【2019年最新】インターリンクの法人用格安SIMを使うメリット・デメリット・評判をまとめてみた

「法人スマホをできるだけ安く導入したい!」
「法人用格安SIMの選び方が知りたい!」
「インターリンクは法人用格安SIMの中ではどう?」

法人スマホ業界は閉鎖的で情報が少ないため、このような情報はなかなか出てきませんよね。

そこで今回は、あなたの会社に合う法人スマホの選び方を紹介するとともに、インターリンクの法人用格安SIMについてレビューしていきます。

「そもそもMVNOって何?」
「三大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)との違いは?」
という方は先にこちらの記事を先にお読みください。

MVNOと三大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の違いを徹底解説!法人契約するならどちらが良い?

2019年3月13日

あなたの会社に適した法人用格安SIMの選び方とは?

まずは法人スマホの選び方について解説をしていきます。
「どうでもいい」「既に知っている」と言う方は読み飛ばしてください。

法人スマホ選びの重要ポイント
  1. どこの携帯会社と契約をするのか?
  2. どの端末を導入するのか?

②版についてはこちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

【2019年人気順】法人スマホにおすすめの機種23選!端末を選ぶポイントとは?

2019年4月21日

この記事では①番の「どこの携帯会社と契約をするのか?」について詳しくお話していきます。

携帯会社を選ぶ際のポイントは以下の3点です。

携帯会社を選ぶ際のポイント
  1. コスト・費用面
  2. 通信の質・機能面
  3. サポート面

1.コスト・費用面

法人スマホはすべての費用が会社持ちです。
どの会社も経費はできるだけ削減したいものですよね。

コスト面でのポイントは月額費用をできるだけ抑えるという点です。

1台ごとの料金の差は小さくても2台3台と増えるごとに料金の差も倍々で増えていきます。

特に月額費用の面は顕著で、1台あたり月額500円の違いがあったとして、10台契約をすると年間で60,000円もの差が出ます。これがさらに100台となると600,000円もの差になってくるのです。

2.通信の質・機能面

格安SIMは三大キャリアよりも料金が安いことが売りですが、通信の質では三大キャリアに劣るというデメリットもあります。

具体的には「大きい容量のデータをダウンロードするのに時間がかかる」「アプリで通信を行うと重い」「特定の時間帯で繋がりづらくなった」といったことが起こる可能性があります。

「データ通信を行うアプリをよく使う」
「インターネットでの調べ物をよくする」
「データのやり取りが遅れる時間帯があると業務に支障が出る」

このようなケースの場合は格安SIMよりも三大キャリアと契約をした方が良いと言えるでしょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【格安法人スマホ】MVNOとは?メリットやデメリットまで分かりやすく解説!

2019年3月9日

3.サポート面

格安SIM会社の場合はサポートの質も三大キャリアよりやや弱くなってしまいます。
格安SIM会社の場合は料金が安い分、サポート対応の人数が少なかったり、サポート内容が充実していなかったりということがあるためです。

自社に必要なサポートが受けられるかどうかは、事前に確認しておきましょう。

インターリンク法人用格安SIMの料金プランは?

ここからは、『インターリンク』の料金プランについてです。

その前にざっとインターリンクについて紹介します。

インターリンクはドコモ回線を利用した格安SIM会社です。
特徴はSIM一つ一つにグローバル固定IPアドレスが付いていると言う点です。

固定IPアドレスとは?

機器をインターネットに繋げる際、プロバイダーから番号を割り振られています。
それがIPアドレスと呼ばれるものです。

通常のIPアドレスは接続するたびに番号が変わりますが、それが固定されているのが固定IPアドレスです。

IPアドレスが固定されていると接続した人が特定されるので、特定のサイトに入れるようにする等、会社のセキュリティ向上に役立ちます。

インターリンクの料金は以下で決定します。

料金一覧

月額料金:データ料金(+SMS送信料)+オプション料金

その他料金:事務手数料(初期費用)

まず、契約時に1回線ごとに事務手数料が3,240円かかります。
こちらはどこの携帯会社でも同じくらいの金額がかかります。

次に、データプランについて見ていきます。

インターリンクでは、データSIMのみとなっています。
「データSIM」「音声通話SIM」など、SIMの種類について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

データSIMと音声通話SIMの違いは?格安法人スマホを契約する際の選び方を徹底解説!

