すべてコミコミで1,980円~利用可能な管理人イチ押しの法人スマホはこちら!

【2020年最新】法人スマホとして『AQUOS sense2』を使うメリット・デメリット・特徴をまとめてみた。

ad_adk

こんにちは、土日休み.com運営部です。

「AQUOS sense2って法人スマホとしてはどうなの?」
「おすすめの法人スマホを教えてほしい!」
「法人スマホの端末選びのコツとは?」

今回、この記事では、『AQUOS sense2』についてレビューすると共に、法人スマホ選びで重要なポイントをご紹介していきたいと思います。

法人スマホの機種を選ぶ際に重視すべきポイントとは?

法人スマホを会社に導入する上でとても重要なポイントが2つあります。

法人スマホ導入による注意事項
  1. 「どこで契約するのがベストなのか?」
  2. 「どの端末を選ぶのがベストなのか?」

1つ目は、どこの通信会社と契約するのかです。

スマートフォンだけ手に入れても、電話や4GやLTE回線を使った通信はできません。有名どころだとdocomo、SoftBank、auといった大手キャリアと契約したり、格安SIMを利用して通信を確保します。

ちなみに、法人スマホの場合は特に大手キャリアと直接契約するのはおすすめしません。1台辺り月額7000円は軽くかかってきてしまいます。安くお得に契約する方法も解説しているので、興味のある方は下の記事を参考にしてください。

2つ目は、端末選びです。

2020年現在、数多くのスマートフォンが出回っていますが、どのスマホが会社の仕事に適しているスマホについて考えたことがある人の方が少ないはずです。

法人スマホの端末選びで重要なポイントは主に3つあります。

機種選びで重用な3つのポイント
  1. コスト・費用面
  2. 防水・防塵・衝撃などの耐久性
  3. 導入目的

1.コスト・費用面

法人スマホの端末料金は、適当に選ぶと後で金銭的な打撃が大きくなりやすいので、会社の業務に必要な機能だけを兼ね備えたスマホを選び、可能な限り安く仕入れることをおすすめします。

目安としては、1台あたり2~5万円くらいのものを選ぶと良いでしょう。

2.防水・防塵・耐衝撃などの耐久性

法人スマホの端末選びで欠かせないのが、スマホ本体の耐久性です。

基本的に法人スマホは自分以外の人がスマホを長時間扱うことになるため、プライベートで自分が使っているよりも壊れやすいです。

なので、予め耐久性の高いスマホを選ぶのが良いです。

最低でも以下の3つの耐久性を兼ね備えたスマホを選びましょう。

耐久性の3か条
  1. 防水性:水から守る性能
  2. 防塵性:小さなチリの侵入を防ぐ性能
  3. 耐衝撃性:衝撃に耐える性能

3.導入目的

会社にスマホを導入する目的とスマホに備わってる機能が合致するようにしましょう。

例えば、会社の業務上カメラ機能をほぼ使わないにも関わらず、高性能なカメラが搭載されたスマホを選ぶのは経営上良い判断とは言えません。

Android端末『AQUOS sense2』の特徴

ここからは、Android端末である『AQUOS sense2』の特徴についてまとめていきます。

費用・コスト面

2020年現在の『AQUOS sense2』一台当りのコストは、以下の通りとなっています。

amazon
AQUOS sense2(ブラック/ホワイトシルバー/アーバンブルー
約30,000円(税込)
[amazonjs asin=”B0044AQKDI” locale=”JP” title=”シャープ AQUOS sense2 SH-M08 ニュアンスブラック5.5インチ SIMフリースマートフォン[メモリ 3GB/ストレージ 32GB/IGZOディスプレイ] SH-M08-B”]

1台辺り3万円弱で仕入れることができるため、コスト面ではかなり良いです。

特徴・機能性・耐久性・防水性

『AQUOS sense2』の性能や機能の特徴は以下の通りです。

製品名AQUOS sense2
発売日2018年11月09日
価格約30,000円
OSAndroid 8.1
メモリ3GB
ストレージ容量32GB
ディスプレイサイズ5.5インチ/有機EL
カメラ画素数(外)1200万画素
カメラ画素数(内)800万画素
バッテリー容量2,700mAh
・シルキーホワイト
・ニュアンスブラック
・シャインゴールド(docomo限定)
・ブロッサムピンク(docomo限定)
・アイフグリーン(au限定)
・ピンクゴールド(au/UQモバイル限定)
重さ約155g(最軽量)
耐久性IPX5,IPX8(完全防水)
IP6X(完全防塵)

