すべてコミコミで1,980円~利用可能な管理人イチ押しの法人スマホはこちら!

【2020年最新】インターリンクの法人用格安SIMを使うメリット・デメリット・評判をまとめてみた

ad_adk

こんにちは、土日休み.com運営部です。

「法人スマホをできるだけ安く導入したい!」
「法人用格安SIMの選び方が知りたい!」
「インターリンクは法人用格安SIMの中ではどう?」

法人スマホ業界は閉鎖的で情報が少ないため、このような情報はなかなか出てきませんよね。

そこで今回は、あなたの会社に合う法人スマホの選び方を紹介するとともに、インターリンクの法人用格安SIMについてレビューしていきます。

あなたの会社に適した法人用格安SIMの選び方とは?

まずは法人スマホの選び方について解説をしていきます。
「どうでもいい」「既に知っている」と言う方は読み飛ばしてください。

法人スマホ選びの重要ポイント
  1. どこの携帯会社と契約をするのか?
  2. どの端末を導入するのか?

②版についてはこちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

この記事では①番の「どこの携帯会社と契約をするのか?」について詳しくお話していきます。

携帯会社を選ぶ際のポイントは以下の3点です。

携帯会社を選ぶ際のポイント
  1. コスト・費用面
  2. 通信の質・機能面
  3. サポート面

1.コスト・費用面

法人スマホはすべての費用が会社持ちです。
どの会社も経費はできるだけ削減したいものですよね。

コスト面でのポイントは月額費用をできるだけ抑えるという点です。

1台ごとの料金の差は小さくても2台3台と増えるごとに料金の差も倍々で増えていきます。

特に月額費用の面は顕著で、1台あたり月額500円の違いがあったとして、10台契約をすると年間で60,000円もの差が出ます。これがさらに100台となると600,000円もの差になってくるのです。

2.通信の質・機能面

格安SIMは三大キャリアよりも料金が安いことが売りですが、通信の質では三大キャリアに劣るというデメリットもあります。

具体的には「大きい容量のデータをダウンロードするのに時間がかかる」「アプリで通信を行うと重い」「特定の時間帯で繋がりづらくなった」といったことが起こる可能性があります。

「データ通信を行うアプリをよく使う」
「インターネットでの調べ物をよくする」
「データのやり取りが遅れる時間帯があると業務に支障が出る」

このようなケースの場合は格安SIMよりも三大キャリアと契約をした方が良いと言えるでしょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

3.サポート面

格安SIM会社の場合はサポートの質も三大キャリアよりやや弱くなってしまいます。
格安SIM会社の場合は料金が安い分、サポート対応の人数が少なかったり、サポート内容が充実していなかったりということがあるためです。

自社に必要なサポートが受けられるかどうかは、事前に確認しておきましょう。

インターリンク法人用格安SIMの料金プランは?

ここからは、『インターリンク』の料金プランについてです。

その前にざっとインターリンクについて紹介します。

インターリンクはドコモ回線を利用した格安SIM会社です。
特徴はSIM一つ一つにグローバル固定IPアドレスが付いていると言う点です。

固定IPアドレスとは?

機器をインターネットに繋げる際、プロバイダーから番号を割り振られています。
それがIPアドレスと呼ばれるものです。

通常のIPアドレスは接続するたびに番号が変わりますが、それが固定されているのが固定IPアドレスです。

IPアドレスが固定されていると接続した人が特定されるので、特定のサイトに入れるようにする等、会社のセキュリティ向上に役立ちます。

インターリンクの料金は以下で決定します。

料金一覧

月額料金:データ料金(+SMS送信料)+オプション料金

その他料金:事務手数料(初期費用)

まず、契約時に1回線ごとに事務手数料が3,000円(税別)かかります。
事務手数料に関しては、キャンペーンでキャッシュバックにしているところもありますが、どこの携帯会社でも大体3,000円が相場です。

次に、データプランについて見ていきます。

インターリンクでは、データSIMのみとなっています。
「データSIM」「音声通話SIM」など、SIMの種類について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

プランデータSIMデータSIM+SMS
128kpsで使い放題1,000円1,140円
1GB1,350円1,490円
3GB1,600円1,740円
7GB2,350円2,490円
10GB2,900円3,040円
30GB6,800円6,940円

※料金はすべて税別表示です。

なお速度制限となった場合の通信速度は200kpbsです。
こちらの通信速度でできることについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

インターリンク法人用格安SIMのオプションは?

