【2019年最新】法人スマホとして『HUAWEI nova lite 2』を使うメリット・デメリット・特徴をまとめてみた。

「HUAWEI nova lite 2って法人スマホとしてはどうなの?」
「おすすめの法人スマホを教えてほしい!」
「法人スマホの端末選びのコツとは?」

今回、この記事では、『HUAWEI nova lite 2』を法人スマホとして導入するメリット・デメリットについて解説しながら、法人スマホの端末選びで知っておくと得するポイントや判断基準などをご紹介していきたいと思います。

法人スマホの機種を選ぶ際に重視すべきポイントとは?

法人スマホの機種選びで重要なポイントは、主に2つあります。

法人スマホ導入による注意事項
  1. 「どこで契約するのがベストなのか?」
  2. 「どの端末を選ぶのがベストなのか?」

1つ目は、法人スマホの契約先です。

当然、スマホ単体では通話をしたり、Wi-Fiがない環境でのインターネットを使う機能は全て使えません。一般的には、大手キャリアやサービス会社(MVNO)と契約し、4GやLTEといった通信環境を整えます。

しかし、この契約先次第で月の維持費は大きく変わってくるのが実情です。ちなみに、大手キャリア(docomo/SoftBank/au)と直接契約すると1台あたり約7,000円/月くらいになり、割高なのでおすすめしません。

ある方法で契約すれば月の維持費を80%カットできてしまう裏技があるので、法人スマホの導入を検討している方は下の記事も読んでおくことをおすすめします。

【2019年人気順比較】法人スマホを最も安く契約できるのはどこ?おすすめ11社をランキング別で徹底解説!

2019年3月13日

2つ目は、端末選びです。

端末選びでは、主に3つのポイントを意識して選ぶようにしましょう。

機種選びで重用な3つのポイント
  1. コスト・費用面
  2. 防水・防塵・衝撃などの耐久性
  3. 導入目的

1.コスト・費用面

1台あたりのスマホの導入コストは端末を選ぶ際にとても重要なポイントです。

また、法人スマホを一度購入したら、それで終わりではないということも念頭にいれておきましょう。法人スマホの紛失、故障などが起きた場合も基本的には会社負担になるため、替えが効きやすいような価格帯のスマホの導入をおすすめします。

目安としては、1台あたり2~5万円を目安にすると良いかもしれません。

2.防水・防塵・衝撃などの耐久性

会社の業務として法人スマホを導入する場合、長時間利用や乱暴に扱われることも十分考えられるため、法人スマホはプライベートのスマホ以上に壊れやすいです。

以上のことを踏まえ、法人スマホ選びではスマホの耐久性も重視すべき大きなポイントです。

最低でも以下の3つの性能は兼ね備えたものを選ぶようにしましょう。

耐久性の3か条
  1. 防水性:水から守る性能
  2. 防塵性:小さなチリの侵入を防ぐ性能
  3. 衝撃性:衝撃に耐える性能

3.導入目的

基本的に、会社の業務に必要な機能以外はいりません。

例えば、会社で写真の撮影機能をほとんど使わないにも関わらず、画質重視のスマホを導入しても効果はないのはわかっていただけると思います。

【Android端末】『HUAWEI nova lite 2』の特徴とは?

『HUAWEI nova lite 2』は、2018年02月09日に日本で販売されたモデルです。2019年現在では、『HUAWEI nova lite 2』の後継品である『HUAWEI nova lite 3』が販売されているため、あえて『HUAWEI nova lite 2』を選ぶ必要はないかもしれません。

費用・コスト面

『HUAWEI nova lite 2』の1台あたりの価格は以下の通りです。

amazon
HUAWEI nova lite 2(ブラック)
約16,000円(税込)
HUAWEI nova lite 2(ゴールド)
約16,000円(税込)
HUAWEI nova lite 2(ブルー)
約16,000円(税込)

 

