ほとんどの会社は払い過ぎ!?ビジネスフォン・PBX(電話交換機)の平均価格を調査!

今やビジネスフォンは、ビジネスにおいてコミュニケーションを取る上で当たりのように使われています。

最近ではPBXと呼ばれるビジネスフォンの進化系を利用する会社が多く、電話を頻繁にする会社にとっては必要不可欠なツールになってきています。しかし、いざPBXやビジネスフォンを導入しようと思い立ったとしてもどのようなものを使ったら良いのかわからないという法人様も多いと思います。

今回はそんなPBXを導入する際の平均的な価格(相場)をご紹介します。まずは相場感を掴むことで、どのような機能に費用をかけるべきなのかイメージが付きやすくなると思います。

ビジネスフォン・PBXの平均価格を知れば会社に必要な機能が選びやすい!

最近はビジネスフォンやPBXにもいろんな種類が出ていますし、ネット電話などの様々な形態で法人電話を扱えるようになりましたよね。

すると必ず起こるのが「どれも機能がバラバラ、価格がバラバラすぎて、何から決めていいのか分からない!」という状態です。

中には、「もう、会社の状況を伝えるから代わりに選んで!できるだけお得な奴で!」という人もいるでしょう。ただ、そういったサポートをしてくれる会社は珍しいです。

もしそういう会社を知らない場合は、土日休み.comのビジフォンサーチサービスをご検討ください。土日休み.comには扱っている自社製品(電話製品)が無いので、完全に中立的な立場でサポートが可能です。

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27

どこの会社も基本的には、「いくらでも払えるよ!」というわけではないと思います。資金はあるかもしれませんが、「許容範囲」がありますよね。

最初はこの「許容範囲」を決めましょう。その中で、できるだけ機能が良かったり、自社で使えそうなものを選んでいくのです。

そうしないと、全ての機能が魅力的に見えて、どんどんと見積りが上がっていきますし、見積もる側も「いろいろと要望を言われて計算したら、高いといわれた」という不毛な結果になりかねません。

この「許容範囲」はいわゆる「予算」です。まずは予算を決めましょう。この記事ではその予算感を得ていただければと思います。

ビジネスフォン・PBXの平均価格は電話機によっても変わる

あなたも一度は見たことがあると思いますが、ビジネスフォンと一括りに言っても様々な形があります。

「固定電話」っぽい形のものもあれば、子機の形状のものもあります。もちろんですが、機能が違うので価格が異なります。

よく土日休み.comに相談される方の中に「子機なら、安く仕入れられますよね?大して機能がなさそうですし!」という方がいらっしゃいます。そうとも限らないのです

子機は「コードがない」「持ち運びやすい」という機能を持っています。そのため、そう簡単に費用が下がらないのです。こういった感覚を間違えた状態で、製品選びをしてしまうと、思ったより固定費がかかるといった状況になりかねません。

ビジネスフォンやPBXの価格の内訳は?

まず、ビジネスフォンやPBXの価格は何で構成されているのか知っておきましょう。ちなみにですが、コストカットに積極的な会社の取締役などはこの価格内訳を知っている方が多いです。

「何にお金がかかっているのか」「何にお金を払っているのか」「何が本当に必要なのか」を考えた結果、いつの間にか内訳なども頭に入っているということですね。固定費を削減できれば他の部分で使える予算を増やすこともできるので、ぜひ知っておきたいものです。

ビジネスフォンの価格の内訳

ビジネスフォンの価格の内訳は下の4つで決まってきます。

ビジネスフォンの価格内訳
  1. 主装置(PBX)の代金
  2. 電話機の代金
  3. 工事代金
  4. 通話料金
  5. ユニット代金(小さな部品)

それぞれの詳細についてはこちらの記事で解説していますのでご覧ください。

【意外と知らない?】ビジネスフォン(PBX)にかかる費用の内訳とは?トータルコストや情報の少ない相場も解説!

2019年8月15日

ビジネスフォン・PBXの平均価格の一括比較表

今回、まとめているビジネスフォンやPBXの平均価格の一括比較表を作成したので、お急ぎの方はご覧ください。

種類平均価格
多機能電話機・ビジネスフォン¥15,000~¥30,000/新品1台
カールコードレス電話機¥20,000~¥40,000/新品1台
IP電話機¥20,000~¥60,000/新品1台
PHSアンテナ¥60,000~¥90,000
PHS子機¥30,000~¥60,000
家庭用電話機¥10,000~¥30,000
IP-PBX¥10,000~¥20,000/月(リース)
クラウドPBX¥2,000~¥10,000/月(リース)

多機能電話機の平均価格

平均価格

新品:¥15,000~¥30,000程度

中古品:¥5,000~¥20,000程度

多機能電話機とは、主に会社で使われる外線や内線などの普通の電話機にはない機能を取り揃えた電話機です。昔から最も使われている電話機です。しかし、導入や増設の費用が高かったり、より便利なPBXが登場したりで近年はこの固定電話機(多機能電話機を含める)を減らす傾向にあり、その代わりにスマートフォンやPCを利用したものが現在の主流となってきています。

