ビジネスフォンを増設する時の流れを種類別で解説!増設費用を安く抑えるには?

事業の拡大などで新しい社員さんが増えると必要になってくるのがビジネスフォンの増設です

この記事では、ビジネスフォンを増設する方法を種類別で解説し、かかる費用についてもお話したいと思います。

そもそも、ビジネスフォンの種類とは?

タイトルを見て、「そもそも種類別ってどういうこと?」と思った方もいるでしょう。まずはビジネスフォンの種類について簡単に解説したいと思います。

ビジネスフォンには大きく分けて3種類あります。

ビジネスフォンの種類
  1. 主装置+電話機(従来のビジネスフォン)
  2. IP-PBX
  3. クラウドPBX

基本的には全てビジネスフォンの仲間なのですが、機能や特徴が大きく異なるため分けて扱われることが多いです。

1.主装置+電話機(従来のビジネスフォン)

『ビジネスフォン』と言った時、これを思い浮かべる人が多いと思います。新しく出たIP-PBXやクラウドPBXと区別をするために、こちらを『ビジネスフォン』、新しいものを 『PBX』と呼んだりします。

主装置とケーブルを通して電話機を設置する、最もアナログなビジネスフォンです。

2.IP-PBX

PBXもビジネスフォンの一種ですが、アナログからデジタル化されるイメージで、できることが一気に増えます。

IP-PBXは簡単に言うと、従来のビジネスフォンがアナログで行なっていたものを、インターネットを介して行うことができるようにしたPBXです。

従来のビジネスフォンではできなかったPCやスマホとの連動ができるようになったことで、より利便性が向上して様々な機能が使えるようになりました。また、後ほど詳しく解説しますが、増設などもスマホやPCを通して行うことができるため、簡単です。

3.クラウド PBX

クラウドPBXは、機能やできることはIP-PBXと同じです。

IP-PBXとの大きな違いは、ビジネスフォンの主装置に当たる、物理的な装置を置くか置かないかです。装置を設置するのがIP-PBX、装置を設置せずに全てインターネット上で完結するのがクラウドPBXとなっています。

それぞれのビジネスフォンについて、違いをさらに詳しく知りたいという方はこちらの記事をお読みください。

ビジネスフォンとPBXの違いを徹底比較!あなたの会社に合っているのはどっち?

2019年8月3日

ビジネスフォンを増設する際の流れを種類別で解説!

それでは、それぞれのビジネスフォンを増設するためにはどうすれば良いか解説していきます。

主装置+電話機(従来のビジネスフォン)

結論から言うと、従来のビジネスフォンを自分で増設することは不可能です。というのも、ジネスフォンの配線や設定は複雑なため、専門の資格が必要だからです。工事は業者さんにお願いをすることになります。

従来のビジネスフォンを増設するための流れは以下の通りとなっています。

増設の流れ
  1. 電話回線増設の工事を依頼する
  2. ビジネスフォン工事業者を選ぶ
  3. 設置状況の確認をしてもらう
  4. お見積もりを出してもらう
  5. 実際に工事を行なってもらう

基本的にはビジネスフォンを導入した会社さんにお問い合わせをすることによって増設が可能です。ただし、ビジネスフォン業界はぼったくりが多いので、「増設の見積もりが高い」と感じる場合はその機会に別の業者やビジネスフォンに乗り換えるというのも一つの手だと思います。

優良な業者さんの選び方についてはこちらをどうぞ。

IP-PBX

IP-PBXのビジネスフォンを増設する場合、使用する端末によって増設方法に違いが出てきます。

まずは、コードレスのIP電話機をIP-PBXに接続する場合です。

IP電話機を増設する流れ
  1. 業者さんを選ぶ
  2. お見積もりを出してもらう
  3. ユニットに関する工事を行う

IP電話機を取り付ける時は、従来のビジネスフォンと同じように業者さんにお願いする必要があります。ただし、従来のビジネスフォンのように大掛かりな工事ではなく、PBXの中をちょこっといじるだけなので、時間とお金が比較的かかりにくいです。

次にスマートフォンを電話機として使用する場合の増設方法です。

スマホを使っている際の増設の流れ
  1. PCで設定する
  2. 使えるようになる

以上です。スマートフォンを電話機として使用する場合、全ての処理をインターネット上で完結することができるため、非常に簡単です。

業者側にとっても工事の手間がないため、増設料金は無料or超少額で、増設した台数分の月額基本料金が増えるだけで済みます。増設が簡単で費用がほとんどかからないのが、スマホを電話機として利用する大きなメリットの一つとなっています。

