2018年ナカヨIP-PBX製品『VC-SIP20C』の特徴とは?評判・レビュー・メリット・デメリットを紹介

はじめまして。現在会社経営をしている土日休み.com運営部のイスです。

会社を経営していく上で大事なことは、会社にお金を入れることだけではありません。無駄な経費を抑え、他のところに運用するのも経営者の役割です。要は、無駄な出費を減らすということです。そんな無駄な出費の内、僕が会社を経営する上で必要な経費のうち、最も無駄なものはなにか?」と問われたら、間違いなく『法人電話機の導入費と維持費』と答えます。

法人電話機業界の元々の料金設定が異常に高く、経営をする上でかなりの負担となりやすいのです。この記事では、法人電話機を導入する上でおすすめの電話機やサービスを紹介すると共に、数々の会社が提供している電話機やサービスを徹底的に比較し、レビューしています。

今回はそんな数ある製品の中から、ナカヨのIP-PBX製品VoiceCasterの『VC-SIP20C』を評価していきます。

ナカヨ 最新IP-PBX製品『VC-SIP20C』の特徴とは?

ナカヨのIP-PBX製品『VC-SIP20C』の特徴は主に3つあります。

内線電話機の最大接続数が20台・外部同時通話数が最大8chという点から比較的小規模の企業向けの製品ということが伺えます。

また、対応電話機が2種類しかないという点にも注意してください。

特徴
  1. 小規模向けの製品
  2. 内線電話最大接続数:20台、外部最大同時通話数:8ch
  3. 対応電話機:ST101A、ST101L

経費・コスト面

導入費用や維持費などコストに関する情報が一切ありませんでした。

経費コスト面まとめ

特になし。

基本機能・オプション機能面

ナカヨの『VC-SIP20C』の機能面の評価は、法人電話機としては他社と比較したときに機能のラインナップが少なめです。法人電話機として用いる場合には自社に必要な機能が搭載されているのか確実に確認をとった方がよいでしょう。

基本機能・オプション機能面まとめ
  • スマートフォン内線化対応
  • 3G環境での通話が可能
  • 障害時に役立つ二重化機能
  • オートコンフィグ機能
  • パーク保留
  • ラインキー保留
  • 簡易自動応答機能
  • ソフトフォン対応

ナカノIP-PBX製品『VC-SIP20C』のメリット・デメリット・評判

ここからは、ナカヨIP-PBX製品『VC-SIP20C』を導入する際のメリット・デメリットをご紹介していきます。

ナカノIP-PBX製品『VC-SIP20C』の良い評判・メリット

ナカヨのIP-PBX製品『VC-SIP20C』を導入する際のメリットは、静寂性が求められる場所での利用を推奨している点です。ハードディスクが搭載されていないため、音が静かなのです。つまり、静かにしなければならないような会社の場合には、機器のファンの音がないためおすすめです。

メリット
  • 静寂性を求められる場所で使用できる。

ナカノIP-PBX製品『VC-SIP20C』の悪い評判・デメリット

ナカヨのIP-PBX製品『VC-SIP20C』を導入する際のデメリットは、ネット上にあまりにも情報が少なないという点です。ネット上に情報が少ないということはあまり利用されていないということです。

シェアが少ない電話機は不具合が起きたときに、処置に多大な時間がかかったりすることがあるためあまりおすすめできません。

デメリット
  • ネット上の情報があまりにも少ないためあまり利用されていない可能性あり。
  • シェア率が低そう。

まとめ

ここまでナカヨIP-PBX製品『VC-SIP20C』をまとめて来ましたが、結論からいいますとあまりおすすめしません。ネット上に情報が少ないというのがこの結論を出した多くを占めています。理由としては、シェアが低い可能性が非常に高いため、不具合が起きたときにデータが少ないことが原因で復旧に多大な時間やお金がかかりやすいというわけです。

最近では、電話機の導入費や維持費を抑えようという傾向にあり、今回ご紹介したような比較的価格帯の高いIP-PBX製品よりも、安価で高機能なクラウド上でデータとやり取りするクラウドPBX製品が主流になりつつあります。クラウドPBXについてよくわからない人は以下の記事を参考にしてください。

PBX・IP-PBX・クラウドPBXとは?今話題の「PBX」のまとめ

2018年5月11日

比較記事

今回はご紹介したナカヨのIP-PBX製品『VC-SIP20C』以外の他社の製品をランキング形式でまとめました。自社に適した電話機を探している方は以下の記事をご覧ください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。