カールコードレス電話機の平均価格

平均価格

新品:¥20,000~¥40,000程度

新品:¥8,000~¥25,000程度

カールコードレス電話機とは、多機能電話機の受話器の部分がコードで繋がれていないタイプの電話機のことです。コードレスなので通常のコードがある多機能電話機よりも価格は上がります。

IP電話機の平均価格

平均価格

新品:¥20,000~¥60,000程度

中古品:¥12,000~¥40,000程度

IPネットワーク上で機能する電話機です。IP-PBXを使用する際に、固定電話を導入したい場合はこちらが必要となってきます。

通常の電話回線ではなくLANケーブルを使用するため、通話料金が比較的安価になる傾向にあります。

PHSアンテナの平均価格

平均価格

¥60,000~¥90,000程度

一般的な携帯電話や子機などのPHS(Personal Handy-phone System)を利用する際に必要となるのが、このPHSアンテナです。

PHSアンテナを利用することにより、社内に設置された主装置(大元の機器)からデータを受信し、各固定電話機や子機に送信することができるようになります。

PHS子機の平均価格

平均価格

¥30,000~¥60,000程度

ビジネスフォンの下で使用されるデジタルコードレス電話機ですが、そのPHSアンテナとセットで利用されます。

一般家庭用電話機の平均価格

平均価格

¥3,000~¥10,000程度

世間一般的な電話機のことです。多機能電話機との大きな違いは名前の通り、多機能電話機は通常の家庭電話機には無い機能が搭載されています。そのため、多機能電話機の方が家庭用電話機よりも高い料金設定になっています。

ビジネスフォンの平均価格

ここではこれから解説するPBXとの比較という意味で、従来の固定電話を使うビジネスフォンのことだと考えてください。

ただし、ビジネスフォンやPBXは会社の規模や業務内容、地域などによって価格が大きく異なります。

こちらの記事に詳しく書きましたので、興味があればご覧ください。

【意外と知らない?】ビジネスフォン(PBX)にかかる費用の内訳とは?トータルコストや情報の少ない相場も解説!

2019年8月15日

PBXの平均価格

平均価格

数十万~数百万程度

PBXとは、多機能電話を管理するための中間機として設置するシステムのことです。(ビジネスフォンの一種)

頻繁に電話を利用するような会社の場合には必要不可欠といっても過言ではありません。価格帯は、リース契約をすれば安いもので毎月10000円~20000円前後、大規模なものを購入するとなると、導入だけで数百万から数千万円にのぼるものもあります。

また、PBXには3種類が存在します。

  1. ビジネスフォン(従来のPBX)
  2. IP-PBX
  3. クラウドPBX
これら3種類の説明は、ここでは省きますので気になる方は下の記事をご覧ください。

ビジネスフォンとPBXの違いを徹底比較!あなたの会社に合っているのはどっち?

2019年8月3日

IP-PBXの平均価格

リース契約で月額¥10000~¥20000程度

今最も利用されているのがIP-PBXです。昔までは単価の高いサービスが多い印象でしたが、近年ではコスパを重視したサービスも増えてきており、IP-PBXの価格帯もかなり下がってきています。

もし今後法人電話機を導入しようと検討している場合は、IP-PBXの導入をおすすめします。

IP-PBXの選び方やおすすめのPBX製品が知りたい方は下の記事にまとめてあるので参考にしてみてください。

【2019年人気PBX比較】ビジネスフォンおすすめランキング!IP-PBX・クラウドPBXサービスの違いを徹底比較!

2018年12月10日

クラウドPBXの平均価格

平均価格

¥2,000~¥10,000程度

クラウドPBXは比較的安く、機能性も優れているため最近は導入する会社も年々増えてきています。また、料金も使用した分だけ加算されていくタイプがほとんどです。

しかし、2018年9月に総務省より詐欺などの犯罪に利用される可能性が高いとのことで近々規制が入るとのことなので、今から導入するのはおすすめしません。

まとめ~ビジネスフォンやPBXを安く導入するには?~

ビジネスフォンの平均価格は案外高いもので、設置するだけでかなりの痛手になる場合も多々あります。

そんな中、最近注目されているのがPBXという存在です。特にその中でもIP-PBX製品はコスパが高いものが多く、これから導入を検討している法人様にはおすすめです。

IP-PBXは、自社に合った製品さえ選ぶことができれば、安価なだけでなく機能性にも優れています。IP-PBX製品の選び方や実際のおすすめ製品を会社別にランキング形式にまとめてあるので参考にしてみてください。

【2019年人気PBX比較】ビジネスフォンおすすめランキング!IP-PBX・クラウドPBXサービスの違いを徹底比較!

2018年12月10日

ビジフォンサーチサービスについて

とはいえ、ビジネスフォンについては一般になかなか情報も出回りにくいため、自分で自社に最適なものを選ぶのはかなり難しいというのが実情です。

そこで、土日休み.comではあなたの会社の『規模』と『業務内容』に合わせた最適なビジネスフォンを診断する『ビジフォンサーチサービス』を行なっています。

診断やお見積もりは無料ですので

「会社に合ったビジネスフォンを導入したい」
「現在のビジネスフォンが合っているかわからない」
「最適なビジネスフォンに乗り換えたい」

という方はぜひ利用してみてください。

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。