『32bit/64bit OS』と『32bit/64bit CPU』をわかりやすく解説!同じビットだけど何が違うの?

「bitってなに?」
「OSとCPUのビット数って何が違うの?」
「自分のパソコンが何ビット対応かを調べたい!」

今回、土日休み.comでは、”OSとCPUで設定されているビット数”について解説していきたいと思います。パソコンを自作するときはもちろん、会社などでパソコンを大量導入するときもOSやCPUの選び方が非常に重要になってきます。

間違えた規格のOSやCPUを導入してしまうと、最悪ソフトが動かないということになります。特に、OSとCPUは、パソコン基礎知識のなかでも非常に重要な知識です。

ビットについてイマイチよくわからないという方は、この記事だけで事足りるようになるべく専門用語は使わず解説しているので確実に頭の中に入れておきましょう。

そもそもビット(bit)ってなに?

そもそもビット(bit)とはどういうものなのかを軽く解説していきたいと思います。

ビット数とは、下の画像の通り、情報量のことを数値化したものです。

つまり、OSやCPUで設定されているbit数も情報量のことを指しています。

しかし、「情報量のことを指している」といわれても、

  • 情報量を蓄積する量を表しているのか?
  • 1分辺りの情報量を読み書きする量を表しているのか?

これだけではわからないと思います。しかし、安心してください。これからその点もしっかり説明していきます。

OSやCPUで設定されているビット数は何を表しているの?

OSやCPUのビット数は、1度に扱える情報量を示しています。

1ビットは0と1の2種類の情報を、
2ビットは00,01,10,11の4種類の情報を、
3ビットは000,010,100,110,001,011,101,111の8種類の情報を、

データとして扱い処理することができます。

つまり、64ビットの情報を処理するときにOSやCPUが32ビット対応だと、64ビットの情報を2つの32ビットという塊にわけて2回計算する必要があるというわけです。

しかし、OSやCPUが64ビット対応だと、1回の計算で済むため計算効率が早く、処理が早く済むというわけです。

結論、64bit対応のものの方がデータの処理速度が速いということだけしっかり覚えておきましょう。

OSには32bitと64bitバージョンの2つがある!違いは?

OSには32bitと64bitの2種類あります。

2つの違いは、ソフトウェアをインストールするときに64bit対応のものと32bit対応のものがあり、OSの種類によってインストールするソフトウェアの種類も変わってきます。

また、64ビット対応のOSの場合、32bitと64bitのソフトウェア両方動きますが、32bit対応のOSの場合、32bitのソフトウェアしか動かないので要注意です。

CPUにも32bitと64bitバージョンの2つがある!違いは?

CPUにもOSと同じく、32bitと64bitの2種類があります。

これもソフトウェアを動かす処理するときに、64bit対応のCPUの場合は32bitと64bitの両方のソフトウェアを処理できます。32bit対応のCPUの場合は32bitのソフトウェアしか処理できません。

CPUとOSは何ビット対応のものを選べばいいの?

基本的には、OSとCPU両方共64bit対応のものを選びましょう。

多くのソフトウェアは64bit対応が基本になってきていますし、32bitのソフトウェアでも64bit対応のOSやCPUの場合問題なく動きます。

自分のパソコンのOSとCPUが何ビット(bit)対応なのかを調べる方法

ここからは、今自分が使っているパソコンのOSやCPUが何ビット対応のものなのかを調べる方法をご紹介します。

Step1:パソコンのPCフォルダーを開く。

まずは下の画像の通り、パソコンのPCフォルダーを開きましょう。

下の青い枠の部分をクリックすればPCフォルダーに移動するはずです。

Step2:右クリックでプロパティを押す。

PCフォルダーを開いたら、マウスで右クリックをし、出てきた画面のプロパティを開きましょう。

マウスパッドの場合も、右クリックからのプロパティで開くはずです。

Step3:システムの種類で32bit or64bitを確認する。

プロパティを開くと下の画面が表示されると思います。画面内の”システム種類”という項目に記載してあります。

下の画面の場合、”64ビット オペレーティング システム”=『64bit対応のOS』”x64 ベース プロセッサ”=『64bit対応のCPU』という意味です。

まとめ

ここまでCPUとOSに記載されているbit対応についてまとめてきました。

実際、何ビット対象のソフトウェアを何ビット対応のOSやCPUにインストールするかによって処理速度はもちろん、起動するかしないかも決まってきます。

今、市販で売られているものはほとんどが64bit対応のOSやCPUですが、中古のパソコンなどの場合はどうではない場合もあります。少なくとも、いま自分が使っているパソコンのOSやCPUが何bit対応なのかを把握しておくことは非常に重要なので、確認しておくようにしましょう。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。