ビジネス電話応対で切る時のマナーまとめ。一旦電話を切りたい時にはどうする?

電話を切る時、マナーを意識していますか?電話は顔が見えない分、切り方に気を使わないと悪印象になりがちです。

「ガチャ切り」や突然電話を切ったりして、会社自体の評価を下げないようにマナーを覚えておきましょう。

電話応対では切る時のマナーも重要

電話応対においては、「電話を切る」時のマナーも重要になります。

「電話を切る」というアクションが、お互いにとってその電話の最後のやりとりになるので、一番印象に残ってしまいます。

たまに、会話が終わると即座に「プツッ」と切られたり、向こうが切る時に「ガチャガチャ」となるガチャ切りをされたりすると、少し気分が悪いですよね。

同じように相手も感じているので、電話を切るときにも配慮が必要です。

1.電話を切る前の挨拶

電話を切る時ですが、電話を切るタイミングが分かるように挨拶をはさむと、「突然電話を切られた」という印象をもたれにくいです。

「お忙しいところありがとうございました。」

「どうもありがとうございました。」

「今後共よろしくお願いいたします。」

「それでは、失礼致します。」

といった言葉で終わると、印象が良く終わります。この一言を言うだけなので大変でもないですし、必ずやるようにしましょう。

2.電話を切るタイミング

電話を切る時のタイミングも重要です。基本的には電話をかけた方が先に電話を切るという暗黙のルールがありますが、立場が上の方が先に電話を切るという言われもあります。

確かに、相手が取引先であったり上司であったりするとなかなかこちらから切りづらいですよね。

ただし、お互いに遠慮してしまうといつまでも「あれ、相手が電話切らないな」となりがちです。こういう時には一言添えると良いです。

「どうぞ先にお切りになってください。」

こういった言葉が入るだけで、相手は電話を切りやすくなります。

3.電話の切る時の注意点

POINT

受話器を切る際は、受話器を「ガチャ」っと置くのではなく、受話器を持ったままフックを手で押して電話を切りましょう。

この切り方をするだけで、相手側では「ガチャガチャ」といった音が一切聞こえないので便利です。

切り方によっては「口調は丁寧だけど、この人本当は面倒なんだな」という伝わり方をする時もあるので、注意したいですね。

Tips:どうしても一旦電話を切る必要がある場合

長電話、次の用事が既にある時などで、一旦切りたい場合どう電話を切るか?という内容です。

話が盛り上がってしまったり、次に用事がある時は「そろそろ切らないとな…」となる時もあるはずです。

そんな場面で使えるフレーズを用意しておきました。

「恐れ入りますが、このあと約束がありますので、また機会がある際にお話させてください。」

「そろそろ来客(or 打ち合わせ等)がありますので…」

中には、「キャッチが…」「充電が…」などと適当なことを言って切るのもOKとしている方もいますが、あまり嘘をついて切られるのは嬉しくないですよね。

基本的には「かけた側」が先に電話を切る

基本的には「電話をかけた側」が先に電話を切るのがマナーとされています。

電話を掛けられた側の場合は、相手が切ったことを確認してから切るようにしましょう。

まとめ

電話を切るときの作法としては

まとめ
  1. 電話を切る前の挨拶
  2. 電話を切るタイミング
  3. 電話の切り方

が重要になります。覚えておきましょう。

ビジネス電話応対の受け答えマニュアルまとめ

ビジネスの電話応対マナーについて纏めた記事があるので、参考にして下さい。こちらの記事をみれば一通りのマナーが身につけれるようになっています。

ビジネス電話応対の受け答えマニュアルまとめ


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。