2018年サクサのPBX製品とは?評判・レビュー・メリット・デメリット総まとめ

「会社を経営していく上で大事なことは、会社にお金を入れることだけではない!」ということをあなたは知っていましたか?

無駄な経費を抑え、他のところに運用するのも経営者の役割です。要は、無駄な出費を減らすということです。そんな無駄な出費の内、僕が会社を経営する上で必要な経費のうち、最も無駄なものはなにか?」と問われたら、間違いなく『法人電話機の導入費と維持費』と答えます。

法人電話機業界の元々の料金設定が異常に高く、経営をする上でかなりの負担となりやすいのです。この記事では、法人電話機を導入する上でおすすめの電話機やサービスを紹介すると共に、数々の会社が提供している電話機やサービスを徹底的に比較し、レビューしています。

今回はそんな数ある製品の中から、日立サクサの製品を評価していきます。

最新サクサ製品の特徴

IPセントレックスサービスやIP-PBXに対応した 法人電話機です。インターネット上の資料や周りの経営者に聞き込みを行ったところ有名ではないようです。そもそもサクサという会社自体が電話機事業にあまり力を入れていないと思われます。

特徴
  • コスト面:ビジネスフォン5台で月額6800円と安い。
  • リース期間:7年間
  • 最大5回線の小規模向けActysⅡというPBXがおすすめ!

おすすめ製品とは?

サクサの『ActysⅡ』という製品がおすすめです。

最大5回線まで接続できる『ActysⅡ』は、数あるビジネスフォン/PBX製品の中でも業界最安値級で安く、10人以下の小規模の企業におすすめの製品です。

また、転送電話機能やスマホ連動なども行うことができるため、オフィスに人がいなくてもスマホと連動することで、電話を登録したスマートフォンに転送することができます。

他社商品との比較

他社商品と比較して、自社に最も適した製品を導入したい場合は以下のランキング形式のまとめ記事をご覧ください。

【最新】PBX(電話交換機)メーカー6つ徹底比較ランキング!一番おすすめのメーカーは?

2018年12月10日

サクサPBX製品の評判・メリット・デメリット

ここまでサクサの製品をまとめて来ましたが、ここからはサクサの製品を導入する上でのメリット・デメリットをご紹介していきます。

サクサPBX製品の良い評判・メリット

サクサ製品のメリットとしては、主に3つあります。

1つ目は、業界最安値レベルでコストが安いという点です。

サクサが出している最大5回線まで接続可能な『ActysⅡ』というPBX製品がおすすめです。『ActysⅡ』に関してはビジネスフォン業界の中でもかなり3本の指に入る安さです。

2つ目は、従業員数が10人以下の小規模の会社には向いているという点です。

先に紹介した、『ActysⅡ』は最大5回線(5台の固定電話機)と接続することができるため、5回線という面で会社の電話対応が間に合うのであれば、サクサの『ActysⅡ』一択で良いと思います。

3つ目は、転送機能やスマホ連動が可能という点です。

スマホの連動と転送機能がサクサの『ActysⅡ』には搭載されているため、オフィスに人がいなくても、外にいる自分や従業員のスマートフォンと連動させることでかかってきた電話を転送することができます。

また、スマートフォンから03番号で発着信できるというのも1つ大きなメリットです。つまり、場所を選ばずとも電話対応ができてしまうわけです。

メリット
  1. 業界最安値レベルでコストが安い。
  2. 従業員数が10人以下の小規模の会社におすすめ。
  3. 電話転送機能やスマホ連動が可能。

サクサPBX製品の悪い評判・デメリット

サクサ製品のデメリットとしては、主に2つあります。

1つ目は、将来的に回線数を5つ以上増やす予定がある場合は、それを見越した製品を選んだ方が良いかもしれません。

ビジネスフォンやPBX製品は、基本的に5~7年といったリース契約が基本になってきます。

契約期間内は同じサービス内であれば回線数をいじることは可能ですが、サクサの場合小規模向けのが強いため、将来的に回線数を増やす予定のある方は他の会社のサービスを利用した方が結果的に安く契約できるでしょう。

2つ目は、リース契約の期間が7年間あるという点です。

正直、ビジネスフォン業界のほとんどが5~7年契約であるため、この点はどの会社も変わらないデメリットです。もちろん、契約期間内に契約を切ろうとすると違約金が発生するためその点だけは注意が必要です。

デメリット
  1. 将来的に5台以上のビジネスフォンを導入する予定がある場合は、別会社の方が安く導入できる。
  2. リース契約が7年(5~7年間が業界平均)

まとめ

ここまでサクサ製品を導入するメリットやデメリットなどのレビューをおこなってきましたが、まとめとしては以下の通りです。

まとめ
  1. 小規模向けの『ActysⅡ』はおすすめ!
  2. 接続できる回線数は、5回線が最大。
  3. コスト面は、業界最安値級の5台で月額6800円から利用可能!
  4. スマホ連動や電話転送が可能!

結論としては、サクサの製品の中の『ActysⅡ』という最大5回線のビジネスフォンの導入に関しては、月額6800円から利用可能とかなり安いためおすすめです。

土日休み.comでは、ビジネスフォンやPBX製品を安く導入する方法やテクニックをまとめた記事や人気のPBX製品をご紹介したりしているので、これからビジネスフォンの導入を検討している場合は、下の関連記事を参考にしてください。

自社に合ったビジネスフォンをお探しの方へ

土日休み.comでは、その会社の規模や業務内容に合った最適なビジネスフォンをお探しするビジフォンサーチサービスを無料で行っております。

ビジフォンサーチサービスでは、新規でビジネスフォンを導入したい場合だけでなく、現在会社で使用しているビジネスフォンの料金が適正なものかを診断し、最適化することもできます。

実際、過去にビジフォンサーチサービスを利用した結果今までの請求額の82%を削減することに成功した事例もあります。ビジネスフォンというのは、業者の言い値であることも多くあるため「なんか電話料金が高い気がする」という方は一度ビジフォンサーチサービスをお試しください。

ビジフォンサーチサービスの詳細は下記事にまとめてあります。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。