「DVD」「CD」「BO(ブルーレイディスプレイ)」とは?各光学ディスクの特徴・メリット・デメリットをまとめました。

「DVD/CDってなに?」
「ブルーレイディスク(BD)って良いの?」
「光学ディスクってなに?」

今回、土日休み.comではDVD、CD、ブルーレイディスクなどの各光学ディスクの特徴やメリット・デメリットを解説していきたいと思います。

各光学ディスクのメリット・デメリットまとめ!「DVD」「CD」「BO(ブルーレイディスク)」それぞれの特徴とは?

光学ディスクについての話に入るために、光学ディスクとは一体なんなのかについて知ってもらいます。

光学ディスクとは、光学ドライブで読み書きする専用のデータを保存するための保存ディスクです。光学ドライブがよくわからない方は下の記事を参考にしてください。

続いて、光学ディスクの種類についてですが、3種類あります。

光学ディスクの種類
  1. CD
  2. DVD
  3. BD(ブルーレイディスク)
おそらくこの3種類の名前くらいは、多くの方が聞いたことがあるのではないでしょうか?

よくわかっていないけど使ってるという方も案外いると思います。そういう方は今日でしっかり光学ディスクについては知っておきましょう。

ここからは、各光学ディスクの特徴やメリット・デメリットをご紹介していきます。この特徴を押さえれば、適材適所でそれぞれが使われていることがよくわかっていただけると思います。

DVDの特徴・メリット・デメリット

DVD(Digital Versatile Disk)の特徴は、画像や動画といった視覚的データを記録保存するのに多用される光学ディスクです。

近年は徐々に需要が下がってきてはいますが、長期的なデータ保存や非常に単価が1枚の単価が安価なことからデータを気軽に人に渡すときなどに未だに使われています。

また、DVDには多くの規格があり、作っている会社によって専用の光学ドライブを使わなければならなかったりと、少し複雑になっています。

DVDの規格は全部で6種類あります。

DVDの規格と解説
  • DVD-ROM(読み取り専用)
  • DVD±R(書き込み専用)
  • DVD±RW(約1000回の読み書きに対応)
  • DVD-RAM(約10000回の読み書きに対応)

※”±”で2種類あり、+と-は全く異なる規格なのがポイントです!互換性はありません。

DVD-ROMは、読み取り専用の光学ディスクです。中身の映像を見たり聞いたりすることは可能ですが、データを改ざんすることはできません。

DVD±Rは、書き込み専用の光学ディスクです。特徴としては、書き込み回数が1回という制限があるのがポイントです。

DVD±RWは、書き込み専用の光学ディスクです。特徴としては、DVD±Rと違い、1000回程度なら何回も書き換え可能なことです。

DVD-RAMは、書き込み専用の光学ディスクです。特徴としては、DVD±RWが1000回程度の書き込み回数だったのに対して、その10倍の書き込み回数を持っているディスクです。

特徴・メリット
  • 画像や動画などの視覚的なデータを保存するのに適している。
  • DVD一枚の単価が安く、軽量なためデータを手渡ししやすい。
  • データ専用と録画専用のDVDがある。
特徴・デメリット
  • 規格が多数あるため判断がめんどくさい。
  • 規格が違うだけで読み込めないことがある。

CDの特徴・メリット・デメリット

CD(Compact Disk)の特徴は、音楽や聴覚的データを記録、保存するのに適した光学ディスクです。

音楽などをメインに記録するために設計されているため、データの容量はDVDと比べると小さく、700MB程度が一般的な容量です。CDは数ある光学ディスクの中でも最も価格が安く、昔は頻繁に写真や音楽などを友人に上げたり、仕事のデータを保存して提出するのに多用されていました。

また、CDのにも規格が存在しますが、基本的にはどの光学ドライブでも対応できるものばかりなので、あまり気にする必要はありません。

CDの規格は主に3種類あるのでこれらの意味だけはしっかりと覚えておきましょう。

CDの規格
  • CD-ROM(読み取り専用)
  • CD-R(読み込み専用)
  • CD-RW(書き換え専用)

CD-ROMは、読み取り専用の光学ディスクです。一般的に販売されている歌手のCDなどは書き換えをされては困るため、このCD-ROMという状態で販売されています。

CD-Rは、読み込み専用の光学ディスクです。DVD同様に、データを一度だけ書き込みことができ、一度書き込んだデータは削除したりすることはできません。

CD-RWは、書き換え専用の光学ディスクです。DVD同様に、1000回程度の書き換えが可能です。

特徴・メリット
  • 音楽などの聴覚的なデータを保存するのに適している。
  • CDは一枚の単価が安く、軽量なためデータを手渡ししやすい。
  • 音楽専用とデータ専用のCDがある。
特徴・デメリット
  • 特にはありません。

BD(ブルーレイディスク)の特徴・メリット・デメリット

BD(Blu-ray Disk)の特徴は、大容量の動画データをキレイな画質を維持したまま保存できることです。

近年、スマートフォンやデジタルカメラなどがHD標準のものが一般的になってきていますが、このHD標準のままDVDに保存すると必然的に画質は低下してしまいます。

そのため、画質を維持したまま保存するとなると、このブルーレイディスクが必要になるというわけです。今ではテレビの録画もほとんどがこのブルーレイディスクが使われることが多いです。

BDの規格
  • BD-ROM(読み取り専用)
  • BD-R(読み込み専用)
  • BD-RE(約1000回の買い替えが可能)
  • BD-LTH(1回の買い込みが可能)

BD-ROMとBD-Rは、CDやDVDの仕様と同じなので解説を省きます。

BD-REは、DVD-RWと同じく約1000回程度の書き換えが可能なディスクとなっています。

BD-LTHは、表記こそ違いますが、DVD-RやBD-Rと同じと思っていただいて構いません。

特徴・メリット
  • 動画などの視覚的なデータをキレイなまま保存するのに適している。
  • キレイな画質のまま保存できる。
特徴・デメリット
  • 規格が多数あるため判断がめんどくさい。
  • 規格が違うだけで読み込めないことがある。

まとめ

ここまで、光学ディスクについてまとめてきました。実際、光学ディスクにも何種類もの規格があり、用途や目的に合わせて使い分けることができます。

また、一つ注意しておいてほしいことがあるのでそれを説明してまとめにしたいと思います。

注意すべきこととは、光学ドライブが光学ディスクに対応しているかだけはしっかり確認しておきましょう。もちろん、その逆も然りです。

光学ドライブの詳しいことは下の記事にまとめてあるんで参考にしてください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。