UTM販売店『UTM見積もりの窓口』の評判・メリット・デメリットをまとめてみた。

UTMを含むOA機器販売業社には、残念ながらぼったくり等の悪質な行為を行う業者がいまだにいます。土日休み.comでは、そのような業界の現状を変えるために、情報発信をしています。

今回の記事では、インターネット上のUTM販売サービスを展開する『UTM見積もりの窓口』をレビューしていきたいと思います。

なぜインターネットの販売店を通した方がお得に契約できるのか?

『UTM見積もりの窓口』のレビューをする前に、よく聞かれることが多い「どうすればお得にUTMを導入することができるのか?」と言うことについて、簡単に解説したいと思います。

その方法とはズバリ、『インターネット上の販売店で契約をすること』です。

インターネット上のサービスは代理店側にとっても「人件費がかからない」「対応が楽」といったメリットがあるため、その分お客さん側もお得に利用できてしまうんです。

具体的には、他より安く契約できたり、サポートが手厚かったりします。

UTMの優良販売店を選ぶ際のポイントとは?

次に、UTMの販売店を選ぶ際チェックすべきポイントについて解説していきます。

優良な販売店を選ぶポイント
  1. 価格面:導入・維持にかかるコスト
  2. サービスの質・機能面:取り扱っているUTMのメーカーや性能
  3. サポート面:アフターケアや導入までのサポートなど

UTMはビジネスフォンやコピー機などと違い、性能や使いやすさに結構な差があります。ただ単に「値段が一番安い」というだけで決めると「サポートが日本語非対応だった」「管理画面が外国語で使いづらい」といったことも起こり得ます。

そのため、UTMの場合はメーカーや機能を先に見極めた上で、その製品が安く売っている代理店を探すようにしましょう。

詳しいUTMの選び方についてはこちらの記事に書きましたので、参考にしてください。

自社に適したUTMの選び方とは?安くお得に導入する方法もご紹介!

2019年9月26日

UTM販売店『UTM見積もりの窓口』の特徴とは?

ここからはUTMの販売店である『UTM見積もりの窓口』について紹介します。

『UTM見積もりの窓口』は横浜に本社があるビーコネクト株式会社が運営しているサイトです。4種類のメーカーのUTMの見積もりが一括でとれるサービスとなっています。

機能面・取り扱い可能メーカー

取り扱いメーカーは以下の通りです。

取り扱い可能メーカー・機種
  • サクサ
  • Fortigate(Fortinet社)
  • NTT
  • WatchGuard

国内製品と海外の製品のバランスが良いラインナップとなっています。

人気のFortigateやサクサも取り扱っています。

費用・コスト面

HPでは価格についての記載はありませんでした。

詳しい価格は担当者から直接案内があるようです。

サービス・サポート面

『UTM見積もりの窓口』のサービス・サポート面での特徴は以下の通りです。

サービス・サポート面
  • 4つのメーカーから一気に見積もりが取れる
  • 全国対応してくれる

4つのメーカーの見積もりが一気に取れるので、手間が省けます。ただし、価格を公表していない以上「4つを比較して安くても他の販売店と比べたら微妙」というケースもあるので、他の販売店もチェックしてから決めることを強くおすすめします。

また、、「沖縄から北海道まで全国対応」とのことなので、地方の会社様でもサービスを申し込むことができます。

UTMを導入する際『UTM見積もりの窓口』を使うメリット・デメリットとは?

ここからはUTMを導入する際にUTM見積もりの窓口で契約をするメリットとデメリットを紹介します。

UTMを導入する際『UTM見積もりの窓口』を使うメリット

UTMを導入する際『UTM見積もりの窓口』を使うメリットは主に2つです。

1つ目は、インターネットで販売しているため、割引が期待できるという点です。

最初に説明したように、インターネット販売店で契約をした場合、通常よりもお得に導入できる可能性が高いです。

UTM見積もりの窓口についても何らかの割引が期待できるでしょう。

2つ目は、4つのメーカーからの見積もりを一気に取れるという点です。

UTMは会社の状況や構成によっても価格が変わりますが、UTM見積もりの窓口では4つのメーカーでの見積もりを一気に出してくれるため、複数の見積もりを取る手間が省けます。

メリットまとめ
  1. インターネット販売店ならではの割引が期待できる
  2. 4つの見積もりが一気に取れる

UTMを導入する際『UTM見積もりの窓口』を使うデメリット

UTMを導入する際『UTM見積もりの窓口』を利用するデメリットは、インターネット上で価格についての表記がないという点です。

これはOA機器業界ではよくあることですが、「他にお客さんを取られないように」といった理由から価格を表記しない販売店は多いです。

そのような業者の中には「相手の会社によって価格を変える」といったことを行う業者も一定数いるため、注意が必要です。

UTM見積もりの窓口がそうとは限りませんが、相見積もりは必ず取るようにしましょう。

デメリットまとめ
  1. 価格がインターネット上に載っていない

まとめ

ここまで『UTM見積もりの窓口』の特徴やメリット・デメリットについて解説してきました。

4社を一気に比べることができるということで、色々なメーカーを比較して決めたいという方は利用してみてはいかがでしょうか。

なお、土日休み.comでは業界最安値でUTMを導入するすることができます。

土日休み.comの特徴
  1. 人気メーカーのUTMが月々6,500円〜利用可能!
  2. どの販売店でもおすすめされるサクサのUTMも月額6,900円〜利用可能!
  3. オンラインでサービスが完結!(場合によっては対面も可)
  4. オフィスのプロが導入を直接サポート!

詳しくはこちらをご覧ください。

導入するだけであなたの会社のセキュリティをまる投げできる! 土日休み.comなら『中小企業の頼れるホワイトハッカー』UTMが業界最安値で利用可能!

2019.09.21

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。