業務用複合機のカウンター料金とは?相場や仕組みを徹底解説

こんにちは、土日休み.com運営部です。

「業務用コピー機のカウンター料金とは?」
「カウンター料金の費用相場とは?
「カウンター料金の内訳は?」

業務用コピー機を導入する際に、本体を購入すればすぐに使えるかと思いきや、調べているうちにカウンター料金というものにたどりつきます。

今回はそんなカウンター料金について解説するとともに、カウンター料金を安く抑えて契約する方法についても解説していきたいと思います。

業務用複合機のカウンター料金とは?

カウンター料金を一言で表すなら、『1枚印刷するごとに決まったお金を払ってね』という料金形態です。

どういうことか説明していきます。

カウンター料金の詳細

そもそもカウンター料金とは、カウンター保守契約というものを結んだ際に発生します。

保守契約はその名の通り、「複合機が問題なく使えるようにメンテナンスや修理をします」という契約です。もちろんタダでというわけにはいきませんから、そこに何かしらの料金が発生します。

業務用複合機は家庭用のプリンターとは違って、使う頻度や枚数も多く、使えなくなったら業務に支障が出てしまいます。したがって、複合機は保守契約が結ばれるのが一般的であり、確実に必要なものになってきます。

そして、その保守契約の中で最も多く使われているのがカウンター保守契約なのです。

一枚ずつ費用がかかるのに、損はしてないの?

「1枚ごとに料金がかかるなんて、なんだか損している気分だなぁ」と思う方もいるかもしれませんが、

他の保守契約や家庭用のプリンターを1枚ごとの料金に直すと、いかにカウンター契約がお得かどうかを理解していただけると思います。

下記の表をご覧ください。

モノクロカラー
家庭用プリンター1枚あたり10円/1枚20円/1枚
キットトナー契約料金8円/1枚15円/1枚
カウンター料金1.2円/1枚10/1枚

※カウンター料金は一例です。

1枚あたりの印刷代金はカウンター料金がダントツで安いことがわかります。
もちろん、他の契約にもメリットは存在しますが、印刷枚数が多ければ多いほどカウンター契約がお得となっています。

ちなみにキットトナー契約は、「指定したインクを買ってくれればメンテナンス・修理代無料にするよ」という契約です。印刷枚数が少ない場合に利用しますが、そもそも印刷枚数が少ない会社は複合機を使う必要がないのであまり目にしません。

カウンター料金制のメリット・デメリット

ここからはカウンター料金のメリット・デメリットについて解説していきます。

カウンター料金制のメリット

カウンター料金制のメリットは主に3つです。

メリットまとめ
  1. 多く印刷するほどお得
  2. メンテナンス・修理代金をその都度払う必要がない
  3. トナーが無料になる

メリット①:印刷するほど安くなる

一つ目は、多く印刷する会社ほど1枚あたりの料金が安くなるという点です。

前の項目で書いた通り、カウンター料金制では1枚あたりの印刷料金は他のものよりかなり割安になっています。多く印刷する会社ほど恩恵を受けることができるでしょう。

逆に印刷枚数が極端に少ない会社では、カウンター料金制はおすすめできません。
(そういう会社はそもそも複合機の導入をオススメしませんが…)

メリット②:修理・メンテナンス費用が無料になる

二つ目は、修理代金・メンテナンスが無料になるという点です。

カウンター保守契約では修理代・メンテナンス代がカウンター料金に含まれているので、故障などの際にその都度払う必要がありません。

逆にカウンター料金でないとなると、修理やメンテナンスのたびに5万〜10万円の費用を請求されることもあるので、注意が必要です。

メリット③:トナー費用が無料になる

三つ目は、トナー(インク)の費用が無料になるという点です。

カウンター契約の場合はトナー代も含まれているのでお得です。
特に、インク量を使う印刷を頻繁にする会社はお得に使用できます。

カウンター料金制のデメリット

考えられるデメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

デメリットまとめ
  1. 高額なカウンター料金を請求される場合がある
  2. 基本料金がかかるため、あまり使わない会社は割高になる
  3. 10年以上の利用を考えると購入した方が安い

デメリット①:高額なカウンター料金を利用すると損をする

1つ目は、高いカウンター料金で契約してしまった場合にずっとその料金になってしまうという点です。

こちらは、最初に高い料金で契約してしまった場合なので、高い料金で契約しなければ済む話ではあります。

デメリット②:基本料金が必要なる

2つ目は、全く使わない場合でも基本料がかかってしまうという点です。

こちらは「カウント最低料金」などと呼ばれることが多いです。基本的に最低料金が定められていて、その金額に印刷枚数が達しなかった場合でもその料金は取られます。相場はだいたい2,000円ほどです。

