法人の業務用スマホでAndroidを利用するメリット・デメリットを徹底解説!

2019年現在、スマートフォンの普及率は80%を超えつつあり、コミュニケーションを取るツールとしては当たり前の存在になっています。

そして、それは仕事の場でも同じです。

今までは社内に固定電話を設置し、サブ的な要素で携帯電話が使われていましたが、現在では03番号でスマホから発着信できるようになるなど、技術的な進歩が進んできたため、固定電話の需要が下がり、スマートフォンだけの時代になりつつあるのです。

今回、土日休み.comでは”会社の業務用スマホとしてよく利用されるAndroid端末”について解説していきたいと思います。

「なぜAndroidが人気なのか?」「iPhoneとの違いは?」など、業務用スマホをこれから会社で導入しようと検討している人に向けて解説していきたいと思います。

そもそも業務用スマホとは?メリットは?

そもそも業務用スマホとは、会社専用のスマートフォンのことです。

会社専用のスマートフォンにすることにより、情報流出防止などのセキュリティ面の向上や社員さんのプライベートを確実に確保することによって、会社の業務に集中させるなどといった効果があり、大手企業から中小企業でも業務用スマホを自ら導入する企業が増えてきています。

業務用スマホを導入するメリットやデメリットの詳細は下の記事にまとめてあるので、興味のある方は参考にしてみてください。

業務用スマホでおすすめ機種の選び方は?メリット・デメリット・使い方を徹底解説!

2019年3月9日

業務用スマホでAndroidを利用するメリット・デメリットとは?

ここからは、業務用スマホでAndroid端末を利用するメリット・デメリットをまとめていきます。

業務用スマホでAndroidを利用するメリット

業務用スマホでAndroidを利用するメリットは、主に3つあります。

1つ目は、拡張性が高く、自由にカスタムできる点です。

Androidの特徴として、カスタムの幅が広く、ユーザー側が自由に操作画面を変更できたり、インターネット上から拾ってきたものを反映できたりします。

2つ目は、端末によっては軍が使うほどの耐久力の高さがある点です。

端末によっては、とても耐久力が高く、軍が実際に利用するほどの耐久力を持っている端末もあります。

3つ目は、比較的1台あたりのコストが低いという点です。

iPhoneの場合は、1台10万円ほどかかってしまいますが、Androidの場合は、1台2万円くらいの価格帯のもので高性能のものが手に入るため、コストだけを考えるのであれば、Android一択でも良いかと思います。

メリット
  1. 拡張性が高く、自由にカスタムできる。
  2. 端末によっては軍が使うほどの耐久力の高さがある。
  3. 比較的一台あたりのコストが低い。

業務用スマホでAndroidを利用するデメリット

業務用スマホでiPhoneを利用するデメリットは、主に2つあります。

1つ目は、既存のセキュリティでは不安があるという点です。

会社で利用する場合は、特にセキュリティ面を別途対策しないと、社員さんがプライベート利用し始め、結果的にその端末から情報流出などの問題に発展する可能性があります。

2つ目は、初心者には扱いにくい可能性があるという点です。

AndroidはiPhoneと違い、直感的に操作をすることが初心者にとっては難しいと言われており、会社で使う場合は、マニュアルを別途容易することをおすすめします。

デメリット
  1. 既存のセキュリティでは不安がある。
  2. 初心者には扱いにくい可能性あり。

iPhoneとAndroidだったらどっちの方がおすすめ?

結論、iPhoneとAndroidの二択になると思いますが、実際会社で利用するとなるとどちらの方が良いのでしょうか?

正直、会社の業務用スマホに何を1番に求めるかによってその答えは変わってきます。結局、「iPhoneが良い!」という経営者も入れば、「Androidが良い!」という経営者もいるのが実情です。

セキュリティ・操作性を重視したい場合

セキュリティや直感的な操作性を重視したい場合は、iPhone一択でいいと思います。

ただし、価格面は1台あたり10万くらいかかってくるため、費用面での注意が必要です。

費用面・耐久性・カスタム性を重視したい場合

費用目、耐久性、カスタム性といった面を重視したい場合は、Android一択でいいと思います。

特に注目したいのが、コストの安さです。会社として利用する以上、導入する数だけでなく故障もありえます。そのときに毎回10万円がお空に消えていくと思うと、なかなかキツイ会社が多いはずです。

法人でAndroidを業務用スマホとして安く、お得に契約する方法は?

基本的に、業務用スマホは、「契約する会社の独自プラン+端末料金+パケット容量」の3つで料金が決まってくることが多く、自分がどのようなプランを必要としているのかを予めまとめておき、最も近いプランを安く提供している会社に見積もりを出してみるのが良いかと思います。

また、業務用スマホを契約する際の注意点としては、大手3大キャリアと直接契約するのは避けることをおすすめします。

安く、お得に契約する具体的な方法は下の記事にまとめてあるので、参考にしてみてください。

法人の社用スマホならAndroidとiPhoneはどっち?メリット・デメリットを比較してみた。

2019年3月11日

まとめ

ここまで業務用スマホとしてAndroidを利用する際のメリット・デメリットをまとめてきましたが、土日休み.comとしては、iPhoneとAndroidの2択を取られたらAndroidをおすすめすると思います。

理由としては、やはり価格面が大きいです。1,2台なら好きな端末を選べば良いと思いますが、数十台単位でスマホを導入する際に、1台10万円なのか1台2万円なのかはかかるお金が単純に5倍違います。

下の関連記事に業務用スマホとしてiPhoneを利用するメリット・デメリットもまとめてあるので、どちらか迷っている人は参考にしてみてください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。