【格安法人スマホ】MVNOとは?メリットやデメリットまで分かりやすく解説!

法人スマホを契約するなら、できるだけ安くコストを抑えたいですよね。

そうなってくるとたどり着くのが格安スマホです。

しかし格安スマホのことを調べていると、「MVNO」などの聞いたことがない単語にたどり着きます。

「そもそもMVNOって何?」
「MVNOと格安SIMの違いは?」
「結局、安く契約するにはどうすれば良い?」

この記事ではそんな疑問について解説していきたいと思います。

MVNOとは?誰でも分かるように解説します

まず、MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、仮想移動体通信事業者と訳します。
なお、ここで言う移動体はスマホやガラケーのことです。

どのようなものなのかを理解していただければ、名前はさほど重要ではないので覚えなくても結構です。

MVNOは簡単に言うと、三大キャリアと呼ばれるドコモ・au・ソフトバンクの回線を借りて事業を営む業者のことを指します。

そもそも回線を引くには、回線基地局を建てる必要があります。(鉄塔みたいなやつ)
これには莫大なお金がかかるので、三大キャリア以外が新しくつくるのはほぼ無理です。

そこで現れたのが、この三大キャリアの敷いた回線を借りてサービスを展開するMVNOです。
回線は借り物ですが、サービスはそれぞれ独自に展開しており、プランも三大キャリアとは異なるところが多いです。

そして、MVNOの提供するスマホがいわゆる格安スマホです。
SIMのみを指すのであれば格安SIMと呼ばれます。

まとめ

MVNOは三大キャリアの敷いた回線を借りて同じようなサービスを行っている会社のこと。
いわゆる格安スマホや格安SIMを提供している。

MVNOのメリット

MVNOには、メリットが主に2つあります。

メリットまとめ
  1. 料金の安さ。
  2. プランが豊富さ・独自性

ここからは、メリット1つ1つを解説していきましょう。

1.料金の安さ

1つ目のメリットは、なんと言っても料金の安さです。

MVNOは回線を自社で保有していない分コストが抑えられるため、より安くデータ通信を提供しています。

三大キャリアだとデータ料金だけで5,000円かかるところを、MVNOでは1000円ほどで使えるプランもあります。もちろん一例にすぎませんが、とにかく安いプランがあるということがメリットです。

2.プランの豊富さ・独自性

2つ目のメリットは、プランの豊富さや各会社の独自的なプランです。

プランの多さや、業者ごとの独自性が出やすいのもMVNOの特徴です。

低速通信でデータ使い放題のプランなど、三大キャリアにはないプランも数多く用意されていて、自社に合ったプランを見つけやすいというメリットがあります。

特に分かりやすいのが契約縛りについてです。

三大キャリアではどこでも2年間の契約縛りがあり、その間に解約をすると解約料を取られます。

しかしMVNOの中には契約縛りがないものや、2年よりも格段に短いものが多いです。
試験的に導入しやすいのはMVNOのメリットになるでしょう。

MVNOのデメリット

MVNOには、デメリットが主に3つあります。

デメリットまとめ
  1. 通信の質が三大キャリアに比べて劣る
  2. サポートの質も劣る
  3. スマホ本体のスペックが低いものがある

1.通信の質は三大キャリアに劣る

MVNOは回線を借りていますが、自社で増設をすることができません。

したがって、利用者が増えるほど回線が混み合い、通信の速度や安定性が落ちてしまいます。

三大キャリアに比べて通信の質が落ちてしまうのはデメリットと言えるでしょう。

2.サポートの質・信頼度が三大キャリアに劣る

料金が安い分、サポートの質は三大キャリアに比べると劣っているMVNOが多いです。

実店舗(ショップ)も三大キャリアのように多くないので、何か起きた際に対応が遅れる可能性も少なからずあります。

3.スマホ本体のスペックが低い場合がある

これはSIMと一緒にスマホの本体を契約する場合です。

iPhoneなどの有名な端末であれば問題はありませんが、MVNOでは料金を安くするために性能を抑えたスマホを販売していることもあります。

端末を購入する際は業務に支障のないスマートフォンを選ぶ必要があります。

法人契約できるMVNOにはどのような会社がある?

法人契約ができるMVNOは限られています。

例えば、LINEモバイルなどでは法人契約を受け付けていません。

法人スマホが契約できるMVNOについては土日休み.comでもレビュー記事をあげています。

こちらの記事をご覧ください。

【格安法人スマホまとめ】MVNO各社の格安法人スマホを徹底比較!おすすめランキング!

2019年3月11日

まとめ

MVNOは三大キャリアよりも料金が安く、うまく使えば法人用スマホのコストを大幅に下げることができます。

しかし三大キャリアにも多くのメリットはあり、必ずしもMVNOが良いとはいえません。自社に合ったプランを見極めて、コストを抑えて法人スマホを契約しましょう。

最近では、大手も格安のサービスを展開するMVNOに対抗しようと業界最安値のプランを打ち出したり、スマホ端末とプランの契約を別個のものにしたりなどの試みが行われており、各サービスの高め合いには今後も要注目です!

土日休み.comでは、そんな各サービスの最新情報今一押しの格安スマホサービスを解説・比較してご紹介しています。これから法人スマホを会社に導入しようとしている方は下の関連記事にも一通り目を通しておくことをおすすめします。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。