自社に合った適切なビジネスフォン・PBXの選び方のポイントとは?

ビジネスフォンといえば、オフィスでの業務において必須級のOA機器と言えます。

しかし、ビジネスフォン業界は闇が深く、ぼったくりや相手に関係なく利益率の高い製品を売りつけるなんてこともざらにあります。また、ビジネスフォンの情報などもネットにあまり出回っていないため、どんな基準でビジネスフォンを選べば良いかも分かりづらいですよね。

今回の記事では、自社に合った適切なビジネスフォンを選ぶためのポイントを解説した上で、ビジネスフォンにはどのような種類がありどんな会社に向いているのかを見ていきたいと思います。

ビジネスフォン・PBXの選び方のポイント!

まずはビジネスフォンの選び方のポイントについて解説していきます。ポイントは以下の2つです。

ビジネスフォンを選ぶ際のポイント
  1. 会社の規模
  2. 会社の業務内容

「当り前じゃないか」と思った方もいるかもしれません。しかし、実際に2019年現在でもぼったくり被害に遭っていたり、業務内容に合っていないビジネスフォンを使用してる会社は数多く存在するのです。

では、それぞれ詳しく解説します。

会社の規模

そもそも、ビジネスフォンの本体(主装置・PBX)も、「どのくらいの会社の規模で使用されるか」を想定して設計されています。

例えば、30人以上で使用するのに小規模な会社を想定したビジネスフォンを導入してしまうと、業務効率が落ちたり1台あたりのコストが割高になったりします。逆に、小規模な会社なのに大規模な会社で使用されるようなビジネスフォンを導入すると維持費が高くついてしまいます。

また、将来の会社の展望などにも気を配る必要があるでしょう。

ずっと同じ規模で業務を行う場合は良いですが、会社の規模を大きくしたり、支社を増やす可能性があると言った場合には増設が簡単なビジネスフォンを導入するのが良いです。

このように、会社の規模や今後の展開を考えてビジネスフォンを選ぶことで、適切な価格で使用することができるようになります。

会社の業務内容

会社の業務内容によっても、おすすめするビジネスフォンは変わってきます。

実際にあった過去の導入事例をいくつかお話します。

まず、海外出張が多いという会社様の事例です。この会社では海外の出張先で電話をする際に国際電話扱いになってしまうため、毎月莫大な通話料を払い続けていました。

しかし、ビジネスフォンの本体を変えて国際電話にならないような仕組みを設計したところ、毎月10万円以上かかっていた通話料が2万円にまで削減することができたのです。

次に、建築関係の会社様の事例です。業界の業務柄、机を広く使いたいにも関わらず、ビジネスフォンによってスペースが圧迫されていました。

ところが、思い切って固定電話を撤去し、スマホをビジネスフォンとして使用できるようにしたことで、広いスペースを確保することができ、業務効率が一気に向上しました。

このように、業務内容に合わせた課題や要望に応えることができるビジネスフォンを導入することで、コスト削減や会社の生産性の向上に繋がります。

ビジネスフォン・PBXにはどのような種類がある?

ここからは、ビジネスフォンやPBXの中にもどのような種類のものがあるか紹介していきます。

ビジネスフォンの導入や乗り換えを検討する際、候補となるものは以下の通りです。

ビジネスフォンの種類
  1. 主装置+電話機(従来のPBX)
  2. IP-PBX
  3. クラウドPBX

では、解説に移ります。

1.主装置+電話機(従来のビジネスフォン)

『ビジネスフォン』と言った時、これを思い浮かべる人が多いと思います。新しく出たIP-PBXやクラウドPBXと区別をするために、こちらを『ビジネスフォン』、新しいものを 『PBX』と呼んだりします。

主装置を通して電話機を設置し使えるようにするという、最も古くからあるビジネスフォンの形です。

このビジネスフォンを使用する一番のメリットは、限られた状況では安く導入でき、増設しない限り維持費も安く済むという点です。小規模な事務所やオフィスで、増設の必要がない場合は、従来のビジネスフォンの方が安く済むことも多いため、いまだに使われています。

ビジネスフォンはこんな会社におすすめ!
  • 小規模なオフィス(2台〜10台)
  • 支店などはない
  • 増設の可能性は少ない
  • 基本的なことができれば色々な機能は特に必要ない
  • 社外に電話をかけることが多い
  • インターネット回線を全く使わない

2.IP-PBX

PBXもビジネスフォンの一種ですが、アナログからデジタル化されるイメージで、できることが一気に増えます。

「何を言ってるのかよくわからない」という方や、上記の『ビジネスフォン』と『PBX』の違いについて、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

ビジネスフォンとPBXの違いを徹底比較!あなたの会社に合っているのはどっち?

