TN型・VA型・IPS型とは?ディスプレイ(モニター)パネルの種類とは?

「ディスプレイのパネルってなに?」
「TN型?VA型?IPS型?何が違うの?」
「IPS型ってあの例の細胞と関係あるの?」

今回、土日休み.comではこのような疑問や質問のために、ディスプレイモニターのパネルの種類について解説していきたいと思います。

ディスプレイ(モニター)のパネルには「TN型」「VA型」「IPS型」の計3種類もある!

ディスプレイ(モニター)のパネルには、3種類あります。

パネルの種類
  1. TN(Twisted Nematic)型
  2. VA(Vertical Alignment)型
  3. IPS(IN-Plane-Switching)型
パネルの種類によって、価格帯や画質も大きく変わってきますし、目的や用途によっても選ぶべきパネルの種類も異なってきます。ちなみに、IPS型は、頭文字が一緒なだけでIPS細胞とは全く関係ありません。

価格帯と画質は、TN型<VA型<IPS型と段々上がっていくのが全体的な特徴です。それぞれのパネルの特徴に関しては、これから説明していきます。

パネル種類①:TN型

TN型の特徴としては、価格が低く必要電圧が低く、見る角度によって色や明るさが変わりやすいという点です。

メリット
  1. 価格が最も安い。
  2. 必要な電圧が低いこと。
デメリット
  1. 見る角度によって色や明るさが変わりやすいこと。

パネル種類②:VA型

VA型の特徴としては、TN型よりも価格や画質が上がっていて、現在最も流通しているのがVA型ということです。ただし、見る角度によって色や明るさが変わってしまうデメリットはTN型と然程変わりはありません。

メリット
  1. TN型の次に価格が安い。
  2. 最も流通しているパネル
デメリット
  1. 見る角度によって色や明るさが変わりやすいこと。

パネル種類③:IPS型

IPS型は、パネルの中でも最高級品で画質を重視したパネルです。特に医療や映像系の職種では発色が良いIPSパネルへの需要が非常に高い傾向にあります。

また、最近では一般化家庭でも導入しやすい価格帯であることから、シェア率は徐々に広がっています。

メリット
  1. 発色が良い。
  2. 画質がキレイ。
デメリット
  1. パネルの中でも最も価格が高い。

ディスプレイ(モニター)を選ぶ際に、結局どのパネルを選ぶのがおすすめなの?

ディスプレイを選ぶのであれば、用途や目的に合わせて選ぶべきです。一概にこれがどの分野にも適したディスプレイというのは存在しません。

ディスプレイの選び方は主に8つのチェックポイントがあり、自分でディスプレイを目利きできるようになりたいという方は下の記事を参考にしてみると良いかもしれません。

ディスプレイの選び方の詳細はこちら!

ディスプレイを選ぶ際の基準がよくわからないという方はこの記事を参考にすることをおすすめします。初心者でも分かりやすいように、専門用語などはなるべく避けて解説しています。

【おすすめモニタの選び方を伝授!】PCディスプレイの8つのチェックポイントとは?

2019年1月12日

ディスプレイを何に使うのかが明確である場合は、下の記事に実際に用途や目的別におすすめのモニターを解説付きで紹介しているので参考にしてください。

用途・目的別おすすめモニターの詳細はこちら!

すでにディスプレイを買う目的や用途が決まっているという方は、下の記事がおすすめです。

用途別でモニターやディスプレイを解説した上で、2019年現在イチオシのモニターを紹介しています。

【人気順】モニターの用途・目的別比較9選!PCディスプレイの選び方とは?(ゲーム用・4K・仕事など)

2019年1月13日

まとめ

最後に、TN型・VA型・IPS型のそれぞれの特徴を表にまとめたので参考にしてください。

画質価格帯シェア率今人気の製品ランキング
TN型
VA型
IPS型

また、ここまで、ディスプレイのパネルの種類についてまとめてきましたが、パネルの種類はディスプレイ選びの一つの基準に過ぎません。

実際にディスプレイを選ぶ際は、ディスプレイの用途や目的を明確にした上で、8つほどのチェックポイントを押さえて選びさえすれば誰でも自分にあったベストなモニターを選ぶことができるようになります。

ディスプレイの目利きの仕方は下の関連記事を参考にしてみてください。初心者にもわかりやすいようになるべく専門用語を避けて解説してあります。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。