すべてコミコミで1,980円~利用可能な管理人イチ押しの法人スマホはこちら!

楽天モバイルの格安法人スマホはどう?評判・メリット・デメリットをレビュー!

ad_adk

こんにちは、土日休み.com運営部です。

今回は、楽天モバイルの法人スマホプランについて解説していきます。

楽天モバイルの法人スマホサービスとは?

楽天モバイルは名前の通り楽天が運営するモバイルサービスです。

法人向けの契約も受け付けていますので、そちらで契約すれば法人スマホとして運用することが可能です。

料金はプランや機種によって異なりますが、基本は機種代+プラン別料金+通話料+オプションの合計です。


SIMのみの契約も可能ですので、本体を調達できれば安く契約できます。

楽天モバイルの特徴はプランの一つであるベーシックプランでしょう。こちら、なんとデータ容量が無制限となっています。

ただし速度は常時200kbpsですこれはメールやライン・SNS等がギリギリ使えるレベル。

ラインやスラックをメインに使う場合であればさほど気になりませんが、ネットを使用するような業務を行う場合は支障が出ます。

楽天モバイルが提供している法人スマホプラン

ここからは、楽天モバイルが提供している法人スマホプランの料金とプラン内容について紹介していきます。

データ通信のみプラン(SMSなし)

プランベーシック3.1GBプラン10GBプラン
月額費用525円〜900円〜2,260円〜
用途低速通信web検索利用大量のデータを使用

データ通信のみプラン(SMSあり)

プランベーシック3.1GBプラン10GBプラン
月額費用645円〜1,020円〜2,380円〜
用途低速通信web検索利用大量のデータを使用

*SMSは、LINE・Twitter等のSNSのアカウントを認証する際に必要となります

データ通信+音声通話

プランベーシック3.1GBプラン10GBプラン
月額費用1,250円〜1,600円〜2,960円〜
用途低速通信web検索利用大量のデータを使用

*5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題

楽天モバイル法人スマホの評判・メリット・デメリット

ここからは楽天モバイルの評判やメリット・デメリットをまとめます。

良い評判・メリット

楽天モバイルのメリットは、プランによっては超格安で利用できる点です。

ベーシックプランで通話なしのデータのみであればSIMだけの価格で525円〜使えます。

これは業界最安値です。

そして、SIMカード1枚から契約できるため小規模な事業でも導入しやすいという声がありました。
(他社では最低5回線など決められている場合が多いです。)

また、法人契約の中では端末の種類が豊富で、1万円台のリーズナブルな価格帯のものから高性能の機種まで多数取り揃えられています。

請求書払いが可能なので会社の経理が楽なのもプラスのポイントです。

メリットまとめ
  1. プランによっては業界最安値
  2. SIMカード1枚から契約可能
  3. 機種が豊富
  4. 請求書払いが可能

悪い評判・デメリット

楽天モバイルのデメリットや悪い評判はいくつかありました。

まずは王手と比べてサポートの質が落ちるという点です。

店舗が少ないため故障やトラブルの際に窓口でサポートを受け辛いという声がありました。

また、通話料ですがかけ放題プランの場合は5分間かけ放題で月額850円、通常のプランが10円/30秒です。

SIMの値段にこちらが加わると結果として割高になるというケースが多いようです。

デメリットまとめ
  1. サポートの質が大手より落ちる
  2. 通話料を含めると割高になることがある

まとめ

楽天モバイルは1回線から契約でき、請求書払いが可能など中・小企業にありがたい法人スマホサービスであることがわかりました。

現代のビジネスでコミュニケーションを取る上で、スマホの導入は今や必要不可欠です。しかし、会社の規模による信用や集客力の差で大手キャリアに契約が集まっているのが現状です。

しかし、コスパよく法人携帯やスマホの導入を検討している場合、大手キャリアを利用することはおすすめしません。

理由は、料金面が非常に高いからです。普通にショップなどで法人契約を行ってしまうと、個人での契約以上に導入費や維持費の負担が大きくなる可能性があります。

法人スマホは代理店をうまく利用することで、通常よりも30~70%の経費を削減することができます。

最後に、簡単に法人スマホを使った経費削減のテクニックを2つほどご紹介し、締めくくりたいと思います。

テクニック①:代理店を利用した格安法人スマホ

法人スマホを契約する方法は、主に以下のような方法があります。

  1. キャリア直営のショップでの契約
  2. 代理店を利用した法人契約
  3. スマホを個別購入+格安SIMサービスで法人契約

土日休み.comでは、スマホが紛失・故障した際のサポートやトータルでかかる費用などを考慮した上で、②の手法を推奨しております。

安く契約できる仕組みや法人スマホを安く契約できる具体的な方法につきましては、下記記事でまとめておりますので参考にしてみてください。

▼【2020年人気順比較】法人スマホを最も安く契約できるのはどこ?おすすめ11社をランキング別で徹底解説!

その他、土日休み.comでも、業界最安値を目指した法人スマホサービスのご用意もあるので、興味のある方は下記サービスもチェックしてみてください。

テクニック②:PBXと法人スマホを組み合わせるとよりコスパが大幅UP!

ビジネスフォンやPBXの利用を検討している場合は、ぜひPBXについても合わせてチェックしておきましょう。

社内で法人スマホを頻繁に利用される場合は、専用のPBXと連携させることで、通信費用を大幅に削減できる可能性があります。

最近では、PBXの機能のなかにスマホと会社のビジネスフォンを連携させる機能や、スマートフォンだけでビジネスフォンの機能すべてを担えるような機能が搭載されたPBX製品が主流になってきており、PBXについてよくわからない方は下の関連記事をご利用ください。

関連記事

▼PBX・IP-PBX・クラウドPBXの違いは?今話題の「PBX」のまとめ

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

▼【2020年人気PBX比較】ビジネスフォンおすすめランキング!IP-PBX・クラウドPBXサービスの違いを徹底比較!

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。