【2019年最新】法人スマホとして『iPhone7』を使うメリット・デメリット・特徴をまとめてみた。

「iPhone7は法人スマホとしてどう?」
「法人スマホの機種はどう選べば良い?」
「法人スマホを安く契約するには?」

今回の記事では、法人スマホの選び方のポイントを解説した上で『iPhone7』を法人スマホとして使用する際の特徴・メリット・デメリットをまとめました。

法人スマホの機種を選ぶ際に注意すべきポイントは?

法人スマホを会社に導入する上で重要なポイントは2つです。

法人スマホ導入の際の注意事項
  1. どこで契約をするべきか
  2. どの端末を選ぶべきか

1つ目は、どこの通信会社と契約をするかという点です。

080/090番号での通話や4G/LTEによる通信を利用するには、携帯会社との契約が必要です。
そして携帯会社にはドコモ・ソフトバンク・auといった三大キャリアや、格安スマホを提供するMVNO各社があります。

通信の質やサポートの充実を考えると、法人スマホは大手キャリアとの契約が望ましいです。
しかし、王手キャリアと直接契約をした場合は1台あたり月額7000円ほどとなり、かなり割高になってしまいます。

ある方法で契約をすれば、こちらの料金から50〜80%お得な料金で王手キャリアのサービスを利用することができます。

安くお得に契約する方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

【2019年人気順比較】法人スマホを最も安く契約できるのはどこ?おすすめ11社をランキング別で徹底解説!

2019年3月13日

2つ目は、どの端末を導入するかということです。

スマホは毎年新しい機種が出ておりバリエーションが豊富なため、選択肢はたくさんあります。

個人用であれば「より新しく高性能な機種を手に入れたい」という方が多いでしょう。
しかし、法人スマホの場合はそうもいきません。

法人スマホの端末選びで重要なポイントは主に3つです。

法人スマホの機種選びで重要なポイント
  1. コスト・費用面
  2. 防水・防塵・衝撃などの耐久性
  3. 導入目的

1.コスト・費用面

法人スマホは導入台数が多くなるので、1台ごとの差も後々大きなものとなります。

例えば、1台あたり5,000円の差でも10台なら50,000円、100台なら500,000円もの差になってしまうのです。

法人スマホでは1台ごとのコストをできるだけ抑えるようにしましょう。

目安としては、1台あたり2~5万円くらいのものが良いです。

2.防水・防塵・耐衝撃などの耐久性

法人スマホの端末選びで最重要事項と言えるのが、スマホ本体の耐久性です。

法人スマホは業務で使用するため、プライベートよりも利用が長時間になります。
また、自分のスマホよりも管理のための注意は落ちるため、壊れやすくなります。

これらのことから、法人スマホでは耐久性の高い機種が導入される傾向にあります。

以下の3つの耐久性を兼ね備えたスマホを選びましょう。

耐久性の3か条
  1. 防水性:水から守る性能
  2. 防塵性:小さなチリの侵入を防ぐ性能
  3. 耐衝撃性:衝撃に耐える性能

3.導入目的

今一度、法人スマホを導入する目的を確認し、目的と機能が一致している端末を選ぶようにしましょう。

例えば、会社の業務でカメラ機能を使用しないのであれば高画質・高品質な写真が撮れる機能が売りのスマホは必要ないはずです。

『iPhone7』の特徴

ここからは、『iPhone7』の特徴についてまとめていきます。

費用・コスト面

2019年現在の『iPhone7』一台当りのコストは、以下の通りとなっています。

amazon
iPhone7/32GB/ゴールド/SIMフリー 約40,000円(税込)

アマゾンでは未使用品を1台辺り4万円で仕入れることができます。
なお、公式のアップルストアで購入をすると54,864円(税込)です。(2019年4月現在)

中古品をメルカリなどで探せば、1台25,000円で手に入る場合もあるようです。

特徴・機能性・耐久性・防水性

『iPhone8』の性能や機能の特徴は以下の通りです。

製品名 iPhone7
発売日 2016年9月16日
価格 約40,000円
OS iOS
メモリ 2GB
ストレージ容量 32GB/128GB/256GB
ディスプレイサイズ 4.7インチ
カメラ画素数(外) 1200万画素
カメラ画素数(内) 700万画素
バッテリー容量 1,960mAh
・ジェットブラック
・ブラック
・ローズゴールド
・ゴールド
・シルバー
・レッド
重さ 約138g
耐久性 IP67等級(防塵6・防水7)

