【2019年最新】法人スマホとしてOPPOの『R15 Neo』を使うメリット・デメリット・特徴をまとめてみた。

今回の記事では、法人スマホの選び方のポイントを解説した上でOPPOの『R15 Neo』を法人スマホとして使用する際の特徴・メリット・デメリットをまとめました。

  • 法人スマホをお得に契約する方法
  • 法人スマホの機種選びのポイント
  • OPPO R15 Neoは法人スマホとしてどうなのか?

この3点について解説していきたいと思います。

法人スマホの機種を選ぶ際に注意すべきポイントは?

法人スマホを会社に導入する上で重要なポイントは2つです。

法人スマホ導入の際の注意事項
  1. どこで契約をするべきか
  2. どの端末を選ぶべきか

1つ目は、どこの通信会社と契約をするかということです。

080/090番号での通話や、4G/LTEによるパケット通信を行うには携帯会社と契約をする必要があります。
携帯会社には、ドコモ・ソフトバンク・auのいわゆる三大キャリアと、格安スマホを販売するMVNO各社があります。

通信とサポートの質を考えると、法人スマホの場合は王手キャリアのサービスが適していると言えます。
ただし、王手キャリアで直接契約をすると、1台あたり月額7000円〜ほどとなり、割高になってしまいます。

しかし、ある方法で契約をすればこちらの料金から50〜80%お得な料金で王手キャリアと契約をすることができます。
安くお得に契約する方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

【2019年人気順比較】法人スマホを最も安く契約できるのはどこ?おすすめ11社をランキング別で徹底解説!

2019年3月13日

2つ目は、どの端末を導入するかということです。

個人用のスマホであれば、新しくて高性能な機種が人気となる傾向にあります。
しかし、法人スマホの場合は選び方の基準も個人用のものとは異なってきます。

法人スマホの端末選びで重要なポイントは主に3つです。

法人スマホの機種選びで重要なポイント
  1. コスト・費用面
  2. 防水・防塵・衝撃などの耐久性
  3. 導入目的

1.コスト・費用面

複数台を導入する場合は、1台ごとの差も数が増えるにつれて大きな差となります。
複数台を同時に導入する場合には、1台あたりのコストを下げることが重要です。

目安としては、1台あたり2~5万円くらいのものを選ぶと良いです。

2.防水・防塵・耐衝撃などの耐久性

こちらは法人スマホの端末選びで最重要事項と言えるポイントです。

法人スマホはプライベートよりも長時間の利用が増えます。
また、は破損・故障しやすくなります。

これらのことから、法人スマホでは耐久性の高い機種を選びましょう。

基準としては、以下の3つの耐久性を兼ね備えたスマホを選ぶと良いでしょう。

耐久性の3か条
  1. 防水性:水から守る性能
  2. 防塵性:小さなチリの侵入を防ぐ性能
  3. 耐衝撃性:衝撃に耐える性能

3.導入目的

法人スマホを導入する目的とスマホに備わる機能が一致しているかを確認しましょう。

あなたの会社にとっていらない機能が省かれている場合は、それだけ安く済む可能性があります。

例えば、会社の業務でカメラ機能を使用しないのであれば高画質・高品質な写真が撮れる機能は必要ありません。
その場合、「カメラの画質はそこまで綺麗ではないが、料金が安い」というスマホを選ぶことによって、コストを削減できます。

コスト削減のためには目的に合った機能を備えた機種を選ぶことも大切になってくるのです。

OPPO『R15 Neo』の特徴

ここからは、OPPO『R15 Neo』の特徴についてまとめていきます。

費用・コスト面

2019年現在の『R15 Neo』一台当りのコストは、以下の通りとなっています。

amazon
R15 Neo/メモリ3GB 18,300円(税込)
R15 Neo/メモリ4GB

27,360円(税込)

