会社でスマホを導入する際の注意点・メリット・デメリットとは?

会社でスマホを導入したいけど、やんわりしたイメージしかなく、社用スマホを導入する具体的なメリットや導入する方法などはいまいちよくわからないという方も多いはずです。

今回、この記事では、会社でスマホを導入しようと検討している人にまず最初に読んでほしい内容を盛り込みました。

「社用スマホを導入するメリットって?」
「社用スマホの注意点とは?」
「1台あたりどのくらいの費用がかかるのか?」

など、社用スマホに関する初歩的なことをまとめていきたいと思います。

会社でスマホ(携帯)を導入するメリットとは?

おそらく「会社用のスマホを導入しよう!」と検討している人は、何かしらのメリットや会社にとってプラスになると考え、今この記事を読んでいると思います。

実際、社用スマホを導入する目的は会社の業務内容によって大きく変わってくると思いますが、気づいていないメリットもあると思うので、今回はどんな会社にも当てはまる社用スマホを導入するメリットをご紹介していきたいと思います。

社用スマホを導入するメリットは、主に3つあります。

1つ目のメリットは、1台あたりの契約料が個人よりも安くなりやすいという点です。

法人契約の場合、一度に複数台を契約することが多いので、その分割引してもらえる可能性があります。価格交渉などは、営業に自信がある人はやってみても良いかもしれません。

2つ目のメリットは、情報漏洩を防止できたりなど、会社のセキュリティが向上するという点です。

会社に個人のプライベートスマホを持ち込んで、データの共有などを行っていると、会社の規模が大きくなればなるほど、情報漏洩やウィルスの持ち込みなどで甚大な被害を被る可能性が上がってきます。

そんな、最悪の状況を防ぐために、社用スマホを導入している会社も多くあります。社用スマホの場合、会社でデータやログを管理しているため、最悪の事態を未然に防ぎやすいというわけです。

3つ目のメリットは、社員のプライベートを確保しやすいという点です。

営業先などで、どうしても電話番号、メールアドレス、LINEといった連絡先を教えるケースは少なくないと思います。そんなときに、プライベートスマホの連絡先を教えてしまうと、休日なのに意味不明なLINEが飛んできたりしてしまい、「結果的に、休んだ気にならない。」という状況に陥ってしまう社員さんは数多く存在します。

しかし、会社用のスマホで連絡先を交換し、会社側でスマホを管理することによって、その害が及ぶ心配が減るため社員のプライベートを確保してあげやすくなります。ある研究結果では、仕事とプライベートのメリハリを付けたほうが仕事の生産性が上がったという研究結果もあります。

社用スマホを導入するメリット
  1. 1台あたりの契約料金が個人よりも安くなりやすい。
  2. 情報漏洩を防止できたりなど、会社のセキュリティが向上する。
  3. 社員のプライベートを確保しやすい。

会社専用のスマホを導入する際の注意点は?

会社専用のスマホを導入する際に注意しておくポイントが3つほどあります。

注意点
  1. スマホは会社で管理する。
  2. アプリなどの利用制限は会社側で予め行う。
  3. 社内でルールを予め定める。

セキュリティ面の細かい対策やセキュリティに特化したおすすめの機種などは下の記事にまとめてあるので、参考にしてください。

法人の業務用スマホでセキュリティが高いおすすめの機種は?iPhone?Android?

2019年3月10日

これらの注意点を何かしらの形でカバーしないと、最悪の場合、「ただコストがかかっただけで、スマホを導入した意味がない。。。」ということにもなりかねません。

注意点①:スマホは会社で管理する

スマホは会社側で管理するようにしましょう。会社側で◯◯さんにはNo.123のスマホという形で誰がどのスマホを持っているのかを把握しておかないと、大体無くなります。

自分のものだと人は自ら管理しますが、それが借り物だと一気にその管理能力は落ちてしまうので、会社型でスマホの管理だけは徹底することをおすすめします。

注意点②:アプリなどの利用制限は会社側で予め行う

会社の業務に必要なアプリ以外は入れられないようにするなど、会社側でアプリの利用制限をかけるようにしましょう。これをしないと、1ヶ月後には社用スマホが私物化してる羽目になるので、注意が必要です。

注意点③:社内でルールを予め定める

社内でスマホのデータの転送する場所など、予めルールを作っておきましょう。特にスマホに慣れていない人にとっては、ルールが無いと常識からぶっ飛んだことをやる可能性もあるので、ルールやマニュアルブックなどは作っておくことをおすすめします。

会社用スマホは1台あたりどのくらいの費用がかかるの?

社用スマホの一台あたりの価格は、どの会社で契約するのかによって大きく異なります。

相場的には、¥1500~¥10,000/台くらいです。(※端末代を無視した場合)

多くの場合、「契約する会社の独自プラン+端末代+パケット料金」で基本料金が発生してきます。端末代に関してはどこの会社も変わらないですが、契約する会社の独自プランやパケット料金はわざと安く見せかけているサービスも多くあるので、注意が必要です。

会社用スマホを安く、お得に導入する方法とは?

社用スマホを安く、お得に導入する方法をご紹介する前に、一つ絶対にやってはいけない契約の方法があります。

それは、ドコモ・ソフトバンク・Auの大手三大キャリアと直接契約することです。

集客力が強く、魅力的に見えるかもしれませんが、かなり割高なプランなのでおすすめはしません。

直接契約でなければ問題ありません。むしろ、代理店を挟んで大手三大キャリアと契約するのが一番安心かつ安く利用できます。代理店を挟むと余計手数料がかかるようなイメージがあるかもしれませんが、代理店は大手の集客力と真っ向から勝負しても勝てないので、価格面を安くし、顧客を集めていることがほとんどです。

ユーザー側からしたら嬉しい話なので、しっかり代理店を利用するようにしましょう。

まとめ

ここまで、会社でスマホを導入する際の注意事項をご紹介してきましたが、まとめると以下の通りです。

まとめ
  • 社用スマホはセキュリティ面で強い!
  • 社用スマホは会社で管理するべき!
  • 一般的な相場は¥1,500~¥10,000/台くらい!
  • 大手三大キャリアとの直接契約は、割高になることが多い!
  • 安くお得に導入するためには、代理店を利用するべし!

土日休み.comでは、法人契約できる社用スマホの各社サービスのレビュやメリット・デメリットもまとめているので、興味のある方は下の関連記事を参考にしてください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。