【2019年最新】法人スマホとして『Android One S5』を使うメリット・デメリット・特徴をまとめてみた。

「Android One S5は、法人スマホとして使うのはどうなの?」
「法人スマホはどうやって選べばよい?」
「おすすめの法人スマホが知りたい」

この記事では、Android One S5という端末を法人スマホとして導入するメリットやデメリットをレビューすると同時に、法人スマホの端末選びで重視すべきポイントをご紹介していきます。

法人スマホの機種を選ぶ際に注意すべきポイントは?

法人スマホの端末選びについて触れる前に、法人スマホを会社に導入する際に注意すべきことを簡単に解説しておきましょう。

法人スマホを会社に導入する際に注意しておくべきポイントは主に2つあります。

法人スマホ導入の際の注意事項
  1. 「どこで契約をするのがベストなのか?」
  2. 「どの端末を選ぶのがベストなのか?」

1つ目は、通信環境を整えるために必要な通信キャリアとの契約です。

一般的に通信キャリアと聞くと、大手3大キャリアであるdocomo/SoftBank/auの3社がパッと思い浮かぶ人も多くいると思います。しかし、結論から言うと大手3大キャリアと直で契約するのはおすすめしません。

おすすめしない理由は、大手キャリアの理解出来ないレベルの高額な料金体系です。大手キャリアと直接契約してしまうと、最低でも1台あたり月額7000円は覚悟する必要はあります。1台で月額7000円なので、10台であれば70000円ということになります。

これがある方法を使うことで、毎月の高額な維持費を70%ほど削減することが可能です。

不思議に思う人もいると思いますが、代理店をうまく活用することで、同じ端末、同じ通信環境、同じ通信容量で月額1500円ほどに落とすことが可能なのです。

詳しい方法に関しては以下の記事にまとめているので、法人スマホの導入を検討している場合は下の記事も必須で読んでおくことをおすすめします。

【2019年人気順比較】法人スマホを最も安く契約できるのはどこ?おすすめ11社をランキング別で徹底解説!

2019年3月13日

2つ目は、この記事の本題であるスマホの端末選びです。

法人スマホの端末選びでは、特に重要視すべきポイント主に3つあります。

法人スマホの機種選びで重要なポイント
  1. コスト・費用面
  2. 防水・防塵・衝撃などの耐久性
  3. 導入目的

1.コスト・費用面

1つ目の重要ポイントは、1台あたりのスマホ端末の導入コストです。

多くの場合が、通信プランとセットで契約し、分割払いで毎月払っていくことが多いですが、この最初に選んだ端末のコスト次第で、毎月の負担額が大きく変わってきます。

1台、2台という規模であれば好きな端末を使えば良いと思いますが、会社で社員の人数分のスマホを導入しようとしているのであれば、1台当りのコスト削減は必須になってきます。

端末代1台あたりの目安としては、2~5万円のものを選ぶことをおすすめします。

2.防水・防塵・耐衝撃などの耐久性

2つ目の重要ポイントは、スマホの耐久性です。

法人スマホの場合、プライベート用のスマホと違い、不特定多数の人が長時間に渡り使用するため、耐久性の低い端末を選んでしまうと思いの外早く壊れてしまい、修理費が別途かかるという負のサイクルを生み出す可能性が高くなります。

法人スマホの場合は、最低でも3つの耐久性が施された端末を選ぶことをおすすめします。

耐久性の3か条
  1. 防水性:水から守る性能
  2. 防塵性:小さなチリの侵入を防ぐ性能
  3. 耐衝撃性:衝撃に耐える性能

3.導入目的

3つ目の重要ポイントは、端末の性能とスマホを導入する目的を合わせるということです。

例えば、会社の業務上カメラ機能などほぼ使わないにも関わらず、カメラの画質や性能にこだわった端末を選んでも意味がありません。スマホの導入目的を再度確認し、会社の業務を加速させるような機能にコストをかけている端末を選ぶようにしましょう。

