すべてコミコミで1,980円~利用可能な管理人イチ押しの法人スマホはこちら!

IIJモバイルの格安法人スマホサービスはどう?評判・メリット・デメリットをレビュー!

ad_adk

この記事ではIIJモバイルの格安法人スマホサービスについてレビューしていきます。

IIJモバイルの格安法人スマホサービスとは?

IIJモバイルはドコモとauの回線を使った格安スマホサービスを展開しています。
大元の会社は『株式会社インターネットイニシアティブ』です。

最初期から格安SIMサービスを展開している老舗の会社ですね。

M2MやIoT向けのプランがかなり充実しているようですが、今回はスマートフォンやタブレットでの使用を想定して話を進めます。

ホームページを見ると料金形態やプランがやや分かりづらいという印象を受けました。

このページではそちらも分かりやすく解説していきたいと思います。

IIJモバイル格安法人スマホの料金プランは?

IIJモバイルの最終的な料金は以下の通りです。

なお、Wi-Fiルーターの端末のレンタルが可能なLプランと、SIMカードや端末の購入が可能なライトプランとで内容が異なります。

Lプラン:『初期費用+データ通信料+任意でWi-Fiルーターレンタル料+オプション料』
ライトプラン:『初期費用+データ通信料+通話料金+オプション代』

また、IIJモバイルにはドコモの回線を利用するDプランとauの回線を利用するKプランがあります。

ここからはLプランとライトプランに分けて料金を詳しく紹介します。

Lプラン

Lプランの初期費用ですが、まずドコモ回線の場合のみ21,600円かかります。

追加で、1回線ごとに手数料が3,240円発生します。

データ料金はLプランの中でも3つに分かれています。

※LプランはデータSIMのみなので注意が必要です。SIMの種類については以下の記事をご覧ください。

プラン料金概要
定額プラン5,500円10GBまでは高速通信、それ以降は256kbps
3段階定額プラン3MB:500円
1GB:2800円
10GB:5,700円
データ使用量によって料金が変わるプラン。
5,700円が上限。
パケットシェアプラン基本料:1800円/回線
データ料:不明
複数人でデータ容量をシェアできるプラン。

 

ライトプラン

ライトプランはデータSIMと音声通話SIMが用意されています。
ただし音声通話SIMはドコモ回線を利用したDプランのみとなっていますので注意してください。

ライトプランの初期費用は任意で購入する端末(スマホ)代と、1回線ごとにかかる3,240円の手数料です。

次にデータプランですが、こちらがややこしくなっています。

まず、IIJモバイルではデータ量のことをバンドルクーポンと読んでいます。

DプランとKプランともに基本は3GBのプランであり、データを追加したい場合は、追加購入をするというようになっています。ここでは分かりやすいように、データ量別に料金を出していきます。

繰り返しですが音声通話SIMはDプランのみとなります。
DプランとKプランはデータ量による料金の追加はありません。

プランデータSIM音声通話SIM
3GB972円1,728円
4GB1,296円2,052円
5GB1,620円2,376円
6GB1,944円2,700円
10GB2,764円3,520円
15GB3,564円4,320円
20GB4,320円5,076円
30GB6,372円7,128円
50GB9,720円10,476円

 

IIJモバイル格安法人スマホのオプションは?

IIJモバイルの主なオプションは以下の通りです。

通話機能に関するオプション

まず、専用のアプリである『IIJモバイル ビジネスコール』を利用することにより通話料が10円/30秒で利用できます。

これは通常の電話の半額です。

また音声電話オプションとして、留守番電話機能が月324円・割込電話着信オプションが月216円で利用できます。

IIJモバイル格安法人スマホの評判・メリット・デメリットは?

ここからはメリットとデメリットを見ていきます。

IIJモバイル格安法人スマホのメリット

IIJモバイルを業務用の法人スマホとして利用する際のメリットは特にありませんでした。

他の格安スマホと比べて料金が安いということはなく、オプション等の特徴もありません。

IIJモバイル格安法人スマホのデメリット

IIJモバイルのデメリットは主に2つです。

一つ目はプランや料金がわかりづらいという点です。

格安スマホの中ではシンプルなプランのものや明朗会計となっている会社が多い中、ややプランが複雑という印象です。

二つ目は購入できる端末の種類が少なく、iPhone等の人気機種がないという点です。

また、一括払いしかできないため、端末を購入する場合は導入費用が高額になります。

デメリットまとめ
  • プランや料金がわかりづらい
  • 購入できる端末の種類が少ない

まとめ

IIJモバイルはM2MやIoTを使用する際に優れているようですが、業務用の法人スマホとして使用する場合は他の格安スマホサービスもチェックをした方が良いでしょう。

他の格安法人スマホについて知りたい方はこちらをご覧ください。
法人契約ができる格安スマホ会社(MVNO)のまとめ記事となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。