2019年2月13日

なお、ここでは法人スマホ/タブレットでの使用を想定したプランのみ解説していきます。

プラン データSIM データSIM+SMS
128kpsで使い放題 1,080円 1,231円
1GB 1,458円 1,609円
3GB 1,728円 1,879円
7GB 2,538円 2,689円
10GB 3,132円 3,283円
30GB 7,344円 7,495円

※料金はすべて税込表示です。

なお速度制限となった場合の通信速度は200kpbsです。
こちらの通信速度でできることについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【何ができる?】法人スマホで業務に必要な通信速度はどのくらい?速度別にできることを解説!

2019年2月27日

インターリンク法人用格安SIMのオプションは?

ここからはオプション・その他の料金についてチェックしていきます。

インターリンクのオプションは以下の通りです。
料金はすべて税込表示です。

オプション 料金
24時間速度制限解除クーポン 540円/1枚

 

インターリンク法人用格安SIMの評判・メリット・デメリットは?

ここからはインターリンクの法人用格安SIMを使うメリット・デメリットをご紹介します。

インターリンク法人用格安SIMを使うメリット

インターリンクの法人用格安SIMを使うメリットは3つです。

メリットまとめ
  • 固定IPアドレスを考慮すると安い
  • 余ったデータ量は翌月に繰り越ししてくれる
  • 契約縛りが1ヶ月と短い。違約金も無し

インターリンクは固定IPアドレスが付いてくることが利点であり、特徴でもあります。

他の会社の場合はオプションで用意されていることもありますが、割高になってしまう中、インターリンクであれば安く固定IPアドレスを取得することができます。

なお、契約縛りの期間中に解約をした場合も解約金はなく、初期費用と月額利用料のみです。

インターリンク法人用格安SIMを使うデメリット

NifMoの法人用格安SIMを使うデメリットは2つです。

サービスの特徴を考えると当然ですが、「固定IPアドレスはいらない」という場合には割高になるため、インターリンクでの契約はオススメしません。

また、直近3日ごとに通信容量の制限があります。
直近3日、つまりおととい、昨日、今日でデータ通信量が1GBを超えると速度制限となります。

継続的に3日で1GB以上使うというような用途を考えている場合は注意が必要です。

まとめ

ここまで『インターリンク』の特徴やメリット・デメリットについて解説してきましたが、まとめとしては以下の通りです。

まとめ
  • グローバル固定IPアドレスが付いてくるのが特徴
  • 契約縛りは1ヶ月。違約金もなし

「固定IPアドレスを使う」という場合にはオススメの格安SIMとなっています。
逆に、特に固定IPアドレスの用途がない場合は他の格安SIMもチェックすることをオススメします。

ちなみに、土日休み.comでも格安で法人用スマホを販売しています。

土日休み.com法人スマホの特徴
  • データ2GB +時間無制限の通話かけ放題がつき、機種代込みで月額1,404円(税込)
  • 機種も聞いたことのない格安スマホではなく有名機種のAQUOSとDIGNO
  • iPhoneも機種代込みで38,00円~利用可能(機種はiPhone8・XS・XRを用意)
  • 20GBの大容量プランでもかけ放題つき機種代込みで2,650円
  • ソフトバンクの高品質な通信とサポートを受けられる

詳しくはこちらをご覧ください。

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

また、土日休み.comでは法人スマホとしておすすめの機種をまとめていたり、安くお得に契約するための裏技をご紹介しているので、法人スマホの導入を検討している方は下の関連記事をご覧ください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。