2018年MOTのIP-PBX製品とは?評判・レビュー・メリット・デメリット総まとめ

この記事ではMOTのIP-PBX製品の中でおすすめできる製品についてのレビュー記事です。実際に製品を導入する際のメリット・デメリットをご紹介していきます。

最新MOT IP-PBX製品の特徴

MOTのIP-PBX製品の主な特徴は3つです。従来のIP-PBXと違い、IP-PBXの場合は環境の構築が容易なため導入費や維持費が法人電話機業界の中でもトップクラスでコストが抑えられます。その他にも転送料金が無料な点やビジネスフォンを必要としない、ソフトフォンを導入しているため非常にコストパフォーマンスが良いというのが主な特徴です。。

特徴
  1. 導入費や維持費が業界の中でトップクラスで安い
  2. 転送料金無料
  3. 固定電話を必要としないためビジネスフォンを買う必要がない。

MOT おすすめIP-PBX製品とは?

MOTのおすすめIP-PBX製品は、起業したばかりの運転前の会社や電話機に維持費をそこまでかけたくない会社におすすめの製品です。また、会社の規模に合わせてサービス内容を変更できるため一度利用すれば今後も長く利用することができるというのも一つのポイントです。

MOTのおすすめIP-PBX製品は『PBX S-V1』

MOT製品の中でも、おすすめの製品は『PBX S-V1』です。会社の規模的には、一拠点に8人以下の従業員を対象としています。従業員の数がそれ以上の場合は、最大100人までアップグレード可能なので一拠点に1~100人の中小企業には非常におすすめできる製品です。

コスト面では、法人電話機業界の中で最もコスパが良いと言っても過言ではありません。具体的には、一台数万円する固定電話機を必要としないソフトフォンの月の維持費が¥8,000と、コスト削減に大きく貢献するのが一つの大きな特徴です。また、総合的には全体の維持費が毎月¥12,000から利用することができます。

経費・コスト面まとめ
  • 法人電話業界の中でもトップレベルでコスパが良い。
  • ソフトフォンの場合は¥8,000/月で利用可能。
  • オプション機能を付けなければ毎月の最低維持費が¥12,000で利用可能。

基本的に搭載されている機能は、以下の通りです。特に注目すべき機能は、今では誰もが持っているスマートフォンにアプリを導入するだけで法人電話としても利用することができるようになるソフトフォンパソコンにUSBを接続するだけで、法人の固定電話として利用できるUSBフォンです。

基本機能まとめ
  • ソフトフォン機能
  • USBフォン機能
  • 内外線通話機能
  • パーク保留機能
  • 保留・転送機能
  • 発信番号・鳴動音切り替え機能
  • 電話帳機能
  • Wi-Fi・3G・LTE対応
  • 社内グループチャット機能
  • ペーパーレスFAX機能

オプション機能では、社内の名刺を管理する名刺管理機能や社内でデータを共有するためのcloud機能が毎月¥1,000で利用可能だったり、お客様との通話を自動で録音する自動通話録音機能が毎月¥3,000で利用できたりします。

オプション機能まとめ
  • 名刺管理機能・cloud機能(¥1,000/月でオプション可)
  • 全通話録音機能(¥3,000/月でオプション可)

MOT IP-PBX製品の評判・メリット・デメリット

ここからは、MOTのIP-PBX製品を実際に導入する際のメリット・デメリットや評判などをまとめていきます。

MOT IP-PBX製品の良い評判・メリット

MOTのIP-PBX製品を導入するメリットとしては主に3つです。

メリットの1つ目は、法人電話業界の中でもコストパフォーマンスに優れている製品ということです。

メリットの2つ目は、常に最新の機能やデータを利用できるという点です。アップデートが無償で自動的にされていくため機能が古くなる心配がありません。

メリットの3つ目は、不具合への対処が迅速かつ的確という点です。MOTは法人電話機業のサービス歴が深く、他の会社よりも多くの不具合に対応してきた経験があるため不具合が起きてからの普及が早いというので有名です。

特に営業や顧客サービスで電話を頻繁に利用する会社は、電話機の故障がかなりの痛手となりやすいので不具合への対処が早いという点だけでMOTを利用する会社もあります。

メリット
  1. 法人電話業界の中でもコストパフォーマンスが非常に高い。
  2. 常に最新の機能やデータがアップデートされ続ける。
  3. 不具合への対処が迅速かつ的確。

MOT IP-PBX製品の悪い評判・デメリット

MOTは固定電話を必要としないことを売りにしているため、固定電話がどうしても欲しいという方はおすすめしません。

デメリット
  • 机上の上から固定電話機がなくなる。

まとめ

ここまで、MOTのIP-PBX製品のレビューをしてきましたが、『PBX S-V1』の一番の売りは、『固定電話を買う必要がない』という点です。固定電話は一台数万円するものがほとんどで、非常に初期費用が膨らみやすく、経営者に嫌がられる傾向にあります。そういう電話機の初期費や維持費を抑えたいという会社に好まれています。

もう一つは、不具合への対処が迅速かつ的確という点です。特に、営業や顧客サービスで電話を頻繁に利用する会社には好まれています。全体的にコストパフォーマンスが優秀なため、2018年現在、MOTの製品は強くおすすめできます。

MOT/PBXについては今出張デモンストレーションを行ってくれるキャンペーンを実施しているので興味ある方は一度申し込んでみるといいかもしれません。

土日休み.comでも一度実演を申し込んだことがあるのですが、相手側の会社様がスマホを3台ほど持参してきてくれて、その場でスマホで法人番号として電話をかけてくれたりと実際に見てみると想像以上に高機能で感動したのを今でも覚えています。

MOTのPBXはコスパが最高?電話機はもういらない?実際の利用者の声や事例、無料出張デモンストレーションを紹介!

2018.12.11

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。