【2020年最新】OCNモバイルの法人用格安SIM(ONE for Business)を使うメリット・デメリット・評判をまとめてみた

「法人スマホをできるだけ安く導入したい!」
「法人用格安SIMの選び方が知りたい!」
「OCNモバイルは法人用格安SIMの中ではどう?」

法人スマホ業界は閉鎖的で情報が少ないため、このような情報はなかなか出てきませんよね。

そこで今回は、あなたの会社に合う法人スマホの選び方を紹介するとともに、OCNモバイルの法人用格安SIMについてレビューしていきます。

「そもそもMVNOって何?」
「三大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)との違いは?」
という方は先にこちらの記事を先にお読みください。

MVNOと三大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の違いを徹底解説!法人契約するならどちらが良い?

2019年3月13日

あなたの会社に適した法人用格安SIMの選び方とは?

まずは法人スマホの選び方について、簡潔に解説していきます。
法人スマホを導入する際のポイントは以下の2点です。

法人スマホ選びの重要ポイント
  1. どこの携帯会社と契約をするのか?
  2. どの端末を導入するのか?

ここでは①番の「どこの携帯会社と契約をするのか?」について詳しくお話していきます。

携帯会社を選ぶ際のポイントは以下の3つです。

携帯会社を選ぶ際のポイント
  1. コスト・費用面
  2. 通信の質・機能面
  3. サポート面

①コスト・費用面

法人スマホは1台だけでなく、複数台を一度に導入することも少なくありません。
そうなると1台ごとの料金の差も2台3台と増えるごとに倍々になって増えていってしまいます。

特に月額費用の面は顕著で、1台あたり月額500円の違いがあったとして、10台契約をすると年間で60,000円もの差が出ます。これがさらに100台となると600,000円もの差になってくるのです。

この数字を見ただけでも月額費用をできるだけ安く抑える必要性は理解していただけると思います。

②通信の質・機能面

格安SIMは三大キャリアよりも料金が安いことが売りですが、通信の質という面では三大キャリアに軍配があがります。

具体的には「大きい容量のデータをダウンロードするのに時間がかかる」「アプリで通信を行うと重い」「特定の時間帯で繋がりづらくなった」といったことが起こる可能性があります。

「データ通信を行うアプリをよく使う」
「インターネットでの調べ物をよくする」
「データのやり取りが遅れる時間帯があると業務に支障が出る」

大手キャリア会社の方がやはり通信強度が高いのが現状です。

ただし、大手キャリアだと料金が高くなるというデメリットもあるため、どちらを取るかで悩んでいる人も多いと思います。

しかし、あるコツを使うだけで大手キャリアの高品質な通信環境でも月額3,000円前後で契約できる方法があります。詳しい方法に関しては別記事で解説しているのでそちらをご覧ください。

▼格安で大手キャリアと契約する方法

【2020年人気順比較】法人スマホを最も安く契約できるのはどこ?おすすめ11社をランキング別で徹底解説!

2019年3月13日

③サポート面

格安SIM会社の場合はサポートの質も三大キャリアより劣ります。

三大キャリアは自社で回線を持っており、サポート暦も長いため対応が迅速で滞りなくサポートをしてもらえます。また、何かあった際も全国にショップがあるので安心です。

格安SIM会社の場合は料金が安い分、サポート対応の人数が少なかったり、サポート内容が充実していなかったりということがあります。

自社に必要なサポートが受けられるかどうかは、事前に確認しておきましょう。

OCNモバイル法人用格安SIMの料金プランは?

ここからは、『OCNモバイル』の料金プランについてです。

OCNモバイルはドコモの大元の会社であるNTTコミュニケーションズの展開する、ドコモ回線を利用している格安SIM会社です。ドコモとの繋がりはそこまで強くないようで、あくまでも別のサービスとなっています。しかし、大元の会社がNTTということもあり、信頼度は高いと言えるでしょう。

OCNモバイルの料金は以下で決定します。

料金一覧
  1. データ通信料:1GB/3GB/7GB
  2. 通話料金:別途発生
  3. 事務手数料(初期費用):3,000円(税別)が発生
  4. 端末代(一括のみ・任意で購入):別途発生(SIMのみも可能)

※全て税別表記

①データ通信量

OCNモバイルでは3種類の容量プランから選択することができます。

通信容量 データ通信専用SIM
(月額)
SMS対応SIM
(月額)
音声対応SIM
(月額)
1GB 680円
3GB 680円 800円 1,280円
6GB 1,180円 1,300円 1,780円
10GB 2,080円 2,200円 2,680円
20GB 3,600円 3,720円 4,200円
30GB 5,180円 5,300円 5,780円

※税別表示

1台あたりのシェアパックとなっており、契約した合計容量分に関しては契約端末同士でシェアできるようになっています。

②通話料金

通話に対応した音声対応SIMで通話をすると、30秒毎に20円(税別)が通話料として発生します。

ただし、OCNでんわアプリという専用のアプリ経由で電話をかけることで、30秒毎に10円という半額の価格で通話できるようになります。

オプション 内容 料金(月額)
10分かけ放題 10分以内の国内通話が無料
(回数制限なし)
850円
トップ3かけ放題 月の上位3番号分の通話料が無料 850円
かけ放題ダブル 10分かけ放題