クラウドPBX

クラウドPBXは、増設が最も簡単になっています。

IP電話機を増設する流れ
  1. LANケーブルを接続する
  2. 使えるようになる

クラウドPBXの場合、IP電話機を取り付ける時に工事が必要ありません。LANケーブルを接続するだけで使用することができるため、自分で行うことも可能です。

次にスマートフォンを電話機として使用する場合の増設方法です。

スマホを使っている際の増設の流れ
  1. PCで設定する
  2. 使えるようになる

クラウドPBXについても全ての処理をインターネット上で完結することができるため、IP-PBXと同じく増設が楽になっています。

ビジネスフォンの増設にかかる費用とは?

次に、それぞれのビジネスフォンの増設にかかる費用について解説していきます。

主装置+電話機(従来のビジネスフォン)

従来のビジネスフォンの増設費用の内訳は以下の通りです。

増設のトータルコスト
  • ユニット代(場合によっては主装置代も)
  • 電話機代
  • 工事費

まず、従来のビジネスフォンの場合は接続できる電話機の数に限りがあります。限界数はあるもの、それを増やすことができるのがユニット(主装置の中の部品)です。それでも足りない場合は、より接続台数を多くできる主装置を購入するしかありません。

従来のビジネスフォンの場合はケースによって価格が大きく異なるため、一概には言えませんが、1台ごとに80,000円〜130,000円かかると思っておきましょう。

IP-PBX

IP-PBXの増設費用の内訳は以下の通りです。まずはIP電話機を増設した場合のコストです。

IP電話機増設のトータルコスト
  • ユニット代
  • 工事費
  • 電話機代

IP電話機を増設する場合は、従来のビジネスフォンと同じような価格の内訳となります。ただし、工事が簡単なので、その分費用も安く済みます。1台あたり40,000円〜100,000円と考えておきましょう。

次に、使用できるスマートフォンを増設した場合です。

スマホ増設のトータルコスト
  • 1台ごとの月額利用料金
  • 増設手数料(かかる会社の場合)

スマホを電話機として使用する場合は、ほとんど増設費用がかかりません。一つのサービスを例に出すと、業界でもトップクラスの安さを誇る『MOT』では、増設にかかる費用は一台ごとの利用料金である350円のみです。

MOTについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

【2019年最新】MOTのIP-PBX(ビジネスフォン)の評判・メリット・デメリットをレビューしてみた。

2018年7月26日

クラウドPBX

クラウドPBXの増設費用の内訳は以下の通りです。まずはIP電話機を増設した場合のコストです。

IP電話機増設のトータルコスト
  • 電話機代
  • LANケーブル代

クラウドPBXは増設の際に工事が必要ないため、電話機代と接続するためのケーブル代だけで済みます。

IP電話機は1台30,000円〜700,000円ほどです。

次に、使用できるスマートフォンを増設した場合です。

スマホ増設のトータルコスト
  • 1台ごとの月額利用料金
  • 増設手数料(かかる会社の場合)

IP-PBXの時と同じく、費用はあまりかかりません。

クラウドPBXでは業界最安の『モバビジ』では、増設にかかる費用は一台ごとの利用料金である360円のみです。

モバビジについて、詳しくはこちらをどうぞ。

【2019年最新】モバビジのクラウドPBXの評判・メリット・デメリットをレビューしてみた。

2019年8月26日

まとめ:ビジネスフォンの増設費用を安くするには?

ここまでビジネスフォンの増設についてまとめてきました。

従来のビジネスフォンの増設には多大な費用がかかることが分かります。ビジネスフォンの増設を考えている会社様はIP-PBXかクラウドPBXの導入・乗り換えをおすすめします。

とはいえ、ビジネスフォン業界は閉鎖的で、一般に情報があまり出回らないため、自分で選ぶということがなかなか難しいですよね。ビジネスフォンについての基礎知識や価格などについてまとめた記事を書きましたので、ぜひご覧ください。

【2019年最新版】ビジネスフォンのおすすめ人気メーカーランキング!相場価格も徹底比較!

2019年8月5日

ビジフォンサーチサービスについて

土日休み.comでは、あなたの会社の『規模』と『業務内容』に合わせた最適なビジネスフォンを診断する『ビジフォンサーチサービス』を行なっています。

診断やお見積もりは無料ですので

「会社に合ったビジネスフォンを導入したい」
「現在のビジネスフォンが合っているかわからない」
「最適なビジネスフォンに乗り換えたい」

という方はぜひ利用してください。

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。