『iPhone7』の特徴は、以下の通りです。

特徴まとめ
  1. 高画質な写真を撮ることができる
  2. 直感的な操作がしやすい
  3. 他のApple製品と連携が可能
  4. 防塵・防水耐性は及第点

『iPhone7』の大きな特徴は、直感的な操作のしやすさと、他のApple製品との連携が容易という点です。

日本では若い世代でiPhoneのシェア率が高く、30代以下の社員にはウケが良い機種と言えます。
また、他のApple製品との間でデータの共有などがすぐにできるため、すでにMacBook等の製品を使っている場合にはより便利になるでしょう。

耐久性は防塵性能が最高ランクの6、防水性能が最高から一つ下の7となっています。

防水は30分水の中に入れておいても被害がないというレベルになっているので、業務で使用する範囲での問題はほぼないと言っていいでしょう。

頑丈なフィルムとカバーがあれば衝撃耐性についてもほぼ問題はないです。

『iPhone7』の同梱品(付属品)まとめ

『iPhone7』の付属品は、以下の通りです。

付属品
  1. イヤホン(EarPods with Lightning Connector)
  2. Lightning – USBケーブル
  3. USB電源アダプタ
  4. マニュアル

『iPhone7』の付属品は上記の通りです。

iPhoneを使用するとなるとフィルムとカバーは必須ですので、導入の際は必ず事前に揃えておきましょう。
フィルムとカバーは耐久性を重視したものをおすすめします。

法人スマホとして『iPhone7』を使うメリット・デメリットとは?

法人スマホとして『iPhone7』を使うメリット・デメリットをご紹介していきます。

『iPhone7』を使うメリット

『iPhone7』を導入するメリットとしては、主に3つあります。

メリット
  1. 直感的に操作ができるため使いやすい
  2. 他のApple製品との連携が可能
  3. Apple Payが使用できる

iPhoneは直感的に操作しやすいため、Androidよりも操作性には定評があります。
デザインもAndroidよりスタイリッシュで、高級感がありますよね。

また、他のApple製品との連携によってデータの共有などが容易なため、PCがMacBookであればiPhoneの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、iPhone7以降はApple Payによって、法人カードやSuicaを使って決済ができます。
すぐに決済ができて経費の計上もしやすいため、社員におサイフケータイの機能を使わせたいという場合は便利です。

『iPhone7』を使うデメリット

『iPhone7』を導入するデメリットとしては、主に2つあります。

デメリット
  1. 価格がAndroidよりも高い
  2. フィルムとカバーがなければ耐久性が不安

『iPhone8』のデメリットは価格と耐久性です。

型落ちのモデルといえども、iPhoneはやはり高級品と言えるでしょう。
価格については最安を求めるのであればAndroid一択となります。

ただし発売当初よりも価格が落ち着いているため、「iPhoneを導入する」と決めているのであれば、狙い目の機種となっています。

耐久性については、フィルムとカバーがあれば問題ないレベルです。
費用は2つ合わせて1台あたり2,000円ほどです。

まとめ

ここまで、『iPhone7』の特徴や法人スマホとしての導入メリット・デメリットについて解説してきましたが、まとめとしては以下の通りです。

『iPhone7』のまとめ
  • iPhoneは操作性が高い
  • iPhoneの中ではコスパが良い
  • Apple Payが便利

iPhoneは操作性・革新性・デザインに定評のある機種です。
筆者は最近までiPhone7を使用していましたが、2019年3月の段階では全く不自由なく使用することができていました。

やはり若い人はiPhoneを好む傾向があり、私のようにプライベートでもiPhoneを使用している人にとってはかなり使いやすいので、業務効率化につながるでしょう。

iPhoneの中では比較的安く購入できるため、「iPhoneを導入する」と決めている場合は狙い目の機種となっています。

ただし、「とにかく最安値で法人スマホを購入したい」という方はiPhoneよりもAndroidをおすすめします。

土日休み.comでは、法人スマホとしておすすめの機種をまとめていたり、安くお得に契約するための裏技をご紹介しているので、法人スマホの導入を検討している方は下の関連記事をご覧ください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。