『AQUOS sense2』の大きな特徴としては、主に2つあります。

AQUOS sense2 特徴まとめ
  1. 1台あたりのコストが低い。
  2. 耐久性は完璧。

『AQUOS sense2』の特徴は、コストの安さと耐久性の高さあります。防水と防塵耐性は最高レベルの耐久性が施されているにも関わらず1台あたりのコストが3万円以下で手に入れることができるため、ビジネスで使うスマホとしてはかなりおすすめです。

『AQUOS sense2』の同梱品(付属品)まとめ

『AQUOS sense2』の付属品は、以下の通りです。

付属品は2つ!
  1. 取扱説明書
  2. 保証書

『AQUOS sense2』には、付属品として紹介できるようなものは入っていません。

充電器や充電ケーブルもないので、必要に応じて別途購入する必要があります。家にUSB TypeCケーブルやそのアダプタがない場合はAmazonなどに安く売っているので買っておきましょう。

おすすめ充電器セット
[amazonjs asin=”B01IT02UIW” locale=”JP” title=”Anker PowerPort Speed 2 (39.5W USB急速充電器)【PSE認証済 / PowerIQ搭載 / QC3.0対応】 iPhone, iPad, Galaxy S9, Xperia XZ1,その他Android各種対応”] [amazonjs asin=”B07CNCHWJF” locale=”JP” title=”USB Type C ケーブル、TOPK 1m 電圧·電流(V,Ah) 表示3A(Max) QC 3.0急速充電/高速データ転送 強化 ナイロン製 Xperia XZ、Google Pixel、Galaxy S9/S8/S8+、Huawei P9、Nexus 6P他Android各種、USB-C機器対応(ブラック)”]

法人スマホとして『AQUOS sense2』を使うメリット・デメリットとは?

法人スマホとして『AQUOS sense2』を使うメリット・デメリットをご紹介していきます。

『AQUOS sense2』を使うメリット

『AQUOS sense2』を導入するメリットとしては、主に3つあります。

メリット
  1. 価格が安い。
  2. 耐久性能が高い。
  3. 価格の割に処理スペックが高い。

『AQUOS sense2』の耐久性とコスト面の安さは大きなメリットと言えるでしょう。

また、1台あたり3万円弱で手に入ってしまう端末ですが、意外と処理能力も高く、LINEやGoogleマップなどのアプリも普通に使えるため、スペック不足で業務に支障が出る心配もなさそうです。

『AQUOS sense2』を使うデメリット

『AQUOS sense2』を導入するデメリットとしては、主に1つあります。

デメリット
  1. GPS機能の精度がイマイチ

『AQUOS sense2』のデメリットをあげるとしたら、GPSの性能がイマイチという点です。

全く使えないというレベルではないですが、Googleマップを道中で使用していると現在地が合わない場合があるため、より正確な位置情報が欲しいという場合には、他の端末を選ぶのが良いかもしれません。

まとめ

ここまで、『AQUOS sense2』の特徴や法人スマホとしての導入メリット・デメリットについて解説してきましたが、まとめとしては以下の通りです。

『AQUOS sense2』のまとめ
  • 価格が安い。
  • 耐久性が高い。

『AQUOS sense2』は、法人スマホ選びで重要な『耐久性』と『1台あたり3万円弱で手に入ってしまうコストの安さ』の両方を兼ね備えており、ビジネス利用などで使う分にはおすすめの端末です。

土日休み.comでも格安で法人用スマホを販売しています。

土日休み.com法人スマホの特徴
  1. データ1GB+時間無制限の通話かけ放題が月額1,980円
  2. 格安端末ではなく、iPhoneやAQUOSなどの有名機種の取扱可能
  3. iPhoneでも2,480円~利用可能(機種はiPhone8・XS・XRも選択可能)
  4. 50GBの大容量プランでもかけ放題付きで4,480円
  5. 大手キャリア ソフトバンクの高品質な通信とサポート

詳しくはこちらをご覧ください。

【業界最安値】法人スマホサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。