【2020年最新】MOTのIP-PBX(ビジネスフォン)の評判・メリット・デメリットをレビューしてみた。

この記事ではIP-PBX(ビジネスフォン)の人気メーカーである『MOT』について、レビューしていきたいと思います。

その前に、ビジネスフォンについての基礎知識や『MOT』以外のビジネスフォン人気メーカーについてはこちらの記事でまとめていますので、「PBXとビジネスフォンの違いが分からない」「どうやって適切なビジネスフォンを選べば良いか知りたい」「いろいろなメーカーを比較して決めたい」という方はぜひご覧ください。

【2020年最新版】ビジネスフォンのおすすめ人気メーカーランキング!相場価格も徹底比較!

2019年8月5日

MOTのIP-PBX(ビジネスフォン)はどう?メーカーの特徴・評判・口コミは?

ここからはMOTのビジネスフォンについて解説していきます。

MOTビジネスフォンの特徴

MOTは株式会社オフィス24が販売を行なっているIP-PBXのシリーズです。オフィス24は名前の通り、オフィス製品などに関する事業を行なっている会社です。

「NTT」や「サクサ」などと比べると知名度はやや劣りますが、実はIP-PBXの国内導入実績はNO.1となっています。

そんなMOTのビジネスフォンの特徴は以下の通りです。

特徴
  • IP-PBXが業界最安値レベルの安さで使用できる
  • 固定電話が不要(必要な場合は接続も可能)
  • スマホやPCとの連動で業務効率UP
  • 転送機能が標準搭載されており無料で使用可能
  • 増設がネット上でできるため非常に簡単
  • アップデートは自動で行われ無料

MOTの大きな特徴は高機能なIP-PBXを破格の値段で導入できるということです。

スマホとの連動によってどこにいても無料の内線通話や会社番号での発信を行うことができます。また、通常はオプションであることが多い転送機能が標準搭載されており、転送料金も無料です。そのほか、便利な機能が多数あります。

機能まとめ
  • ソフトフォン機能
  • USBフォン機能
  • 内外線通話機能
  • パーク保留機能
  • 保留・転送機能
  • 発信番号・鳴動音切り替え機能
  • 電話帳機能
  • Wi-Fi・3G・LTE対応
  • 社内グループチャット機能

オプション機能では、社内の名刺を管理する名刺管理機能や社内でデータを共有するためのcloud機能が月額¥1,000、お客様との通話を自動で録音する自動通話録音機能が月額¥3,000で利用できます。

オプション機能まとめ
  • 名刺管理機能・cloud機能(¥1,000/月でオプション可)
  • 全通話録音機能(¥3,000/月でオプション可)
  • ペーパーレスFAX機能(¥1,000/月でオプション可)

オプションであるMOT/cloudについてこちらでまとめていますのでご覧ください。

MOTのIP-PBXで使える『MOT/cloud(モットクラウド)』の特徴とは?評判・メリット・デメリットをレビューしてみた。

2018年7月7日

また、従来のビジネスフォンのように増設やアップデートの度に工事を行う必要がありません。全てインターネット上で完結させることができます。

さらに、これだけの機能を備えて月額4,600円〜と、業界最安レベルの価格で導入することができるのです。

当社で扱っているビジネスフォンの中でもかなり機能性とコスパに優れた部類に入るため、おすすめすることが多くなっているビジネスフォンメーカーとなっています。

MOTのビジネスフォンの評判・口コミ

MOTのビジネスフォンを導入した会社様の口コミを土日休み.comで調査したところ、以下のような口コミをいただきました。

良い口コミ

「外にいても内線が使えるため、通話料金が40%ほど削減された」
「かなり便利ですよ。この機能でこの価格というのは、今までの常識が破られました」
「海外出張での通話料金が月額10万円も削減できた」

悪い口コミ

「アプリの不具合がいくつかある」

「MOTのPBXを導入したことで、月の維持費が50%以上安くなった」という会社様も多数いるほど、MOTはコストの削減に優れているようです。

また、機能性については高評価の声が多数でした。使い勝手についても「端末が固定電話からスマートフォンになったことで使いこなせるか心配だったけど、直感的に同じように使えた」という声もありました。

悪い口コミとしては、「アプリの方で不具合がある」ということを2件ほどいただきました。ただし「不具合については、前にあった時もすぐにアップデートされて治った」らしいので、そのような対応をしてもらえるのであれば特に問題はなさそうです。