特徴・機能性・耐久性・防水性

『HUAWEI nova lite 2』の特徴としては、以下の通りです。

製品名 HUAWEI nova lite 2
発売日 2018年2月9日
価格 約16,000円(定価:22,800)
OS Android 8.0
メモリ 3GB
ストレージ容量 32GB
ディスプレイサイズ 65インチ
カメラ画素数(外) 1,300万画素+200万画素(デュアルカメラ)
カメラ画素数(内) 800万画素
バッテリー容量 3,000mAh
・ブラック
・ゴールド

・ブルー
重さ 143g
耐久性 防水:✕
防塵:✕

他のスマホ端末と比べて、『HUAWEI nova lite 2』の大きな特徴としては以下の通りです。

HUAWEI nova lite 2 特徴まとめ
  • 価格の割に全体的な性能が高い。
  • バッテリー容量が比較的多い。(平均より約400mAh多い)
  • OSはAndroid 8.0
  • 耐久性が低い。

ただし、2019年現在『HUAWEI nova lite 2』の進化モデルである『HUAWEI nova lite 3』が販売されており、『HUAWEI nova lite 3』もまたコスパが異常に高いので、あえて『HUAWEI nova lite 2』を使うメリットは薄いです。

『HUAWEI nova lite 2』の同梱品(付属品)まとめ

続いて、『HUAWEI nova lite 2』の付属品についてまとめていきましょう。

『HUAWEI nova lite 2』には、7つの付属品がセットで付いてきます。

付属品は7つ!
  1. 取扱説明書
  2. 保証書
  3. 保護ケース
  4. SIM取替用PIN
  5. 充電ケーブル(USB↔Micro USB)
  6. イヤフォン
  7. 電源アダプタ(5V2A)

ほとんど一般的なスマホの付属品とかわらないですが、HUAWEI独特の嬉しい付属品としては、スマホ本体の保護ケース(カバー)です。別途購入すると平気で3000円くらいかかってしまいますが、HUAWEIの場合は付属品としてついているので、安心です。

法人スマホとして『HUAWEI nova lite 2』を使うメリット・デメリットとは?

ここからは、『HUAWEI nova lite 2』を法人スマホとして導入するメリット・デメリットをご紹介していきます。

『HUAWEI nova lite 2』を使うメリット

『HUAWEI nova lite 2』を導入するメリットとしては、主に2つあります。

メリット
  1. 新モデル登場によって価格が下がっている。
  2. 全体的な処理性能が高い。

『HUAWEI nova lite 3』の新モデルの登場によって『HUAWEI nova lite 2』が型落ちしているため、「コスト一番でスマホを手に入れたい!」という場合には良いかもしれません。

また、型落ちしているとは言えども、全体的な処理性能はコストの割に高いため、アプリも問題なく利用できるかと思います。

『HUAWEI nova lite 2』を使うデメリット

『HUAWEI nova lite 2』を導入するデメリットとしては、主に1つあります。

デメリット
  1. 耐久性が低い。(防水・防塵性能:✕)

『HUAWEI nova lite 2』は耐久性という面では非常にデメリットの大きい端末です。

防水性能や防塵性能がなく、法人スマホとして利用するには向いていません。

まとめ

ここまで、『HUAWEI nova lite 2』の特徴や法人スマホとしての導入メリット・デメリットについて解説してきましたが、まとめとしては以下の通りです。

『HUAWEI nova lite 2』のまとめ
  • 型落ちしていることもあり、かなり安い。
  • 耐久性が低い。(防水・防塵性能:✕)

法人スマホとして『HUAWEI nova lite 2』を導入することを考えると、耐久性という面でのデメリットが大きいというのが正直なところです。処理性能自体はとてもコスパが高い端末ではありますが、後継品である『HUAWEI nova lite 3』の方がコスパが高いです。

結論としては、今から『HUAWEI nova lite 2』を使うのであれば、『HUAWEI nova lite 3』を選ぶことをおすすめします。

土日休み.comでは、法人スマホとしておすすめの機種をまとめていたり、安くお得に契約するための裏技をご紹介しているので、法人スマホの導入を検討している方は下の関連記事をご覧ください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。