【2019年最新比較】シャープ(SHARP)複合機の口コミ・評判・メリット・デメリットをレビューしてみた。おすすめの複合機は?

この記事ではシャープ(SHARP)の複合機についてレビューしていきます。

「SHARP製複合機の評判は?」
「SHARP製複合機を導入するメリット・デメリットは?」
「SHARP製複合機の特徴は?」

など、SHARP製の複合機に関する2019年現在の最新情報をご紹介致します。

SHARPの複合機について解説する上で、最低限知っておいた方が良い複合機についての情報を下の記事にまとめておいたので「複合機について全くわからない!」という方は参考にしてください。

複合機・プリンター・コピー機の選び方とは?

SHARPの複合機について解説する前に、複合機を選ぶ上で注意すべきポイントを簡単にご紹介しておきたいと思います。

複合機を選ぶ上で重要な判断基準は主に8つあります。

複合機選びの8か条
  1. 導入コスト
  2. ランニングコスト(インク代・カウンター料金)
  3. 対応している紙の規格(A3・B4・A4・B5)
  4. 印刷速度
  5. 印刷の品質・画質
  6. 本機の大きさ・サイズ
  7. FAX・スキャナーの有無
  8. その他オプション・カスタマイズ機能

この8つの判断基準の中でも特に重要なのが、コスト面です。

複合機の場合、複合機本体の代金やそれを設置するための費用である導入コストとカウンター料金(インク代や刷った枚数によって加算されるシステム)などのランニングコストの2つがコストとしてかかってきます。

最近の複合機はどのメーカーのものを利用しても性能面ではさほど違いありませんが、コストに関してはメーカーや製品によって変わってきます。

次に重要になってくるのが、対応している紙のサイズや印刷速度です。

業務用の複合機として会社等で導入するのであれば、通常はA3までは対応したものを選ぶことをおすすめします。また、印刷速度に関しては、分速20枚以上のものを選ぶと良いでしょう。複合機を頻繁に使うのであれば分速20枚よりも多く刷れるものでも良いと思いますが、大抵の会社は3秒に1枚刷れば問題ないはずです。

詳しい複合機選びの解説は下の記事にまとめてあります。

複合機をお得に導入するには?一括購入・レンタル・リースどれがおすすめ?

一般的なオフィスに設置されている複合機であれば60~150万円ほどの高額な導入コストがかかってくるため、複合機には主に3つの契約方法があります。

複合機の契約形態
  1. 一括購入契約
  2. リース契約
  3. レンタル契約

詳しくは別記事で解説しているので省きますが、おすすめはリース契約です。

一括購入の場合、壊れた際のメンテナンスも自社で行う必要があるためおすすめしません。複合機は、使っていれば必ずと言ってもいいほど故障するため、メンテンナスなどのサポート面もすべて行ってくれるリース契約がおすすめです。

シャープの複合機ってどうなの?メーカーの特徴・評判・口コミは?

ここからはシャープ複合機の特徴や評判をご紹介していきたいと思います。

シャープの複合機はシェア率はどのくらい?

シャープ製の複合機シェア率は、約10%ほどです。

1位の富士ゼロックスが約35%で、2位のリコーが約25%、3位のキャノンが約20%という感じです。シャープ製複合機のシェアは4位です。

正直、ある程度大きい会社が運営していれば、信用があるので1位だから良いというわけではありません。複合機の性能面を単純に比較してもさほど変わらないのが実情です。

逆に、シェア率の高いメーカーほど製品の価格が高い場合もあるので一概にシェア率が高ければよいというわけではありません。

シャープと他社メーカーでは何が違うのか?特徴は?

業界シェア4位のシャープですが、他社メーカーとの違いはさほど無いと言うのが正直なところです。

複合機のレベルがどのメーカーの製品も近年高く、製品自体を比較しても大差がなくなってきているためシャープだけでなく、どのメーカーもさほど変わりがありません。

あえて上げるとするならば、第1位~3位までのメーカーと比べると複合機の本体代が安い傾向にあります。

ただし、2019年現在では、京セラという複合機メーカーの製品が業界の中で最も安くなっています。

【2019年最新比較】京セラ複合機の口コミ・評判・メリット・デメリットをレビューしてみた。おすすめの複合機は?

2019年5月7日

シャープ複合機の口コミ

シャープの複合機を実際に導入した会社様の口コミをインターネットや生の声を土日休み.comで調査したところ以下のような口コミをいただきました。

シャープ複合機の口コミ

良い口コミ

「本機の価格が安い!」
「中古品でも保守が付いているため安心!」
「デザインが風紋調でかっこいい!」

悪い口コミ

「画質があまりよくないかも。」
「紙詰まりがよく起きる。」

シャープ複合機を導入するメリット・デメリットとは?

ここからはシャープの複合機を実際に導入するメリットやデメリットをご紹介していきます。

シャープ複合機を導入するメリット

シャープの複合機を導入するメリットは主に3つあります。

1つ目のメリットは、複合機シャア率トップ3のメーカーよりは安いという点です。

シェア率トップ3のメーカーよりも導入コストを抑えられるため、富士ゼロックス・リコー・キャノン・シャープの4社で迷っているのであればシャープをおすすめします。

2つ目のメリットは、デザインが風紋調でカッコいいという点です。

デザインが風紋調であることを気に入っている利用者が一定数いるようで、デザイン面は好評であることが多いようです。

3つ目のメリットは、中古でも保守などのサポートを行ってくれるという点です。

中古品だと保守は受け付けてくれないメーカーもありますが、シャープの場合は中古品でもサポートを行ってくれます。

メリット
  1. 複合機シェア率トップ3のメーカーよりは導入コストが低い。
  2. デザインが風紋調でカッコいいこと。
  3. 中古でも保守やサポートが付いている。

