【2019年最新】法人スマホとして『iPhoneXS』を使うメリット・デメリット・特徴をまとめてみた。

今回の記事では、法人スマホの選び方のポイントを解説した上で『iPhoneXS』を法人スマホとして使用する際の特徴・メリット・デメリットをまとめました。

  • 法人スマホをお得に契約するには?
  • 法人スマホの機種選びのポイントは?
  • iPhoneXSは法人スマホとしてどうなのか?

この3点について解説していきます。

法人スマホの機種を選ぶ際に注意すべきポイントは?

法人スマホを会社に導入する上で重要なポイントは2つです。

法人スマホ導入の際の注意事項
  1. どこで契約をするべきか
  2. どの端末を選ぶべきか

1つ目は、どこの通信会社と契約をするかという点です。

080/090番号を使用しての通話や、4G/LTEによるデータ通信を行うためには携帯会社との契約をする必要があります。
携帯会社にはドコモ・ソフトバンク・auのいわゆる三大キャリアと、安さが売りの格安スマホを提供しているMVNO各社があります。

法人スマホでは、通信とサポートの質を考えて三大キャリアと契約をするのがおすすめです。
ただし、三大キャリアと直接契約をした場合は1台あたり月額7000円〜ほどとなり、割高です。

ところが、ある方法で契約をすれば最大50〜80%もお得な料金で三大キャリアと契約をすることができるのです。

安くお得に契約する方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

【2019年人気順比較】法人スマホを最も安く契約できるのはどこ?おすすめ11社をランキング別で徹底解説!

2019年3月13日

2つ目は、どの端末を導入するかということです。

個人用であれば、より新しく高性能な機種が人気となる傾向にあります。
しかし、法人スマホの場合、個人用とは選び方の基準が異なるのです。

法人スマホの端末選びで重要なポイントは主に3つです。

法人スマホの機種選びで重要なポイント
  1. コスト・費用面
  2. 防水・防塵・衝撃などの耐久性
  3. 導入目的

1.コスト・費用面

法人スマホは複数台契約をすることがほとんどで、1台ごとの差も数が増えるごとに大きな差となります。

したがって、1台ごとのコストはできるだけ抑えるようにしましょう。

2.防水・防塵・耐衝撃などの耐久性

耐久性は法人スマホを選ぶ上で最も重要なポイントといっても良いでしょう。

法人スマホは業務で使用するため、長時間の利用が多くなります。
また、不特定多数の社員が使う場合には破損や故障のリスクも高まります。

これらのことから法人スマホでは耐久性の高い機種が選ばれる傾向にあります。
用途にもよりますが、「外回りの社員に持たせる」などという場合にはより頑丈なスマホを選びましょう。

以下の3つの耐久性を兼ね備えたスマホを選びましょう。

耐久性の3か条
  1. 防水性:水から守る性能
  2. 防塵性:小さなチリの侵入を防ぐ性能
  3. 耐衝撃性:衝撃に耐える性能

3.導入目的

法人スマホを導入する目的を確認し、目的と機能が一致している端末を選ぶようにしましょう。

高性能な機種はそれだけ料金が高いです。
しかし、使わない機能がついているからこそ、料金が高くなっているという場合もあります。

例えば、会社の業務でカメラ機能を使用しないのであれば高画質・高品質な写真が撮れる機能は必要ありません。

コスト削減のためには目的に合った機能を備えた機種を選びましょう。

『iPhoneXS』の特徴

ここからは、『iPhoneXS』の特徴についてまとめていきます。

費用・コスト面

2019年現在の『iPhoneXS』一台当りのコストは、以下の通りとなっています。

amazon
iPhoneXS/64GB/ゴールド/SIMフリー約107,000円(税込)

アマゾンでは未使用品を1台辺り107,000円で仕入れることができます。
なお、公式のアップルストアで購入をすると121,824円(税込)です。(2019年4月現在)

中古品などをメルカリなどで探せば、1台90,000円ほどで手に入る場合もあるようです。

特徴・機能性・耐久性・防水性

『iPhoneXS』の性能や機能の特徴は以下の通りです。

製品名iPhoneXS
発売日2018年9月21日
価格約107,000円
OSiOS
メモリ4GB
ストレージ容量64GB/256GB/512GB
ディスプレイ5.8インチ/有機ELディスプレイ
カメラ画素数(外)1200万画素
カメラ画素数(内)700万画素
バッテリー容量2,658mAh
・ゴールド
・シルバー
・スペースグレイ
重さ約177g
耐久性IP68等級(防塵6・防水8)

『iPhoneXS』の特徴は、以下の通りです。

特徴まとめ
  1. 画面が綺麗
  2. 高画質な写真・動画を撮ることができる
  3. 他のApple製品と連携が可能
  4. 防塵・防水耐性が高い

『iPhoneXS』の大きな特徴は、画面の綺麗さと他のApple製品との連携が容易という点です。

日本では若い世代でiPhoneのシェア率が高く、30代以下の社員にはウケが良い機種と言えます。
また、他のApple製品との間でデータの共有などがすぐにできるため、すでにMacBook等の製品を使っている場合にはより便利になるでしょう。

