法人スマホの機種はAndroidとiPhoneのどちらがオススメ?長所・短所を徹底比較!

この記事では法人用スマホを業務に導入する際、AndroidとiPoneのどちらを選べば良いかについて解説します。

結論から言うと業務の内容や使用する環境によりますので、自社で扱うにはどちらが良いかを選ぶ際の参考にしてください。

AndroidとiPhoneの違い!法人スマホならどっち?

まずはAndroidとiPhoneの基本的な違いからおさらいしておきます。

そもそも2つの違いは搭載されているOS(基本のシステム)の違いです。

iPhoneにはApple社が開発した「iOS」が搭載されています。
一方で、Google社が開発した「Android OS」が搭載されているスマホはAndroidと呼ばれます。

iPhoneはApple社しか開発していませんが、Androidのスマホ本体は各メーカーが製造しているため種類が豊富です。

AndroidとiPhoneの価格は?法人スマホの最重要事項!

「導入するならできるだけ安く費用を抑えたい」というのはどこでも同じだと思います。
複数台購入することが多い法人契約では1台ごとの差も全体だとかなり大きくなるので、価格は重要点です。

まずはiPhoneですが、こちらはご存知の通り機種代がかなり高額になります。
法人用に型落ちの製品や中古品が安く購入できる場合もありますが、新しいものだと5万円〜10万円ほどになるでしょう。

次にAndroidですが、先ほども述べた通りAndroidは様々なメーカーがスマホ本体を生産しています。
そのため、値段もピンキリで、機種にバリエーションがあるというのが特徴となっています。

1万円台の格安製品から、10万円台の高機能製品まで、予算に合ったものを選ぶことが可能です。

まとめ

iPhoneは中古や型落ち以外は高額
Androidはピンキリで、様々な価格帯の製品がある

AndroidとiPhoneの使用感は?業務に導入するならどっち?

こちらも業務を遂行する上では重要な点です。

まずiPhone。
iPhoneは価格が高めなだけあり、すべての機種で安定して操作性が良いです。

10〜20代のシェア率が高いため、若者はこちらの方が馴染み深いでしょう。

また、他のApple製品との互換性が高いため、会社でMacBookを使用している場合などは資料などの転送がスムーズに行えます。

iPhoneのデメリットとしては耐久性が低いということが挙げられます。

落とした時に画面が割れやすく、iPhone7以前の機種は防水にも未対応です。

次にAndroidですが、こちらは機種によって操作性にばらつきがあります。

たとえば、安いものだとスクロールに手間取ったりデータの読み込みでもたつくことがあります。

Androidは40代から上の世代でシェア率が高いため、中年の方が多い企業では馴染みやすいかもしれません。

Androidでは耐久性に優れた機種も多く、防水機能も付いている機種がほとんどです。
法人用に合った耐久性に優れた機種を用意している法人用のショップが多い印象です。

まとめ
  • iPhoneは直感的に操作しやすく、Androidは機種によってばらつきがある。
    ただし最新の機種であれば使用感にあまり大差はない
  • iPhoneは耐久性が低く、iPhone7以前の機種は防水にも対応していないため注意。
    Androidは耐久性の高い機種をえらぶことができる
  • 20代の若い社員を多く抱える場合はiPhoneの方が受け入れられやすい。
    40代以上にはAndroidの方が受け入れられやすい
    (2019年現在)

AndroidとiPhoneのセキュリティは?

最後に、企業にとって重要なセキュリティの問題です。

こちらはiPhoneに軍配が上がります。

iPhoneのアプリは全てAppleの厳重な審査を受けており、基本的にアプリからウイルスが侵入することはありません。

一方、Androidはインターネット上で自由にアプリをインストールできるいわゆる野良アプリなるものが存在し、この中にはウイルスなどが含まれている可能性もあります。

Androidで使用する場合には、セキュリティに関するオプションをつけることも検討しましょう。

まとめ

iPhoneのアプリはセキュリティが高い
Androidの場合は野良アプリに注意

まとめ

ここまでiPhoneとAndroidを比較してきました。

iPhoneは高額な分パフォーマンスは良いので、少数精鋭の導入などにオススメです。
また、会社で他のApple製品を使用している場合は検討しても良いでしょう。

Androidは機種が豊富なので、自社の要望に合った機種を見つけることができるでしょう。

法人用で人気なのは耐久性が高く、余計な機能が付いていない分安くなっている機種です。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。