2018年NTT IP-PBX製品EP83Nの特徴とは?評判・レビュー・メリット・デメリットを紹介

この記事は、NTT IP-PBX製品EP83Nについてのレビュー記事です。実際にこのIP-PBX製品を導入する際のメリット・デメリットをご紹介していきます。

最新NTT IP-PBX製品EP83Nの特徴とは?

NTT IP-PBX製品EP83Nは、平成25年9月30日に販売を開始しました。また、EP83NはEP74Nと同機種で、その違いは処理できる回線の数など性能に差異があります。さらに大きな特徴としては、販売地域が限定されており、西日本エリアを対象となっています。

経費・コスト面

経費・コスト面では、EP74Nと変わっている点は特にありません。

IPセントレックスを利用することにより、支社などの複数の拠点を同時に管理でき、会社内の電話は内線という扱いでコミュニケーションを取ることで通信コストを大幅に削減することができます。また、NTTが公式で公開している導入費用例の4000万超えの導入費を考慮すると中規模から大規模の会社向けの製品です。

コスト面まとめ
  • 導入費が4000万円以上と中規模~大規模の会社向け
  • IPセントレックス環境を利用することによる経費削減

機能面

EP83Nの機能面でも、EP74Hと同様に、IPネットワークを利用することにより、本社以外の支社などの通信網も一括管理できます。また、別途でバックアップサーバーを搭載することで、全拠点のデータを管理することも可能です。

機能面まとめ
  • 本社・支店などの各拠点の通信を一括管理できる。
  • バックアップサーバーを利用することにより、データを失うリスクが大幅に減少する。

オプション機能

バックアップサーバーを利用する際は、別途で契約料、工事費、月額利用料などがかかります。

NTT IP-PBX製品EP83Nのメリット・デメリット・評判

NTT IP-PBX製品EP83Nを導入する際に役立つ、メリット・デメリットや評判を元にご紹介してきます。

NTT IP-PBX製品EP83Nの良い評判・メリット

NTTという大手企業のブランドがあるため信用と信頼はかなり高いです。そのため、非常に安心感は保証されます。また、IPセントレックス環境を整えることにより、経費削減ができる点や値段が公に公開されているため変に高額の請求を受けるという心配もありません。

メリット
  • NTTという大手企業なので信用と信頼がある。
  • IPセントレックス環境を利用することによる経費削減ができる。
  • 値段が公に公開されているため、余計な値段を請求される心配がない。
  • EP74Hよりもスペックが高いため、性能が良い。

NTT IP-PBX製品EP83Nの悪い評判・デメリット

デメリットとして挙げられるのが、機能面の乏しさとブランドがあるため信用と信頼はありますがその分値段設定が高めという印象を受けました。さらに、平成25年9月30日に販売されたため規格が比較的古く、販売エリアも限定されているというのが難点です。

デメリット
  • 費用面で小規模の会社には向いていない。
  • 機種が古い。
  • 機能面があまり充実していない。
  • 販売エリアが限定されている。

まとめ

NTTが平成25年9月30日に販売し始めたIP-PBX製品EP83Nは、ブランド力があるため信用と信頼は確かなものです。ただし、その分の値段設定が比較的大きめに設定されているように受け取れました。また、機能的な面も必要最低限のラインナップがされているのが現状です。その他にもコスト面などを総合的に見て判断した結果、『電話機では絶対に外したくない』という場合は検討してみても良いかもしれません。

比較記事

NTTのIP-PBX製品EP83N以外に他社の製品との比較記事も作りました。

PBX製品メーカー6つを徹底比較!一番利用しやすいメーカーはどれ?


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。