PBX・IP-PBX・クラウドPBXとは?今話題の「PBX」のまとめ

最近、「PBX」を導入する企業が増えてきています。スマホも普及したことで昔よりも「仕事にも携帯を使いたい」というニーズが増えてきているからです。

「興味はあるけど、いまいちPBXって何かわからない」という方のために、今回の記事ではPBXについてまとめました。

PBXとは?

PBX(Private Branch eXchanger)とは企業に一般的にある電話の中間機のことです。つまり、内線電話の接続をコントロールするための役割を担うための機器です。また、PBXといっても複数の分類にわかれているため自社の規模感や予算の範囲内のものを見つける必要があります。最近ですと、クラウドPBXという分類が安価で高機能としてこれから電話機の導入を検討している方に人気が高いです。

PBXの種類

PBXには主に3種類の分類にわけられます。

Point
  1. 従来のPBX
  2. IP-PBX
  3. クラウドPBX

それぞれにメリット・デメリットがあり、導入するときは自社に最も合うものを選択できるようになりましょう。

種類①:従来のPBX

従来の仕組みでは、PBXをオフィス内に設置することが大前提になってきます。つまり、工事が必須になってくるのです。さらに、その他のメンテンスでも適時工事が必要になってきます。また、保守期間が終了した場合は再度取り替える必要があり、費用的にも別途かかってきてしまいます。

種類②:IP-PBX

従来のPBXのように同じ構内に設置することは変わりありませんが、LANのプロトコルであるIPに対応しました。つまり、LAN上で音声通信を可能にしたのです。難点としては、専用の機器がハードウェアとして提供され、汎用のサーバーにソフトをインストールしてシステム化しなければなりません。

種類③:クラウドPBX

機能は基本的にIT-PBXと同じとなります。

近年は、大手企業から中小企業まで法人電話機の費用をなるべく抑えようというする傾向があるので価格帯が比較的低いクラウドPBXは最近利用数が増加してきています。

クラウドPBXのメリット・デメリット

[2018/10/15追記]

2018年の9月ごろに総務省より、クラウドPBXを製品の規制を強める旨を発表しました。それにより今後クラウドPBXの利用を検討している方はいつ規制が入ってサービス停止に至ってもおかしくないため、導入を控えることをおすすめします。

メリット
  • 設置の初期費用や、電力コストを含む運用コストの削減。
  • 運用に関わる業務の削減。
  • 企業の規模が拡大しても、新たな設置が不要ですぐに拡張対応。
  • 多彩な機能の中から必要な機能のみ選べる。
  • モバイル端末との連携が可能。
  • 事務所が移転しても設置工事費が不要。
  • 在宅勤務社員も利用できる。
  • 海外も含めた拠点間の通話が無料となる。
デメリット
  • 110や119など特殊番号にかけることが難しい。
  • IP電話には保留ボタンがない。
  • あまりにも田舎に住んでいる人だった場合、環境が不安体になる可能性が上昇する。

PBX製品で利用できる端末

ここからはPBX製品で利用できる端末をご紹介していきます。どの端末をメインで利用していきたいかによって料金はおすすめする製品も大きく異なってきます。今後PBX製品の導入を検討している方はまずはじめにどの端末を利用したいのかを確認してください。

①携帯・スマートフォン

インターネットに繋がっている限り、どこにいても電話を繋ぐことができます。どこにいても繋ぐことができるということは、相手を待たせないということに繋がり、近年このための導入する人も増えている状態です。

②SIP端末

一般的なビジネスフォンとは異なり、LANケーブルを利用できます。一種のIP電話のことです。従来のPBXとの画期的な違いは導入の簡易化です。従来のPBXの場合、事あるごとに作業員を会社に呼んでメンテナンスするというのが普通だったのですが、LANケーブルを使うことにより、社内だけでも導入することができるようになりました。

③ソフトフォン

ソフトフォンとは、インターネットで電話をできるようしたものです。電話機を一切購入する必要がなく、PCににソフトウェアをインストールするだけですぐに使うことができます。さらにコンピューター上のアプリケーションと連携できるのも魅力の一つとなっています。

まとめ

今回の記事では「PBX」についてまとめてみました。これから電話機を導入しようと検討してる場合は、価格帯が低く、高機能なIP-PBXをおすすめします。

2018年現在のPBX製品のおすすめランキングを下の記事にまとめてあるので興味ある方はご参照下さい。

IP-PBXがおすすめな理由
  • 企業にとって当たり前のようにある固定電話はもう必要無い
  • LANケーブルを使うことを可能にした
  • 比較的安価
  • 導入しやすい
  • 自社で全て簡潔できる。

【2019年人気PBX比較】ビジネスフォンおすすめランキング!IP-PBX・クラウドPBXサービスの違いを徹底比較!

2018年12月10日

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。