トップ3かけ放題
1,300円

※税別表示

かけ放題のオプションに関しては、正直微妙です。

最近のサービスであれば、月額1,000円払えば完全かけ放題になるのでかけ放題単体の評価は低いです。

③事務手数料(初期費用)

契約時に1回線ごとに事務手数料が3,000円(税別)が発生します。

加えて、SIMカード手配料がSIM1つに付き394円(税別)が発生します。

こちらはどこの携帯会社でも同じくらいの金額がかかるので相場相応といった感じですが、SIMカード手配料という新手の手数料が出てきたので、結論としては割高です。

④端末代

端末に関しては購入する端末によって料金が異なります。

お得に利用するなら、予めSIMフリーの端末を購入しておき、SIMのみの契約で利用すると安く済みます。

OCNモバイル法人用格安SIMのオプションは?

ここからはオプションについてチェックしていきます。

OCNモバイルのオプションは大きく分けると以下の通りです。

オプション概要
  1. 電話・通話に関するオプション
  2. 端末の保証に関するオプション
  3. セキュリティ・その他のオプション

では、一つ一つみていきましょう。
料金はすべて税込表示です。

電話・通話に関するオプション

電話・通話に関するオプションは以下の通りです。

オプション 料金(月額)
①10分間かけ放題 800円
②トップ3かけ放題 800円
③かけ放題ダブル 1,300円
④050 plus 150円

※税別表記

①~③に関しては、上で解説した通りです。内容としては、正直微妙です。

050 plusはプラン名の通り、050番号から発信できるようになります。意外と知らない人も多いですが、050という番号は事業用の電話番号として使われることが多いです。

端末の保証に関するオプション

オプション 料金
あんしん保証 540円/月

※料金はすべて税込表示に直してあります。

端末保証が540円/月で利用できます。

こちらは、端末が故障した際に50,000円を上限に保証してもらえるというものです。
なお、水漏れや落下による画面割れにも対応しています。

セキュリティ・その他のオプション

オプション 料金
マイセキュア 270円/月
マイポケット 324円/1ID/月
OCNプレミアムサポート
forスマートフォン
424円/月
あんしんモバイルパック 691円

※料金はすべて税込表示に直してあります。

まず、セキュリティのオプションとして「マイセキュア」というものがあります。
こちらはウイルスチェックやマルウェアの対策を行ってくれるソフトのようです。

また、1ID(1契約)につき128GBのクラウド容量ストレージ「マイポケット」と、いつでも電話で専属オペレーターがサポートしてくれるようになる「OCNプレミアムサポートforスマートフォン」が「マイセキュア」とセットになった、「あんしんモバイルパック」を利用することができます。

OCNモバイル法人用格安SIMの評判・メリット・デメリットは?

ここからはOCNモバイルの法人用格安SIMを使うメリット・デメリットをご紹介します。

OCNモバイル法人用格安SIMを使うメリット

OCNモバイルの法人用格安SIMを使うメリットは1つです。

メリットまとめ
  1. 大元がNTTなので信頼度が高い

やはりNTTというブランドは信頼度が高いです。

OCNモバイル法人用格安SIMを使うデメリット

OCNモバイルの法人用格安SIMを使うデメリットは3つです。

デメリットまとめ
  1. かけ放題プランの時間が無制限ではない
  2. 他の格安SIMと比べて全体的に料金が割高

通話をメインで使用する場合はかけ放題プランは必須です。
その場合は時間無制限の通話し放題プランをつけることが望ましいですが、OCNモバイルには10分間のかけ放題プランしかありません。かけ放題ダブルですとかけ放題プランとしては割高になってしまいます。

とはいえ、格安SIMの場合は通話し放題に時間の制限があることが多いですので、仕方ないことではあります。

まとめ

ここまで『OCNモバイル』の特徴やメリット・デメリットについて解説してきましたが、まとめとしては以下の通りです。

まとめ
  1. 信頼度は高い
  2. 他の格安SIMより料金が割高
  3. 通話し放題プランがすごく微妙

OCNモバイルで法人スマホ用のSIMを契約するメリットは今の所あまりないというのが正直なところです。
今後、魅力的なプランが出るかもしれないので、情報は更新し続けたいと思います。

ちなみに、土日休み.comでも格安で法人用スマホを販売しています。

土日休み.com法人スマホの特徴
  1. データ1GB+時間無制限の通話かけ放題が月額1,980円
  2. 格安端末ではなく、iPhoneやAQUOSなどの有名機種の取扱可能
  3. iPhoneでも2,480円~利用可能(機種はiPhone8・XS・XRも選択可能)
  4. 50GBの大容量プランでもかけ放題付きで4,480円
  5. 大手キャリア ソフトバンクの高品質な通信とサポート

詳しくはこちらをご覧ください。

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

また、土日休み.comでは法人スマホとしておすすめの機種をまとめていたり、安くお得に契約するための裏技をご紹介しているので、法人スマホの導入を検討している方は下の関連記事をご覧ください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月のビジネスフォンの維持費、
知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。