2019年8月3日

IP-PBXは簡単に言うと、従来のビジネスフォンがアナログで行なっていたものを、インターネットを介して行うことができるようにしたPBXです。

従来のビジネスフォンではできなかったPCやスマホとの連動ができるようになったことで、より利便性が向上して様々な機能が使えるようになりました。また、増設などもスマホやPCを通して行うことができるため、簡単です。

IP-PBXについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

PBX・IP-PBX・クラウドPBXとは?今話題の「PBX」のまとめ

2018年5月11日

ここまで見ると「従来のビジネスフォンより値段が高くなるのでは?」と考えるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

「固定電話機が必要ない」(設置することも可能ですが)
「増設やアップデートに工事などが要らない」
「通話費を大幅に削減できるケースがある」

このような理由で、従来のビジネスフォンより安く済むこともかなり多いです。

IP-PBXはこんな会社におすすめ!
  • 小規模〜大規模の会社(10台〜200台以上)
  • 使っているビジネスフォンに不便さを感じる
  • 内線を多用する
  • 海外出張が多いor海外に支社がある
  • ビジネスフォンを増設する可能性が高い
  • 支店があるorできる可能性がある
  • ビジネスフォンのPCやスマホとの連動に興味がある
  • 業務を効率化させる機能を使いたい

3.クラウド PBX

クラウドPBXとIP-PBXの大きな違いは、ビジネスフォンの主装置に当たるハードウェアを置くか置かないかです。装置を設置するのがIP-PBX、装置を設置せずに全てインターネット上で完結するのがクラウドPBXとなっています。

搭載される機能はIP-PBXとあまり変わりません。

クラウドPBXのメリットは、実際のハードウェアを置く必要がないため、初期費用や管理の手間がかからないという点です。

そのため、導入費用だけで見ると一番安いです。ただし、利用する人数などによっては、従来のビジネスフォンや IP-PBXの方が維持費が安いこともあります。

ただし、クラウドPBXには大きなデメリットも一つあります。それはセキュリティ関係についてです。

クラウドPBXは、自分の会社に物理的な機械を置きませんが、代わりにサーバーを管理している会社があります。セキュリティはその会社に依存することになってしまうため、不安が残ります。

そのため、金融関係の会社など、セキュリティに厳しい会社では導入されない傾向にあります。

また、クラウドPBXは詐欺などの犯罪に使われることから、2018年の9月に総務省が規制を加える可能性を示唆しています。リスクを取りたくない会社は導入を控えることをおすすめします。

クラウドPBXはこんな会社におすすめ!
  • 小〜中規模の会社(5台〜50台)
  • とにかく初期費用を安く抑えたい
  • 内線を多用する
  • 海外出張が多いor海外に支社がある
  • ビジネスフォンを増設する可能性が高い
  • 支店があるorできる可能性がある
  • ビジネスフォンのPCやスマホとの連動に興味がある
  • 業務を効率化させる機能を使いたい

まとめ

ここまでビジネスフォンやPBXの選び方について解説してきました。

あなたが正しい知識をつけて適切なビジネスフォンを選び、会社のコストカットや生産性の向上に貢献することができれば幸いです。

とはいえ「自分でビジネスフォンを選ぶのは難しい…」という方も多いことかと思います。

土日休み.comでは、あなたの『会社の規模』と『業務内容』を元に、オフィスのプロが適切なビジネスフォンを診断させていただく『ビジフォンサーチサービス』をご用意しています。

診断結果とお見積もりまでは無料ですので、興味のある方はぜひご活用ください。

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。