Android端末『Android One S5』の特徴

ここからは、『Android One S5』の特徴についてまとめていきます。

費用・コスト面

『Android One S5』の1台あたりのコストは以下の通りです。

amazon
Android One S5約15,000円(税込)

2018年の12月にソフトバンクとYmobileが販売をスタートさせたモデルです。当初は、端末と各社の通信環境をセットで買う必要がありましたが、海外輸入の白ロムと呼ばれるSIMフリーの端末がAmazonや楽天などで販売されるようになりました。

正直、法人スマホとして白ロムを利用することは、保証がないという点とセキュリティという点を考慮すると、あまりおすすめしません。

あくまで、端末本体の価格を参考にする程度で考えていただければ良いかなと思います。

特徴・機能性・耐久性・防水性

『Android One S5』の性能や機能の特徴は以下の通りです。

製品名Android One S5
発売日2018年12月21日
価格約3~5万円
OSAndroid 9
メモリ3GB
ストレージ容量32GB
ディスプレイサイズ5.5インチ
カメラ画素数(外)1200万画素
カメラ画素数(内)800万画素
バッテリー容量2,700mAh(連続再生時間:約11時間)
・クールシルバー
・ダークブルー
・ローズピンク
重さ約149g
耐久性IP6X/IPX5/IPX8/MIL規格準拠
『Android One S5』 特徴まとめ
  1. 耐久性に特化した端末。
  2. 導入コストが低い。

『Android One S5』は、とにかく端末の耐久性に特化した端末です。

その上、1台あたりの導入コストも低いので法人スマホとしての利用にはかなり適した端末と言っても良いでしょう。

『Android One S5』それぞれの同梱品(付属品)まとめ

『Android One S5』の付属品は、以下の通りです。

付属品は2つ!
  1. 取扱説明書(保証書)
  2. クイックスタートガイド

『Android One S5』には、付属品と言えるものがほとんど同封されておらず、充電器やイヤフォン等必要なものは別途購入する必要があります。

特に、会社に充電器や充電ケーブルが無い場合はAmazonなどで別途購入しておきましょう。

法人スマホとして『Android One S5』を使うメリット・デメリットとは?

法人スマホとして『Android One S5』を使うメリット・デメリットをご紹介していきます。

『Android One S5』を使うメリット

『Android One S5』を導入するメリットとしては、主に3つあります。

メリット
  1. 防水・防塵耐性が最高レベル
  2. 軍採用のMIL規格なため、耐衝撃性能が優秀
  3. 1台あたりの導入コストが低い。

『Android One S5』のメリットとしてまず挙げられるのが、耐久性の高さです。2019年現在では、端末が型落ちしていることもあり、1台あたり15,000円ほどで手に入ってしまいます。それにも関わらず、完全防水・完全防塵・耐衝撃性の高さを示すMIL規格を採用しているため、耐久性に関してはかなり期待しても良いかと思います。

『Android One S5』を使うデメリット

『Android One S5』を導入するデメリットとしては、主に3つあります。

デメリット
  1. カメラ性能は微妙。
  2. おサイフケータイが使えない。
  3. 生体認証非対応

『Android One S5』のデメリットとして挙げられるのは、3つほどありますが、会社によってはデメリットにならないレベルのものです。

まとめ

ここまで、『Android One S5』の特徴や法人スマホとしての導入メリット・デメリットについて解説してきましたが、まとめとしては以下の通りです。

『Android One X5』のまとめ
  • 軍お墨付きの耐衝撃性能最高レベルのMIL規格
  • 完全防水・完全防塵。
  • 導入コストが低い。

『Android One S5』は、法人スマホを導入する上で重要な耐久性面・コスト面・導入目的という3つに当てはめてみてもわかるように、かなり理想に近いおすすめの端末です。

あえてデメリットをあげるとしたら、おサイフケータイが使えないことや生体認証がついていないことくらいなので、これらが特に経営上問題ないのであれば、導入を検討してみても良いかもしれません。

土日休み.comでは、法人スマホとしておすすめの機種をまとめていたり、安くお得に契約するための裏技をご紹介しているので、法人スマホの導入を検討している方は下の関連記事をご覧ください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。