公式のOPPO JAPANがアマゾンで販売しているようです。
メモリ(RAM)3GBモデルと4GBモデルがあり、それぞれ上記の値段となっています。

安さを前面に出したスマートフォンという印象です。

特徴・機能性・耐久性・防水性

『R15 Neo』の性能や機能の特徴は以下の通りです。

製品名 R15 Neo
発売日 2018年9月7日
価格 3GBモデル:18,300円/4GBモデル:27,360円
OS ColorOS5.1(ベースはAndroid8.1)
メモリ 3GB/4GB
ストレージ容量 64GB
ディスプレイサイズ 6.2インチ
カメラ画素数(外) 1300万画素+200万画素デュアルカメラ
カメラ画素数(内) 800万画素
バッテリー容量 4,230mAh
・ダイヤモンドブルー
・ダイヤモンドピンク
重さ 約168g
耐久性 防塵・防水未対応

『ZenFone5/ZenFone5Z/ZenFone5Q』の特徴は、以下の通りです。

特徴まとめ
  1. バッテリーの持ちが良い
  2. とにかく安い
  3. 防塵・防水は未対応

『R15 Neo』の大きな特徴は、バッテリー持ちの良さと価格です。

バッテリーの持ちはかなり良く、業務で長時間の利用をする場合でも安心です。

OPPO『R15 Neo』の同梱品(付属品)まとめ

『R15 Neo』の付属品は、以下の通りです。

付属品
  1. 充電器(マイクロUSBケーブル+アダプタ)
  2. SIMピン
  3. クリアケース(スマホカバー)
  4. マニュアル
  5. 製品保証書

『R15 Neo』の付属品は上記の通りです。

クリアケース(スマホカバー)がついてくるというのは嬉しい仕様です。
法人用の場合、耐久性の面からフィルムとカバーはほぼ必須で、カバーは1台あたり1500円ほどかかりますからコスト削減につながります。

フィルムについては付属していませんが、画面割れ防止のために必ず装着するようにしましょう。

法人スマホとしてOPPO『R15 Neo』を使うメリット・デメリットとは?

法人スマホとして『R15 Neo』を使うメリット・デメリットをご紹介していきます。

OPPO『R15 Neo』を使うメリット

『R15 Neo』を導入するメリットとしては、主に2つあります。

メリット
  1. バッテリーの持ちが良い
  2. 値段が格安

特徴と言えるのはバッテリーの持ちと価格でしょう。
値段の割には処理速度は悪くなく、インターネットの利用などでしたらストレスなく使用できます。

また、バッテリーについてはかなり持ちが良く、使い方によっては余裕をもって1日中充電が持ちます。
「アプリの連続使用でも、16時間持つ」というレポートもあるくらいです。

OPPO『R15 Neo』を使うデメリット

『R15 Neo』を導入するデメリットとしては、主に3つあります。

デメリット
  1. 防塵・防水耐性がない
  2. おサイフケータイ未対応
  3. コネクターがmicroUSB

防塵・防水耐性がないというのは法人スマホにとっては致命的です。
外回りの社員に持たせるといった使い方をする場合には、防塵・防水耐性は最低限欲しい機能です。

オフィスでの使用をメインにする会社向けと言えるでしょう。

また、おサイフケータイ機能に対応していないため、ApplePayやGooglePayなどのような便利な決済サービスはしようできません。

そしてコネクターがmicroUSBという主流ではないものなので、使い回しが難しいです。

「付属のケーブルが断線した」
「出先で充電したい」
「他の人に充電器を借りたい」

といったケースの際はすぐに充電できず困ることになります。

ちなみに、他のAndroidスマホは主流のUSB-C、iPhoneはLightningケーブルを採用しています。

まとめ

ここまで、『R15 Neo』の特徴や法人スマホとしての導入メリット・デメリットについて解説してきました。
まとめとしては以下の通りです。

まとめ
  • 格安機種として考えるとコスパは良い
  • バッテリーの持ちが良い
  • 防塵・防水耐性は無し
  • おサイフケータイ非対応

R15 Neoはコスパを考えると優秀な機種ですが、耐性の面で法人スマホとして使用するには不安が残ります。

「水気のない室内のみで使用する」という場合であれば、導入を検討してみても良いでしょう。

土日休み.comでは、法人スマホとしておすすめの機種をまとめていたり、安くお得に契約するための裏技をご紹介しているので、法人スマホの導入を検討している方は下の関連記事をご覧ください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。