そして、画面が綺麗です。

解像度が高く有機ELディスプレイを採用しているため、とにかく綺麗です。
これは体験しないとわからないですが、iPhone8よりも前の機種を利用している人には革命的な綺麗さです。

デザイン関係など、画面の質を重視する場合にはXSを採用しても良いかもしれません。

耐久性に関しては、防塵性能が最高ランクの6、防水性能が最高ランクの8となっています。

これはiPhoneの中では最高の耐性で、頑丈なフィルムとカバーがあれば、法人スマホとして全く問題ないというレベルです。

なお防水は水深2メートルで30分水の中に入れておいても被害がないというレベルになっています。

『iPhoneXS』の同梱品(付属品)まとめ

『iPhoneXS』の付属品は以下の通りです。

付属品
  1. イヤホン(EarPods with Lightning Connector)
  2. Lightning – USBケーブル
  3. USB電源アダプタ
  4. マニュアル

『iPhoneXS』の付属品は上記の通りです。

iPhoneを使用するとなるとフィルムとカバーは必須ですので、導入の際は必ず事前に揃えておきましょう。
フィルムとカバーは耐久性を重視したものをおすすめします。

法人スマホとして『iPhoneXS』を使うメリット・デメリットとは?

法人スマホとして『iPhoneXS』を使うメリット・デメリットをご紹介していきます。

『iPhoneXS』を使うメリット

『iPhoneXS』を導入するメリットとしては、主に4つあります。

メリット
  1. デザインは高級感がありスタイリッシュ
  2. 画面が綺麗
  3. 他のApple製品との連携が可能
  4. Apple Payが使用できる

処理速度などは安いスマホと比べ物にならないくらいサクサクで、言うまでもなく使いやすいです。

特徴と言えるのは画面の綺麗さと高級感のあるスタイリッシュなデザインでしょう。

画質を重視するという会社にはおすすめです。

そして他のApple製品との連携によってデータの共有などが容易なため、PCがMacBookであればiPhoneの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、Apple Payによって、法人カードやSuicaを使って決済ができます。
すぐに決済ができて経費の計上もしやすいため、社員におサイフケータイの機能を使わせたいという場合は便利です。

『iPhoneXS』を使うデメリット

『iPhoneXS』を導入するデメリットとしては、主に4つあります。

デメリット
  1. 価格がAndroidよりも高い
  2. 操作は慣れる必要がある
  3. 機体がでかい
  4. フィルムとカバーがなければ耐久性が不安

耐久性については、フィルムとカバーがあれば問題ないです。

iPhoneXSのデメリットは価格と操作性です。

まず、表側が全面ディスプレイになったことでホームボタンが廃止となり、代わりになる操作をいくつか覚える必要があります。

今までホームボタンのあるスマホを使っていた人や若い世代でない人は、慣れるまで時間がかかるでしょう。

また、iPhoneXRほどではないものの機体が比較的大きい設計であるため、iPhone8以前の機種を使っていた人には扱いづらいと感じることもあるようです。

女性の場合は片手で操作することは難しく、男性でもギリギリとなるのでスマホリングなどを導入してみてはいかがでしょうか。

そして最も重要な価格についてです。
iPhone自体がAndroidと比べ割高なのは周知の通りですが、法人スマホとして導入する場合に1台10万円というのはかなりのコストになります。

「iPhoneを導入する」と決めている場合は、他の機種を検討してみても良いかもしれません。

まとめ

ここまで、『iPhoneXS』の特徴や法人スマホとしての導入メリット・デメリットについて解説してきました。
まとめとしては以下の通りです。

『iPhoneXS』のまとめ
  • 高級感のあるデザインで画面が綺麗
  • 操作性と価格にやや難あり
  • Apple Payが便利

iPhoneは操作性・革新性・デザインに定評のある機種ですが、iPhoneXSは操作性と価格の面で、法人スマホとして扱うにはやや難ありです。

同じiPhoneであれば、価格も安く操作性や大きさの面で扱い安いiPhone7・8の方をおすすめします。

【2019年最新】法人スマホとして『iPhone7』を使うメリット・デメリット・特徴をまとめてみた。

2019年4月2日

【2019年最新】法人スマホとして『iPhone8』を使うメリット・デメリット・特徴をまとめてみた。

2019年4月1日

ただし、安定した処理性能と画面の綺麗さを考えると、筆者のような若い世代にはやはり使いやすいです。

「少数精鋭のチームに持たせる」という場合などには適しているのではないでしょうか。

土日休み.comでは、法人スマホとしておすすめの機種をまとめていたり、安くお得に契約するための裏技をご紹介しているので、法人スマホの導入を検討している方は下の関連記事をご覧ください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。