すべてコミコミで1,980円~利用可能な管理人イチ押しの法人スマホはこちら!

データSIMと音声通話SIMの違いは?格安法人スマホを契約する際の選び方を徹底解説!

ad_adk

こんにちは、土日休み.com運営部です。

この記事では新規の格安SIMカードを法人契約する際にポイントとなる、データSIM(SMS付き)と音声通話SIMの違いについて解説していきます。

法人のみならず、格安スマホを契約するときは必ずプランの中にこの言葉が出てきますが、一体どういった違いがあるのでしょうか。

自社に合ったプランを選ぶことによって業務効率化やコスト削減を実現したいですよね。

データSIMと音声通話SIMの違いは?SIMの種類も解説

格安スマホのSIMカードは以下の3つに分かれています。

それぞれを簡単にまとめると以下のようになります。

  1. データSIM:データ通信のみを行うことができるSIMです。
  2. データSIM+SMS:SMSを利用することができるデータSIM
  3. 音声通話SIM:音声通話SIMはデータ通信・SMS・通話を全て使用することができるSIMです。
*SMSとは「ショートメッセージサービス」の略で、電話番号がメールアドレスの代わりになっているメール機能がある

また、データSIMと音声通話SIMの違いを端的にいうと、「携帯の基本機能である通話が使えるかどうか」です。
ここで言うところの『通話』は、『090・080で始まる番号で発着信を行うこと』です。

ラインやスカイプの無料電話はデータで通話を行うので、データSIMでも問題なく使用することができます。

データSIMでできること・メリット・デメリット

データSIMでできることは、データのやり取りのみ可能です。

しかし音声通話が全くできないというわけではなく、ラインやスカイプなどの無料電話は利用することができます。

音声通話機能がない分、費用が安く済むというのが最大のメリットです。

デメリットはSMSを付けないとライン等のアプリで認証ができず使えないということです

ライン等、SMSでの認証が必要なアプリの使用を考えているのであればSMS機能をつけることをオススメします。

SMSは100円〜200円ほどで付けられるので、音声通話SIMにするよりは費用を安く抑えられます。

音声通話SIMでできること・メリット・デメリット

音声通話SIMでできることは、大手キャリアで契約するスマートフォンと同じように使用することができます。

メリットは080・090で発着信がおこなえることと、電話での認証が可能な点です。

デメリットは通話が可能な分、データSIMよりも料金が高いという点です。

データSIMと音声通話SIM、結局どう選べば良い?

では、法人契約する際にデータSIMと音声通話SIMはどう選べばよいのでしょうか。

それは、当然ですがどのように法人スマホを運用するかによって異なります。


もちろん安く済むに越したことはありませんから、使わない機能は極力付けないという形が良いです。例えばスラック等、ユニファイドコミュニケーションアプリの使用がメインであればデータSIMで十分です。

▼ユニファイドコミュニケーションについてはこちらの記事で解説しています。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

また、電話を使用するにしても現代ではデータで通話をするラインやスカイプ等のIP電話が発達していますから、「ラインやスカイプで通話できれば電話番号はいらない」という方はデータ通信+SMS機能がついたSIMを選ぶべきです。

「通常の電話もできないと困る」という方のみ、音声通話SIMを契約しましょう。

データSIMと音声通話SIMの選び方
  • データSIM:通常の電話機能を必要としない、LINE等のデータ通信を使用したアプリのみを使用
  • 音声通話SIM:通常の電話機能を必要とする

まとめ

格安SIMの法人契約では、運用の仕方に合ったSIMを選ぶことによってコスト削減が可能です。

無駄な機能はつけずに使用する機能のみをつけるようにしましょう。

他の格安法人スマホについて知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事はこちら!
▼法人スマホの代理店をランキング形式で紹介!

その他、土日休み.comでも、業界最安値を目指した法人スマホサービスのご用意もあるので、興味のある方は下記サービスもチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です