【最低限知っておきたい】そもそもビジネスフォンとは?用語や業界の闇を解説!

この記事ではビジネスフォンとは何か?ということについて徹底解説します。

初めてビジネスフォンという言葉を聞いて調べた人も、導入を検討しているけど知識がないからどれにすれば良いのかわからないという人も、この記事を読めばビジネスフォンの基本をおさえることができます。

ビジネスフォンと一般用電話機(家庭用電話機)の違いとは?

ビジネスフォンとは、その名の通りビジネスに合わせて便利な機能が追加された電話のことです。

仕組みや機能が一般用の電話とは大きく異なります。

まず、一般用電話はモジューラージャックに接続するのに対し、ビジネスフォンはPBX(主装置)という機械を通して電話機を繋げます。
PBXについては後ほど詳しく説明します。

↓モジュラージャック

イメージは下記の通りです

電話線ー家庭用電話機

電話線ーPBX(主装置)ービジネスフォン

そしてここがややこしいところなのですが「ビジネスフォン」と言った時には

  1. ビジネス用の機能がついた電話機自体をいう場合
  2. 先ほど述べたPBX(主装置)のみを指す場合
  3. 両方をセットでビジネスフォンという場合

の3つがあります。

また、最近では後述のスマホ内線化サービスも出ており、従来の置き型のものをビジネスフォンと言い分ける場合もあります。ただしスマホ内線化サービスもビジネスフォンの一種ではあるのです。

これを知らずに混乱する人は多いです。
逆に知っていれば大体の文脈でどれを言っているのか判断がつくようになります。

ビジネスフォンに関する最低限おさえておきたい用語とは?

次はビジネスフォンに関する知っておきたい用語を解説します。

PBX(主装置)

PBXとはPrivate Blanch eXchangerの略です。

日本語に直すと内線交換機です。
これをビジネスフォンの「主装置」と言う場合もあります。

ビジネスフォンでかかってきた電話とかける電話は全てこのPBXを一度通してやりとりします。PBXを通すことで内線での無料通話や転送機能が使えるようになっているんです。

PBXにはいくつか種類があり、その中でもクラウドPBXはクラウド上でPBXの役割を果たすので装置をおく必要がありません。

PBXの種類について、詳しくは下の記事で解説しています。

PBX・IP-PBX・クラウドPBXとは?今話題の「PBX」のまとめ

2018年5月11日

スマホの内線化

スマホの内線化とは、簡単に言えば「今まで机に置いてあった置き型の電話機をスマートフォンにすること」です。

スマホをPBXに接続することによって今までのビジネスフォンと同じことがスマートフォンでできるようになります。

最近では従来の置き型ビジネスフォンよりもスマホの内線化サービスの方が業務効率化・コスト削減の面で優秀なため主流になりつつあります。

スマホ内線化について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ビジネスフォンはもう古い!?コストを大幅に削減できるスマホの内線化とは?

2018年12月28日

ビジネスフォンの機能と導入するメリットとは?

オフィスで家庭用電話機ではなくビジネスフォンが使われているのにはそれなりの理由があります。

ここではビジネスフォンを導入するメリットを機能とともに紹介します。

同時にたくさんの電話を使える

家庭用電話機では基本的にいくつ電話機を用意しても同時に使えるのは一つのみです。

一方、ビジネスフォンでは複数かかってきた電話を同時に出るといったことが可能となっています。

「電話を使っている間に他の会社から電話がかかってきた」
というケースの場合、ビジネスフォンでなければ対応できません。

内線機能

これはビジネスフォンの大きな特徴となる機能です。

同じPBXに接続されている電話機であれば無料で電話をかけることが可能となっています。

これは利便性、料金面で家庭用の電話と大きく異なる点です。

オフィスで他部署や階が違う相手にかける時、もし一般電話なら外線で接続しなくてはならないため料金が発生します。かといって直接出向くのは非効率的です。

しかしこの内線機能を使えば会社内であればいつでも無料でかけることが可能となります。

電話の取り次ぎが自由にできる

家庭用の電話機であれば、一度電話に出て他の人に変わる場合、その人を呼ぶか電話機を直接渡す必要があります。

しかしビジネスフォンではそれは必要ありません。

パーク保留という機能を使うことにより電話を受けた後に内線を使って担当者に電話を接続する、といったことが可能となります。

以上がすべてのビジネスフォンに共通する基本の機能となります。

その他様々なオプションをつけることにより機能を拡張することができます。

ビジネスフォン業界の闇とは?+まとめ

現在では先に述べたスマホの内線化を使ったビジネスフォンを導入した方が業務効率化とコスト削減には最適です。

にも関わらず固定型のビジネスフォンが一定数使われている理由は「販売業者が強いから」というだけです。

ビジネスフォンについて詳しく知っている人がなかなかいないため、業者のいう通りにして法外なリース料を毎月取られていたり、工事やアップデートのたびに高い料金を取られると言ったケースが多発しています。

これがこの業界の闇となっており、それを解決するのが土日休み.comのミッションでもあります。

この記事を見ている皆さんはくれぐれも賢明な判断をしてください、とだけ言っておきます…

 

土日休み.comでは現在、コンシェルジュサービスを受け付けています。あなたの会社に合った製品を、10年近くオフィス製品を取り扱ってきたプロのコンシェルジュがご提案致します。

コンシェルジュサービスの詳細は下の記事にまとめてあります。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。