ビジネスフォンとPBXの違いを徹底比較!あなたの会社に合っているのはどっち?

電話はお客様との通話や社員間でのコミュニケーションなど業務において使用する場面が多く、必須級のOA機器と言えるでしょう。

ひと昔前まではオフィスに設置する電話といえば『ビジネスフォン』でしたが、最近では『PBX』というものまで登場し、ますます便利になっています。

今回の記事では、『ビジネスフォン』と『PBX』の違いを説明した上で、あなたの会社にはどちらの電話機が合っているのかをご紹介します。

ビジネスフォンとは?

ビジネスフォンとは、家庭用の電話機にビジネス用の様々な便利機能がついた電話機のことを指します。

具体的には

  • 複数の電話を同時に取れる
  • 内線機能で社員同士が通話できる
  • 転送機能が使える
といった機能が備わっています。

実は後述のPBXもビジネスフォンの一種と言えます。ここでは区別するためにあえて使い分けますが、従来のビジネスフォンが進化したものがPBXだと思っていただいて結構です。

ビジネスフォンでは主装置と呼ばれるもので発着信を制御しています。イメージ的には

家庭用電話機の場合:電話線ー電話機
ビジネスフォンの場合:電話線ー主装置ー電話機

このように間に主装置を通すシステムになっています。

PBXとは?

PBXとは、上で書いたビジネスフォンの主装置が進化したものです。PBXはPrivate Blanch eXchangerの略で、日本語に直すと内線交換機となります。

上で書いたビジネスフォンの機能に追加で

  • スマホやPCとの連動も可能
  • ネットワークを通してデータのやり取りが可能
  • 複数の拠点間でも内線電話が可能
  • CTIがデフォルトで使用可能(顧客情報が分かりやすくなる)
このような機能を使用することができます。

簡単に言うと、従来のビジネスフォンはアナログでPBXはデジタルなものです。

PBXにもIP-PBXやクラウドPBXなどの種類があります。PBXについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【PBX価格比較】PBX(電話交換機)とは?価格・各サービス比較・機能を徹底解説!

2018年5月11日

ビジネスフォンとPBXの違いを徹底比較!

ここからはどのような点に違いがあるのかを比較していきます。ビジネスフォンにできることはPBXでもできるので、ここでは機能の差を重点的にまとめていきます。

なお、ここまで見ると「PBXの方が進化してるからビジネスフォンなんていらないんじゃないの?」となるかもしれませんが、実際には従来のビジネスフォンもまだまだ使用されており、そちらの方が良いという場合もあります。

そのため、どちらを導入するのが自社にとって良い選択肢なのかを見極める必要があります。

ビジネスフォン PBX
端末 固定電話機・コードレス電話機 スマートフォン
PC
固定電話機・コードレス電話機
外出先での内線電話 利用不可 利用可能
海外での利用 不可 可能
事業拠点の数 基本的には1つのみ 2つ以上も可能
転送機能 その都度料金が発生  0円
増設 その都度工事や
電話機の購入が必要
スマホやPCで即時に可能
アップグレード その都度必要(有料) ネットを介して自動
(基本的には無料)
その他機能 特になし チャット機能
出退勤管理システム
など拡張が可能

 

あなたの会社に合うのはビジネスフォン・PBXのどっち?

ここからは実際に導入を検討する際、どのような会社にビジネスフォン・PBXは向いているのかを比べていきます。

ビジネスフォン PBX
電話機の数 3台〜20台 10台〜
事業拠点の数 1ヶ所 2ヶ所以上
(フロアor拠点が2つ以上)
電話の相手 社外が多い
(内線はあまり使わない)
社内でも多く利用する
増設の可能性 なし
or
数台のみ
今後大幅に増設する可能性あり
or
拠点を増やす可能性あり
用途 ・小規模なオフィスで少ない台数を使用する ・内線を多用する
・外出先でも内線を使えるようにする
・リモートワークを促進させる

従来のビジネスフォンを利用するメリットは価格でしょう。

中古のビジネスフォン(電話機)はかなり安くなっているので、小規模な事業の場合は従来のビジネスフォンの方が導入費用や維持費を抑えることができます。

しかし、最近では初期費用がほとんどかからないクラウドPBXが出たり、働き方の改革で生産性や業務効率を考える企業が増えたことでPBXを導入する会社は確実に増えています。

「ビジネスフォンを業務でよく使う」
「電話業務を効率化したい」
「会社全体の生産性を上げたい」

とお考えの方は、PBXにの導入を検討すると良いでしょう。

まとめ

ここまでビジネスフォンとPBXの違いについてまとめてきました。

便利さや業務効率の面を考えるとPBXはビジネスフォンの上位互換です。しかし、「業務の内容によってはPBXが必要ない」という場合や、「とにかく安く導入したい」という場合に従来のものを勧めることはあります。

無駄を抑えてコスパよく利用するためにも、自社の状況や使用用途に合わせて適切な電話機を導入しましょう。

とは言え、ビジネスフォン業界は売り手側の闇が深く情報もあまり出回らないため、適切なビジネスフォンを見つけることはなかなか難しいというのが実情です。

「結局ビジネスフォンとPBXのどちらを導入すればいい?」
「自社に合ったビジネスフォンの種類や使い方が知りたい!」
「できるだけお得にビジネスフォンを導入したい!」

そんなあなたにおすすめのサービスがこちらです。

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27

オフィス製品を10年以上扱ってきたプロが、あなたの会社に適したビジネスフォンを提案させていただきます。診断結果やお見積もりは無料ですので、気軽にご利用ください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。