ここからはオプション・その他の料金についてチェックしていきます。

インターリンクのオプションは以下の通りです。

オプション・クーポン費用
SMSオプション140円/月額
24時間速度制限解除クーポン500円/枚
データ繰り越し無料

※税別表示

SMSオプション

SMSの送受信ができるようになるオプションサービスです。

このオプションを付けることで、WEBサービスなどで最近採用されている2段階認証時のパスコードの受け取りなどを行うことができます。

最近ではLINEなどのコミュニケーションアプリなどが発達しているため、SMSを使ったメッセージのやり取りはほとんどないと思いますが、意外と使うタイミングのある機能なので付けておくことをおすすめします。

24時間速度解除クーポン

24時間だけ速度制限を解除してくれるクーポンです。

速度制限にかかってしまった緊急事態のときにこのクーポンを利用します。

データ繰り越し

月単位で余ったデータ容量を翌月に繰り越せるサービスです。

機能としては非常に便利なオプションですし、
料金は一切かからないので、付けておくことをおすすめします。

インターリンク法人用格安SIMの評判・メリット・デメリットは?

ここからはインターリンクの法人用格安SIMを使うメリット・デメリットをご紹介します。

インターリンク法人用格安SIMを使うメリット

インターリンクの法人用格安SIMを使うメリットは3つです。

メリットまとめ
  1. 固定IPアドレスを考慮すると安い
  2. 余ったデータ量は翌月に繰り越ししてくれる
  3. 契約縛りが1ヶ月と短い。違約金も無し

インターリンクは固定IPアドレスが付いてくることが利点であり、特徴でもあります。

他の会社の場合はオプションで用意されていることもありますが、割高になってしまう中、インターリンクであれば安く固定IPアドレスを取得することができます。

なお、契約縛りの期間中に解約をした場合も解約金はなく、初期費用と月額利用料のみです。

インターリンク法人用格安SIMを使うデメリット

NifMoの法人用格安SIMを使うデメリットは2つです。

サービスの特徴を考えると当然ですが、「固定IPアドレスはいらない」という場合には割高になるため、インターリンクでの契約はオススメしません。

また、直近3日ごとに通信容量の制限があります。
直近3日、つまりおととい、昨日、今日でデータ通信量が1GBを超えると速度制限となります。

継続的に3日で1GB以上使うというような用途を考えている場合は注意が必要です。

まとめ

ここまで『インターリンク』の特徴やメリット・デメリットについて解説してきましたが、まとめとしては以下の通りです。

まとめ
  • グローバル固定IPアドレスが付いてくるのが特徴
  • 契約縛りは1ヶ月。違約金もなし

「固定IPアドレスを使う」という場合にはオススメの格安SIMとなっています。
逆に、特に固定IPアドレスの用途がない場合は他の格安SIMもチェックすることをオススメします。

ちなみに、土日休み.comでも格安で法人用スマホを販売しています。

土日休み.comの法人スマホサービス 特徴
  • データ1GB+時間無制限の通話かけ放題がが月額1,980円
  • 格安端末ではなく、iPhoneやAQUOSなどの有名機種の取扱可能
  • iPhoneでも2,480円~利用可能(機種はiPhone8・XS・XRも選択可能)
  • 50GBの大容量プランでもかけ放題つきで4,480円
  • ソフトバンクの高品質な通信とサポートを受けられる

業界最安値を目指した法人スマホサービスは、こちら
[kanren_page postid=”3769″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。