すべてコミコミで1,980円~利用可能な管理人イチ押しの法人スマホはこちら!

【2020年最新】法人スマホとして『Android One X4』を使うメリット・デメリット・特徴をまとめてみた。

こんにちは、土日休み.com運営部です。

今回この記事では、
法人スマホの端末選びで注意すべきポイントを解説するとともに、『Android One X4』を法人スマホとして使用する際のメリット・デメリットなどについてまとめます。

本日の解説ポイント
  • Android One X4は法人スマホとしてどう?
  • 法人スマホはどうやって選べばよい?
  • おすすめの法人スマホが知りたい!

法人スマホの機種を選ぶ際に注意すべきポイントは?

法人スマホを会社に導入する上で重要なポイントは以下の2つとなっています。

法人スマホ導入の際の注意事項
  1. 携帯会社のどこと契約をするのがベストか
  2. スマホはどの端末を導入するか

1つ目のポイントは、どこの携帯会社と契約をするかという点です。

端末のみを持っていても、電話番号を使っての通話や4G/LTEでのインターネット接続はできません。
これらのサービスを利用する場合はどこかの携帯会社と契約をする必要があるのです。

これらのサービスを提供している会社は、三大キャリアと呼ばれるdocomo・ソフトバンク・auと格安スマホと呼ばれるMVNO各社があります。

料金的には格安スマホの方が安いのですが、通信やサポートの質といった観点から、法人スマホでは三大キャリアのサービスが望ましいと言えるでしょう。

ただし、三大キャリアと直接契約をしてしまうと、料金はかなり割高になってしまいます。

そこで、土日休み.comが推奨しているのは、『代理店を通して契約をする』という方法です。
代理店を通して三大キャリアと契約をした方が安く契約でき、代理店独自の手厚いサポートも受けることができるため、2020年現在法人スマホを契約するのであれば、代理店を利用することをおすすめします。

詳しくは、下記の関連記事にまとめているので参考にしてください。

【2021年人気順比較】法人スマホを最も安く契約できるのはどこ?おすすめ11社をランキング別で徹底解説!

2つ目は、スマホの中でどの端末を選ぶのかという点です。

法人スマホの端末選びで重要なポイントは主に3つあります。

法人スマホの機種選びで重要なポイント
  1. コスト・費用面
  2. 防水・防塵・衝撃などの耐久性
  3. 導入目的

1.コスト・費用面

1つ目のポイントは、端末のコスト面です。

法人スマホを導入する場合、端末代はもちろんのこと、月額費用から修理費まで、すべて会社の負担になってしまうため、導入した後の費用についても考えなくてはいけません。

そして、法人スマホでは複数台の端末を一度に契約するため導入する台数が増えるほど費用もかさみますので、1台あたりのコストはなるべく低くすることをおすすめします。

目安としては、1台あたり2~5万円のものを選ぶとよいでしょう。

2.防水・防塵・耐衝撃などの耐久性

2つ目のポイントは、端末の耐久性です。

法人スマホの場合、個人用のものとは違い長時間の使用が多くなるため、故障のスピードや壊れる可能性は高まります。

そのため、耐久性の高い端末を選ぶことをおすすめします。

以下の3つの耐性を兼ね備えた端末を選ぶようにしましょう。

耐久性の3か条
  1. 防水性:水から守る性能
  2. 防塵性:小さなチリの侵入を防ぐ性能
  3. 耐衝撃性:衝撃に耐える性能

3.導入目的

3つ目は、法人スマホの導入目的に合った端末を選ぶという点です。

あなたの会社にとって無駄な機能がついている端末は、それだけ料金も高くなります。

たとえば、会社の業務でカメラ機能をほとんど使わないにも関わらず、カメラ機能や画質が売りのスマホを選ぶのはコスパが悪いです。

会社でスマホを導入する目的を確認し、機能が一致しているスマホを導入しましょう。

Android端末『Android One X4』の特徴

ここからは『Android One X4』の特徴についてまとめていきます。

こちらはY!mobileで扱われている端末となっています。

費用・コスト面

『Android One X4』の1台あたりのコストは以下の通りです。

楽天
Android One X4約30,000円(税込)
[rakuten ids=”geo-mobile:10838156″]

2020年1月現在では、3万円ほどで白ロムが販売されています。(白ロムとは、SIMフリー化された端末のことです。)

ただし白ロムを法人スマホとして導入するのは保証やセキュリティ上おすすめできませんので、あくまで1台あたりのコストとして参考にしてください。

なお、Y!mobileで契約をした場合、新規orMNP(乗り換え)で31,604円〜、機種変更の場合は44,604円〜となるようです。

特徴・機能性・耐久性・防水性

『Android One X4』の性能や機能の特徴は以下の通りです。

製品名Android One X4
発売日2018年6月7日
価格約3万円
OSAndroid 8.1
メモリ3GB
ストレージ容量32GB
ディスプレイサイズ5.5インチ
カメラ画素数(外)1640万画素
カメラ画素数(内)800万画素
バッテリー容量3,100mAh(連続再生時間:約11時間)
・オーシャンブルー
・パールホワイト
・ボルドーピンク
重さ約157g
耐久性IP68(完全防水・完全防塵)
『Android One X5』 特徴まとめ
  1. 防水と防塵の耐性が最高品質。
  2. 格安スマホの中ではバッテリー持ちが良い

