用格安SIMの評判・メリット・デメリットは?

ここからはY!mobile(ワイモバイル)の法人用格安SIMを使うメリット・デメリットをご紹介します。

Y!mobile(ワイモバイル)法人用格安SIMを使うメリット

Y!mobile(ワイモバイル)の法人用格安SIMを使うメリットは3つあります。

メリットまとめ
  1. 音声通話SIMとしては格安SIMの中でもトップクラスの安さ
  2. 10分の通話し放題が基本プランに組み込まれている
  3. 格安SIMの中では通信速度に定評がある

Y!mobile(ワイモバイル)のプランは法人用の割引や10分の通話し放題がついてることを考えると、格安SIMの中でもトップクラスのコスパの良さとなっています。

また、格安SIMは通信速度が遅くなるというデメリットもありますが、Y!mobile(ワイモバイル)の場合は格安SIMの中でもトップクラスの通信速度と安定性があります。

そしてソフトバンクのサブブランドのため店舗も全国にある程度あり、サポートも格安SIMの中では充実していると言って良いでしょう。

格安SIMの中ではトップクラスのサービスとなっています。

Y!mobile(ワイモバイル)法人用格安SIMを使うデメリット

Y!mobile(ワイモバイル)の法人用格安SIMを使うデメリットは1つです。

デメリットまとめ
  1. 2年の契約縛りがある→契約縛りは完全に無くなりました。

格安SIMは契約縛りが短いor無いこともありますが、Y!mobile(ワイモバイル)の場合は三大キャリアと同じく2年の契約縛りとなっており、その点はマイナスのポイントです。

まとめ

ここまで『Y!mobile(ワイモバイル)』の特徴やメリット・デメリットについて解説してきましたが、まとめとしては以下の通りです。

まとめ
  1. 通話をメインで使うなら格安SIMの中でトップクラスの安さ
  2. 同業他社と比較したときに通信環境やサポートの質が高い。
  3. 契約縛りは2年→契約縛り無くなりました。

080/090番号の通話をほとんと使用せず、データ通信のみのSIMを探しているのであれば、もっと安いところはあります。

しかし、「通話をメインで使用する」という場合は十分に選択肢に入ってくると思います。

ちなみに、土日休み.comでも格安で法人用スマホを販売しています。

土日休み.com法人スマホの特徴
  1. データ1GB+時間無制限の通話かけ放題付きで月額1,980円
  2. 格安端末ではなく、iPhoneやAQUOSなどの有名機種の取扱可能
  3. iPhoneでも2,480円~利用可能(機種はiPhone8・XS・XRも選択可能)
  4. 50GBの大容量プランでもかけ放題付きで4,480円
  5. 大手キャリア ソフトバンクの高品質な通信とサポート

詳しくはこちらをご覧ください。

【業界最安値】格安法人スマホサービス

【業界最安値を実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使える土日休み.comイチ推しの法人スマホ!

また、土日休み.comでは法人スマホとしておすすめの機種をまとめていたり、安くお得に契約するための裏技をご紹介しているので、法人スマホの導入を検討している方は下の関連記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です