つまり、カウンター料金1円だとして月に10枚印刷する会社でも、月に2000枚印刷する会社でも同じく2,000円かかるということです。

「カウンター料金1円で、月に10枚しか印刷しないから月々10円で済むのか安いな〜」とはならないということですね。

デメリット③:10年以上の利用を考えると購入した方が安い

3つ目は、10年や20年の長期的な利用を考えた場合、本体を購入した方が安い点です。

ほとんどの会社が初期費用として、300万円以上の費用を出すことが難しことからカウンター型の料金形態を選びます。

しかし、予算に余裕がある場合や借金をして業務用コピー機を購入することに抵抗のない方は、そちらを選んだ方がいい場合もあります。

業務用複合機のカウンター料金の費用相場とは?

ここからは、業務用複合機のカウンター料金の費用相場について解説していきます。

カウンター料金の費用相場はいくら?

「カウンター料金の相場っていくら?」
という質問はよくいただくのですが、一言では語れないというのが本音です。

もちろん地域やメーカーによっての差も少なからず存在します。しかし、一番大きな要因は、販売店がカウンター料金を中抜きするために価格を高く設定しているという業界の闇です。

もちろん商売ですから、ある程度は仕方ありません。しかし、法人向けのOA機器などは情報が少なく相場を知らない人がいるのをいいことに、ぼったくり価格で契約してしまう会社も数多く存在します。

そうならないためにも、ここでは底値(販売店が設定する最低ライン)のカウンター料金も合わせて紹介します。

カウンター料金不適切な価格優良業者底値
モノクロ5円〜10円1.5円〜2円1円
コピー20円〜50円12円〜14円10円

先ほども言いましたが、地域やメーカーによってここから上下します。が、底値に近い価格が相場と思っていただいて結構です。

相場からかけ離れている業者は、相見積もりを行い適正な価格がどうかを確かめることをおすすめします。

カウンター料金を安く抑えて底値に近い価格で契約する方法とは?

ここからは、カウンター料金を安く抑えて契約をするにはどうすれば良いか?について解説していきます。

Point①:インターネットから申し込みをする

複合機を契約する際は、インターネットから見積もりを依頼することをおすすめします。

インターネットで申し込みをいただいた場合、販売店側としても、営業マンにかける人件費などのコストを削ることができるため、それだけ安い価格で提供することができるというわけです。

全ての業者がそうとは限りませんが、そのような形態で安く提供しているとろは増えています。

なお、後ほど詳しく紹介しますが、土日休み.comでもあなたの会社にあった複合機を業界最安級のカウンター料金で提供しています。興味のある方は是非ご覧ください。

業界No.1の安さを実現!価格・機能・ニーズ等多角的な視点から、最適なコピー機をご提案します!

2019.05.20

Point②:必ず一度は価格交渉をする

契約をする際は、必ず価格交渉をすることをおすすめします。

ぼったくり価格で契約してしまう理由の多くが、

  1. 費用相場や底値を知らない
  2. 販売店や営業マンの言われた通りに契約してしまう

この2つのパターンのどちらかです。

底値や相場については、先ほどお話しした通りです。
あとはその情報を元に交渉をし、できるだけ良い条件で契約ができるように相談してみましょう。

Point③:相見積もりをする

大きい買い物をする際は、複数の会社に対して見積もり依頼をしましょう。

相見積もりをすることで相場感を知ることができたり、訂正な価格で取り引きを行っている会社かどうかを見分けることができます。

自社の価格に自信のない業者の場合、相見積もりを禁止している会社もいますが、そういう業者は注意しましょう。

まとめ

業務用の複合機を導入するのであればこのカウンター料金の安さを軸に決めた方が良いと言っても過言ではないほど重要なものです。

最近の複合機は性能面での違いはほとんどなくなってきています。となると、やはり差がつくところは価格です。複合機をできるだけ安く使用するには、カウンター料金の安さを重視して決めるべきと言えるでしょう。

土日休み.comでは、あなたの会社に合った最適な複合機が業界最安値のカウンター料金で使用できるサービスを用意しています。

「複合機を導入したいがどんなものがいいのか分からない…」
「現在の複合機にかかる費用が高いと感じる」
「ちょうどリースが終わりそうで入れ替えを検討している」

そんなあなたは是非チェックしてください。

業界No.1の安さを実現!価格・機能・ニーズ等多角的な視点から、最適なコピー機をご提案します!

2019.05.20

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月のビジネスフォンの維持費、
知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。