シャープ複合機を導入するデメリット

シャープの複合機を導入するデメリットは主に2つあります。

1つ目のデメリットは、2019年現在では京セラが業界の中で最も安く、あえて価格面でシャープを選ぶ必要が無いという点です。

先程メリットでは、導入コストを抑えられると書きましたが、2019年現在では京セラの複合機が業界の中で最も安くなっているため、敢えてシャープを選ぶメリットは薄いとうのが正直なところです。

2つ目のデメリットは、紙詰まりの頻度が多いという点です。

これはインターネット上で複数見つけたので1つのデメリットとして加えました。複合機はそもそもが紙詰まりしやすいためどのメーカーの製品でも紙詰まりを起こすことはありますが、口コミによるとシャープはその頻度が多いようです。

デメリット
  1. 2019年現在では京セラが業界の中でもっともコスト面で安い。
  2. 紙詰まりの頻度が多い。(※口コミ)

【2019年最新比較】シャープのおすすめ複合機・プリンターはどれ?

ここからは、シャープ製複合機で2019年現在どの複合機がおすすめかをご紹介していきたいと思います。

コストを重視するなら『MX-2020F』

コスト面だけを重視するのであれば、『MX-2020F』がおすすめです。

シャープの複合機の中でも最もコストが抑えられたモデルですが、複合機として必要な機能はすべて搭載されています。

『MX-2020F』のスペックは以下の通りです。

印刷速度(分) カラー20枚・モノクロ20枚
最大用紙サイズ A3,SRA3
コピー機能
プリントアウト機能
両面印刷
FAX機能
タッチパネル
USB無線LAN接続
※オプション
ネットワークスキャン機能
メンテナンス

『MX-2020F』は、USB無線LAN接続だけがオプションなのは残念ですが、端末代自体はかなり抑えられているため必要な場合はオプション機能として加えても良いと思います。

また、スマホとの連携も可能なので社用スマホと組み合わせると良いかもしれません。

バランスを重視するなら『MX-3631』【最新モデル】

コスト面と印刷速度のバランスと取るのであれば、『MX-3631』がおすすめです。

シャープ製の複合機の中でも最新の機種で、クイックログイン機能やモバイル端末との接続などを行うことができます。

『MX-3631』のスペックは以下の通りです。

印刷速度(分) カラー36枚・モノクロ36枚
最大用紙サイズ A3,SRA3
コピー機能
プリントアウト機能
両面印刷
FAX機能
タッチパネル
USB無線LAN接続
※オプション
ネットワークスキャン機能
メンテナンス

『MX-3631』の特徴は、先述した通り印刷速度とコスト面のバランスが取れている点です。

カラー・モノクロ印刷が毎分36枚であるため、数十人規模のオフィスにも『MX-3631』があれば問題なく使えると思います。

印刷速度だけを重視するなら『MX-6151』【最新モデル】

印刷速度だけを求めるのであれば、『MX-6151』がおすすめです。

この『MX-6151』もシャープの最新モデルですが、他のメーカーでこのスペックの製品を求めようとすると200万円以上はしますが、シャープの『MX-6151』の場合は170万円ほどで導入できてしまうため比較的コスパが良いと言えます。

『MX-6151』のスペックは以下の通りです。

印刷速度(分) カラー61枚・モノクロ61枚
最大用紙サイズ A3,SRA3
コピー機能
プリントアウト機能
両面印刷
FAX機能
タッチパネル
USB無線LAN接続
ネットワークスキャン機能
メンテナンス

『MX-6151』の特徴は、印刷速度にあります。

カラー・モノクロ印刷が毎分61枚であるため1枚印刷するのに1秒切るという驚異の処理性能を兼ね備えています。

シャープの複合機が向いている会社・向いていない会社

ここまでシャープの複合機を導入するメリット・デメリットや各製品の特徴などをご紹介してきましたが、シャープの複合機に向いている会社と向いていない会社をまとめると以下の通りです。

シャープの複合機が向いている会社

シャープの複合機が向いている会社は以下の通りです。

シャープの複合機はこんな会社におすすめ!
  1. 印刷速度の速いモデルがほしい会社
  2. 中古で保守付きの複合機を導入したい会社

印刷速度の速いモデルに関しては、業界NO.1の安さと言われている複合機メーカーである京セラよりもシャープの方が安いため、印刷速度の速いモデルを安く導入したい場合にはシャープ製の複合機もありだと思います!

シャープの複合機が向いていない会社

シャープの複合機が向いていない会社は以下の通りです。

シャープの複合機はこんな会社には不向き!
  1. とにかくコスト面を一番に考えて複合機を導入したい会社

コスト面重視で安く複合機を導入したいという場合には、京セラの方が圧倒的に安いのであえてシャープで導入するメリットはあまりないというのが正直なところです。

まとめ

ここまでシャープ製の複合機についてまとめてきましたが、結果としては印刷速度重視のモデルを安く導入したい場合にはシャープがおすすめです。

ただし、毎分30枚程度のモデルを選ぶのであれば京セラの方がコスト面を考えると安いため、敢えてシャープで導入するメリットは薄いかと思います。

複合機は、自社の規模や業務内容に合ったものを選ぶのと合っていないものを選ぶのではトータルでかかるコストが大きく異なってくるため「なるべくお得に複合機を導入したい!」と考えている場合は、関連記事にも目を通しておくことをおすすめします。

2019年現在の複合機の最新事情や自社に合った複合機の選び方などがまとめてあります。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。