ビジネスフォンはもう古い!?コストを大幅に削減できるスマホの内線化とは?

オフィスで広く使われてきた置き型のビジネスフォンですが、最近ではその数が減ってきていることをご存知ですか?

代わりに台頭してきているのがスマートフォンを内線化してビジネス用の電話機として使うサービスです。うまく業務の中に組み込むことができれば、業務効率や働きやすさの向上に大きく役立つでしょう。

しかし、馴染みのない方にとっては「スマホの内線化ってどういうこと?」と思った方もいますよね。この記事ではそんなスマホの内線化について解説します。

スマホを内線化するってどういうこと?ビジネスフォンとの違い!

スマホの内線化とは、スマートフォンをお使いのビジネスフォンの主装置(PBX)と接続して、スマホを電話機として使用できるようにすることです。「そもそもビジネスフォンの仕組みについて分からない」という方はこちらの記事をご覧ください。

ビジネスフォンとPBXの違いを徹底比較!あなたの会社に合っているのはどっち?

2019年8月3日

すごく簡単に言うと、今までデスクに置いてあった固定電話機で行っていたことを全てスマホでできるようにしてしまうサービスということになります。

機能自体はビジネスフォンとほとんど同じ感覚で使用することができ、通常のビジネスフォンにはない多くの利点があります。

ビジネスフォンをやめてスマホを内線化するメリット

スマホを内線化するサービスにはどのようなメリットがあるのかを見ていきます。

1.導入や増設の費用が安く済む

従来のビジネスフォンを導入しようと思ったら、主装置と必要な分の電話機を購入する必要があります。
さらには事業拡大に伴い増設する場合の工事費や機能のアップデート費などでどんどん費用が増えていきます。

その点スマホの内線では、固定電話を購入する必要がなく複雑な回線工事もないため初期費用はかなり安く済みます。
また、アップデートが全てデータ上で済むためアップデート費はかからず、増設に伴う費用もほとんどかかりません。

「ビジネスフォンは必要だけど導入の費用は安く抑えたい」
「今のビジネスフォンは固定費として会社を圧迫している」
という方には大きな利点と言えるでしょう。

2.置き型のビジネスフォンよりも便利

置き型のビジネスフォンの場合は当然ですが決まった場所で電話をかける必要があります。
また、電話がかかってきた場合に不在だったときは転送機能がないと不便です。転送機能は基本的にオプションとなります。

しかし、スマホを内線化すればその問題も解決です。
いつでも持っているスマホで電話を受けることができますし、社外にいても内線・外線ともに自由に電話をかけることができます。

Point

発着信する電話番号はプライベートのものでなく
会社の電話番号となりますので安心してください。

3.内線・拠点間での電話が無料

従来のビジネスフォンでは同じ主装置に接続されている電話機のみ、内線での無料通話が可能でした。

スマホの内線化サービスでは、一度設定をすれば同じ社員・会社同士であれば通話料金はかかりません。

これをいかして海外支社との通話料を大幅に削減したり、在宅ワークを促進したりといったことができるようになります。

4.デスク周り・オフィスが整理される

スマホ内線化サービスでは固定電話が必要ないため広くデスクを利用することができます。
また、ビジネスフォン のような配線もないためオフィスがすっきりとします。

スマホを内線化するデメリットは?ビジネスフォンとの違い!

ここまでだと全く悪い要素が見当たらないスマホの内線化ですが、デメリットもいくつかあります。

1.電波の届かない場所では発着信ができない

スマートフォンの内線化では携帯の電波(4GやLTE)を利用して電話を行います。
したがって電波の届かない地下などでは電話をかけることも受け取ることもできません。

2.休みの日も仕事の着信がかかってくる可能性がある

いつでも対応できる、という便利の裏返しでいつでもかかってくる可能性があります。
休日にゆっくりしていると仕事の電話がかかってくる…なんてことも。

なお、サービスによっては勤務中のみ電話がかかるようになるシステムもあります。また、セキュリティに気を使う会社などは法人で契約したスマホを使用する場合もあるので、そのようなケースでは心配する必要はないでしょう。

3.利用方法を新しく覚えなくてはならない

スマホを使いなれていて新しいものに柔軟に対応できる若い世代であれば問題はないでしょう。
しかし、ガラケーを使っている方や新しいものに抵抗のある方が多い職場では導入の際に苦労することがあるかもしれません。

まとめ

ここまでスマホの内線化サービスについて解説してきました。

スマホの内線化は業務効率UPとコスト削減の両方に効果的であることを理解していただけたと思います。実際に、従来のビジネスフォンを使用している方は興味を持つ方が非常に多いサービスです。

基本的に、スマホの内線化サービスはIP-PBXやクラウドPBXで行います。

「IP-PBX・クラウドPBXって何?」
「オススメのスマホ内線化サービスが知りたい」

という方はこちらの記事をご覧ください。

【2019年人気PBX比較】ビジネスフォンおすすめランキング!IP-PBX・クラウドPBXサービスの違いを徹底比較!

2018年12月10日

ビジフォンサーチサービスについて

土日休み.comでは、あなたの会社の『規模』と『業務内容』に合わせた最適なビジネスフォンを診断する『ビジフォンサーチサービス』を行なっています。

診断やお見積もりは無料ですので

「会社に合ったビジネスフォンを導入したい」
「現在のビジネスフォンが合っているかわからない」
「最適なビジネスフォンに乗り換えたい」

という方はぜひ利用してみてください。

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27

 


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。