法人スマホ選びで特に重要な耐久性という面において優秀です。
また、バッテリー持ちが良いため長時間の利用でも安心です。

『Android One X4』それぞれの同梱品(付属品)まとめ

『Android One X4』の付属品は、以下の通りです。

付属品は3つ!
  1. 取扱説明書(保証書)
  2. SIMスロット開け方ガイド
  3. SIMピン

他社のスマートフォンに比べると付属品は少なめです。

『Android One X4』には、通常のスマートフォンなら付属されているはずの、充電器や充電ケーブルが付属されていません。そのため、もっていない人、追加で必要な人はAmazonなどで安く売っているので購入しておきましょう。

USB-Cという、Androidではメジャーな規格なので、すでに持っているという場合も多いと思います。

おすすめ充電器
[amazonjs asin=”B07BPX31GN” locale=”JP” title=”Ewin ACアダプター Type-Cケーブル一体型 合計3.4A 急速充電 Smart IC搭載 USB充電器 折りたたみ式プラグ1.5mケーブル PSE認証正規品 iPhone & iPad & Android & iOS &ゲーム機など対応【18ヶ月保証付き!】”]

通常なら、Type C型の充電ケーブルと充電器の計2つのものを別々に購入する必要がありますが、この充電器はセットになっているため、これさえ買っておけば充電問題は解消されます。ちなみに、最近流行りの急速充電式なので、おすすめです。

また、法人スマホではフィルムとカバーはほぼ必須となっています。

オススメのフィルム・カバー

[amazonjs asin=”B07DLQD4PG” locale=”JP” title=”ASDEC アスデック Android One X4/AQUOS sense plus SH-M07 フィルム ノングレアフィルム3・防指紋 指紋防止・気泡消失・映り込み防止 反射防止・キズ防止・アンチグレア・日本製 NGB-SHSP1 (Android One X4/AQUOS sense plus SH-M07, マットフィルム)”] [amazonjs asin=”B07DFZ6PSS” locale=”JP” title=”Android One X4 ケース TopACE クリア スリム TPU カバー 落下 衝撃 吸収 擦り傷防止 Android One X4 用 カバー (クリア)”]

法人スマホとして『Android One X4』を使うメリット・デメリットとは?

法人スマホとして『Android One X4』を使うメリット・デメリットをご紹介していきます。

『Android One X4』を使うメリット

『Android One X4』を導入するメリットとしては、主に4つあります。

メリット
  1. 防水性能と防塵性能は完璧。
  2. バッテリーの持ちが良い
  3. おサイフケータイに対応している
  4. 上記の性能の割に値段が安い

特筆すべきは耐久性の高さと価格です。

耐久性テストではIP68という最上級の規格となっています。
衝撃耐性についてもフィルムとカバーを購入すれば問題ないでしょう。

また、バッテリー持ちが良いと言うのも、法人スマホとしては大きなメリットです。
長時間の使用となると、持ちが悪い場合は途中で充電しなければならないなど、不都合なことがあります。
しかし、1日中使っても問題のない量のバッテリーであれば、そのような心配なく使えます。

おサイフケータイを使用すれば、外回りの社員に便利な決済サービスを使わせることができ、経費の計上も楽です。

そしてこれらの機能を兼ね備えた上で3万円台という低価格となると、かなりコスパの良い端末と言えるでしょう。

『Android One X4』を使うデメリット

『Android One X4』を導入するデメリットとしては、主に2つです。

デメリット
  1. 充電器が同胞されていない
  2. Y!mobile以外で新品が購入できない

Android One X4の端末自体にはデメリットはありません。

バランスが取れていて、価格に対してのコスパが良いスマホという印象です。

あえてデメリットを挙げるとしたら、充電器が同胞されていないという点と、Y!mobileでしか新品が手に入らないという点です。

「Y!mobileで法人スマホを契約する」という場合にはオススメの機種となります。

まとめ

ここまで、『Android One X4』の特徴や法人スマホとしての導入メリット・デメリットについて解説してきましたが、まとめとしては以下の通りです。

『Android One X4』のまとめ
  1. 防水と防塵性能が高い
  2. バッテリー持ちが良い
  3. コスパが高い

耐性が優秀でバッテリー持ちも良くこの価格となると、法人スマホとしてはなかなか良いのではないかという印象を受けました。

ただしY!mobileでしか契約できないため、注意が必要です。

ちなみに、土日休み.comでも格安で法人用スマホを販売しています。

土日休み.com法人スマホの特徴
  1. データ1GB+時間無制限の通話かけ放題付きで月額1,980円
  2. 格安端末ではなく、iPhoneやAQUOSなどの有名機種の取扱可能
  3. iPhoneでも2,480円~利用可能(機種はiPhone8・XS・XRも選択可能)
  4. 50GBの大容量プランでもかけ放題付きで4,480円
  5. 大手キャリア ソフトバンクの高品質な通信とサポート

詳しくはこちらをご覧ください。

【業界最安値】格安法人スマホサービス

【業界最安値を実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使える土日休み.comイチ推しの法人スマホ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です