2018年MOT IP-PBX製品『PRO』の特徴とは?評判・レビュー・メリット・デメリットを紹介

この記事ではMOT PBX製品『PRO』についてのレビュー記事です。実際にこのIP-PBX製品を導入する際のメリット・デメリットをご紹介していきます。

最新MOT IP-PBX製品『PRO』の特徴とは?

MOTのIP-PBX『PRO』の特徴は、そのコスパの良さにあります。法人電話業界の中でも老舗でコストが抑えられるだけでなく、不具合時の迅速かつ的確な対処をしてくれる。というので電話業界の中でも非常に有名な製品です。

経費・コスト面

MOT『PRO』の経費・コスト面では、機能性に優れているだけでなく導入費や維持費が従来のPBX製品と比べて、トップレベルで安く、高機能としてシェアがここ数年で爆発的に伸びています。

料金設定が曖昧なこの電話業界の中で、毎月の維持費や導入費用を公開している珍しいの会社といっても過言ではありません。サイト上などで料金を公開している会社の特徴としてはやはり料金設定がユーザーに優しい設定にしていある傾向にあります。

また、パソコンにUSBに差し込むだけで法人電話機としての役割を担うUSBフォンを推奨しているため、一台あたりの毎月の維持費が数万円もする固定電話と比べたらMOT PRPの安さは桁違いです。

経費・コスト面まとめ
  • 法人電話業界の中でもトップレベルでコスパが良い。
  • ソフトフォンの場合は¥8,000/月で利用可能。
  • オプション機能を付けなければ毎月の最低維持費が¥12,000で利用可能。

機能面

MOT『PRO』の標準機能は、以下の表にまとめた通り、法人の電話機として必要な機能は揃っています。それに加え、スマホにアプリをダウンロードするだけで法人電話機として利用できるソフトフォンパソコンにUSBを差し込むだけで法人電話機として利用できるUSBフォンが、MOT『PRO』の一番の特徴です。

機能面まとめ
  • ソフトフォン機能
  • USBフォン機能
  • 内外線通話機能
  • パーク保留機能
  • 保留・転送機能
  • 発信番号・鳴動音切り替え機能
  • 電話帳機能
  • Wi-Fi・3G・LTE対応
  • 社内グループチャット機能
  • ペーパーレスFAX機能

オプション機能

MOT『PRO』のオプション機能では、名刺管理機能やインターネット上でデータのやり取りができるCloud機能が月額制のオプションとして選択することができます。さらに、お客様との通話を録音する全通話録音機能も別途オプション機能として利用することができます。

  • 名刺管理機能・cloud機能(¥1,000/月でオプション可)
  • 全通話録音機能(¥3,000/月でオプション可)

MOT クラウドPBX製品『PRO』のメリット・デメリット・評判

ここからはMOT『PRO』を導入する際のメリット・デメリットを紹介し、総合的な評価をしていきます。

MOT クラウドPBX製品『PRO』の良い評判・メリット

MOT『PRO』を導入する上でのメリットは、主に4つあります。

1つ目は、法人電話業界の中でもズバ抜けたコストパフォーマンスであることです。従来のIP-PBXとは違い、一台数万円の維持費が毎月かかる固定電話機を必要としません。

2つ目は、常に最新の機能やデータがアップデートされ続けるという点です。今までのIP-PBXだと、購入したその後のアップデートはないものが多く常に最新のMOT『PRO』を利用できるのは電話業界の中では革新的な機能といえます。

3つ目は、MOT 『PRO』の不具合への対処が迅速かつ的確という点です。法人電話機業界の中でも老舗なため他社よりも不具合への対処法のデータが多く、不具合の対処に慣れているというのはかなりの利点です。

電話機を頻繁に使う営業会社や顧客を多く抱えるような会社の場合は、不具合での機会損失は計り知れません。予めの対策や不具合が起きたときに迅速なサポートをしてくれる会社を選ぶことを強くおすすめします。

4つ目は、机上に固定電話を設置する必要がないという点です。他社の製品ですと今でも普通に固定電話を推奨していることがありますが、一台数万もする固定電話を何台も設置すると経費がかさむことに繋がり、結果的に毎月かなりの維持費を払うことになりかねません。あとは、場所を使う必要がないため机を広々使えるというのもサブのメリットかもしれません。

メリット
  1. 法人電話業界の中でもコストパフォーマンスが非常に高い。
  2. 常に最新の機能やデータがアップデートされ続ける。
  3. 不具合への対処が迅速かつ的確。
  4. 机上に固定電話機を設置する必要がなくなる。

MOT クラウドPBX製品『PRO』の悪い評判・デメリット

MOT『PRO』を導入する上でのデメリットは、実際に導入している会社様に直接聞いたり、ネット上で集めたりしてみましたが、これといった悪い評判は見つかりませんでした。

あえてあるとしたら、固定電話をどうしても1デスク1台設置したい場合など固定電話をメインで導入するとなると、他社の固定電話を導入するほうが良いかもしれません。ただし、今になって固定電話機をメインで導入することは、導入費や維持費が非常に高くなるのでおすすめはしません。

まとめ

今回はMOTのIP-PBX製品である『PRO』をご紹介してきましたが、コストパフォーマンスの良さは電話業界の他社と比較してもトップレベルです。2018年現在、もし法人電話機の導入を検討している場合は、コスパを重視している場合は2018年現在MOT『PRO』の導入は非常におすすめです。

さらに詳しい機能面などが気になる方は下の記事にまとめてありますので参考にしてください。

また、出張デモンストレーションという実際にMOTの製品を使って実演してくれるサービスも無料でやってくれるとのことなので、「機能性などを実際に試してみたい!」という方は、すぐ下の記事から出張デモンストレーションに申し込んでみると良いかもしれません!

MOTのPBXはコスパが最高?電話機はもういらない?実際の利用者の声や事例、無料出張デモンストレーションを紹介!

2018.12.11

比較記事

ここまでMOTのIP-PBX『PRO』をご紹介してきましたが、他社の法人電話機と比較したまとめ記事もあるので参考にしてみてください。

【2019年人気PBX比較】ビジネスフォンおすすめランキング!IP-PBX・クラウドPBXサービスの違いを徹底比較!

2018年12月10日

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。