もちろんですが、基本的な機能については他に不具合があったとしても問題なく使えます。

MOTのIP-PBX(ビジネスフォン)を導入するメリット・デメリット

ここからは、MOTのIP-PBX製品を導入するメリット・デメリットをまとめていきます。

MOTのIP-PBX(ビジネスフォン)を導入するメリット

MOTのIP-PBX製品を導入するメリットは主に3つです。

1つ目は、ビジネスフォン業界の中でもトップレベルにコストパフォーマンスに優れているという点です。

MOTは機能的にはNTTやNECなどの高機能・高価格ビジネスフォンに並びながらも、業界最安レベルのコストで使用することができるため、コスパについては抜群です。

従来の IP-PBXは業務効率向上に大きく役立つ革新性がありながらも、高い価格がネックとなり、簡単に導入することはできませんでした。しかし、MOTはそんなIP-PBXの弱点であるコストが大幅に削減されているため、現状においてかなりおすすめできるメーカーとなっています。

2つ目は、増設やアップデートをネット上でできるため、融通が利きやすいという点です。

従来のビジネスフォンであればアップデートは業者さんを呼んで手動で行わなければならず、増設にも電話機代や工事費用がかかりました。

そのため、気軽な増設やレイアウトの変更などは難しく、アップデートも極力しないため機能が古くなってしまうなどという問題があったのです。しかし、MOTはネット上で増設ができ、アップデートが無償で自動的にされていくため機能が古くなる心配がありません。

3つ目は、不具合への対処が迅速かつ的確という点です。

MOTはIP-PBXのサービス歴が深く、他の会社よりもIP-PBXに関する多くの不具合に対応してきた経験があるため、不具合が起きてからの復旧が早いというので有名です。

特に営業や顧客サービスなどで電話を頻繁に利用する会社は、電話機の故障がかなりの痛手となりやすいので、不具合への対処が早いという点は大きなプラスのポイントとなります。

メリット
  1. コストパフォーマンスが非常に高い
  2. 増設・アップデートがネット上でできるため融通が利く
  3. 不具合への対処が迅速かつ的確

MOTのIP-PBX(ビジネスフォン)を導入するデメリット

MOTを導入するデメリットはアプリに不具合が起きることがあるという点です。

「アプリに不具合がある」という口コミがあったことから、そのようなことは今後も起こるかもしれません。こればかりはスマホのデバイスやOSの方も常にアップデートされているので、それに合わせてアプリもアップデートを重ねるしかないでしょう。

デメリット
  1. アプリで不具合が起きることもある

MOTのIP-PBX(ビジネスフォン)が向いている会社・向いていない会社

ここまでMOTのビジネスフォンを導入するメリット・デメリットや各製品の特徴などをご紹介してきましたが、向いている会社と向いていない会社をまとめると以下の通りです。

MOTのIP-PBX(ビジネスフォン)が向いている会社

MOTのビジネスフォンが向いている会社は以下の通りです。

MOTのビジネスフォンはこんな会社におすすめ!
  1. 小規模〜大規模なオフィス
  2. コスパを重視してIP-PBXを導入したい会社
  3. 海外に支店があるor海外出張が多い会社
  4. 増設や頻繁なレイアウト変更の予定がある会社
  5. 初めてビジネスフォンを導入するという会社

IP-PBXということで、従来のビジネスフォンよりも機能面で融通が利いたり、業務面での効率向上が見込めたりと、多くの会社さんが興味を持ちます。

その中でもMOTはコスパに優れたビジネスフォンとなっており、取り扱い商品の中で一番安く提供できることも多いため、広い範囲の会社に最初に提案することが多いです。

MOTのIP-PBX(ビジネスフォン)が向いていない会社

MOTのビジネスフォンが向いていない会社は以下の通りです。

MOTのビジネスフォンはこんな会社には不向き!
  1. ずっと同じ規模で従来のビジネスフォンの機能が使えれば良いという会社
  2. MOTよりも安く導入できる製品があり、その機能で十分だという会社

もちろん、ケースによってはMOTが最安にならないこともあります。

小規模の会社で事務所にずっと同じ数・同じ機能のビジネスフォンを置いておけばいいという会社は、他の格安ビジネスフォンで十分です。

まとめ

ここまでMOTのIP-PBX製品のレビューをしてきました。

MOTは他の有名メーカーに知名度こそ劣るものの、その性能は申し分ないレベルで、さらにはトップレベルのコストパフォーマンスを備えています。近年のビジネスフォン市場の中でも注目に値するサービスとなっていますので、要チェックです。

また、MOT以外のビジネスフォン人気メーカーについてこちらの記事でまとめていますので、「色々なメーカーを比較して決めたい」という方はぜひご覧ください。

【2020年最新版】ビジネスフォンのおすすめ人気メーカーランキング!相場価格も徹底比較!

2019年8月5日

ビジフォンサーチサービスについて

土日休み.comでは、あなたの会社の『規模』と『業務内容』に合わせた最適なビジネスフォンを診断する『ビジフォンサーチサービス』を行なっています。

診断やお見積もりは無料ですので

「会社に合ったビジネスフォンを導入したい」
「現在のビジネスフォンが合っているかわからない」
「最適なビジネスフォンに乗り換えたい」

という方はぜひ利用してください。

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月のビジネスフォンの維持費、
知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。