格安で導入することができるUTM製品をまとめてみた。お得に契約する方法とは?

UMTを導入するなら、誰もが「できるだけコストを抑えて安く導入したい」と思いますよね。

しかし、UTMの情報はインターネット上では少ないため、「そもそも相場が分からない」「どこで安く購入できるか教えて欲しい」といった声が多数あります。

そこでこの記事では、UTMを安くお得に契約する方法について触れた上で、格安で導入することができるUTMについて解説したいと思います。

UTMを安くお得に契約する方法とは?

まずは、UTMをお得に契約する方法をご紹介しておきます。というのも、これを知らなければ製品自体が安くても、その製品を安く売ってもらうことができないからです。

OA機器業界では販売側が顧客よりも有利なため、どのくらい安く買えるかは販売店にかかっています。では、顧客側は何もできないかと言われるとそんなことはないです。

安く契約できる可能性の高い販売店を探し、相見積もりや交渉をすることによって、結果的にお得に導入することが可能となります。「じゃあ安い販売店を見つけるにはどうすればいいのか?」ということですよね。

その方法とは、「インターネット上でUTM販売店を探す」ということです。ネットでのサービスの方が、販売店側も人件費や手間などのコストが少ないため、その分をお客さんに還元している販売店が多いです。

詳しくはこちらの記事にまとめたため、ご覧ください。

【2019年人気順比較】UTMを最も安く契約できるのはどこ?おすすめ販売会社をランキング別で徹底解説!

2019年9月22日

安物買いの銭失いにならないよう、最低限抑えたいUTMの選び方とは?

次にUTMの選び方についてです。いくら格安でUTMを導入できるとしても、すぐに飛びついてはいけません。UTMの場合、製品を見極めるべきポイントがいくつかあります。

値段が安いからといって適さないUTMを導入してしまうと「PCが一気に重くなって業務に支障が出る..,」「マニュアルや管理が外国語だから保守に手間がかかってしまう…」といったトラブルが起きてしまうので、注意しましょう。

UTMのメーカーや製品を選ぶ際は、以下のポイントを見極めてください。

メーカー・製品を選ぶポイント
  • 対応台数(ライセンス数)
  • 必要な機能が付いているか
  • 処理速度
  • 管理のしやすさ

詳しくはこちらの記事で書きましたので、より深く知りたい方はご覧ください。

自社に適したUTMの選び方とは?安くお得に導入する方法もご紹介!

2019年9月26日

格安で導入できるおすすめのUTM製品とは?

ここからは、格安で導入できるUTM製品を、2つ厳選してご紹介します。

ここで掲載する価格についての注意点
  • ここで掲載する価格は土日休み.comが関東圏の販売店の相場を独自に調査して作成したものですので、当社の販売価格や地域ごとの平均価格とは異ることもあります。ちなみに、当社でもっとお安くご案内できるものもあります。
  • UTMのリース契約については5年〜6年が一般的です。ここでは6年のリースを想定した価格を掲載します。
  • 新品価格については機器の代金のみとなっていますので、設置費・保守代などは別途かかることもあります。リースの場合は基本的に設置代・保守代が込みです。(要確認) 
  • 対応台数のデフォルトとは、アップグレードなしで導入した場合のことを言います。

1.サクサ SS5000Ⅱ

サクサは、UTMの中では「期待の新星」といったポジションになっています。外国産のUTMシェアが多い中、国内メーカーで非常に性能の良いUTMを作っているため、信頼度はピカイチです。

SS5000Ⅱは、2019年9月に出た一番新しいシリーズです。処理速度の速さや管理画面の使いやすさについての良い評判が多く、最近ではどの販売店でもおすすめされている売れ筋の商品となっています。

非常に優れたセキュリティ機能を持ちながら、価格は6年リースで7,300円です。これだけの性能があったら、8,000円以上してもおかしくないぐらい性能ですので、コストパフォーマンスはトップレベルです。

参考価格表
製品対応台数リース(6年)新品価格
サクサ SS5000Ⅱデフォルト:15台まで
最大:60台まで
7,300円/月額〜350,000円〜

2.Neusoft NISG3000

Neusoftは、中国の王手企業です。

Neusoft NISG3000の特徴は、他のUTMの追随を許さないその安さです。

性能は上で紹介したサクサのSS5000Ⅱに引けを取らないレベルながら、6,000円代で使用できるという破格さです。ちなみに、6年リースで6,000円代のUTMはほぼないです。有名メーカーでなければ性能を疑った方がいいレベルです。

「性能がある程度あるならメーカーにはこだわらないから、とにかく最安でUTMを導入したい!」という方にはぜひおすすめしたいUTM製品となっています。

参考価格表
製品対応台数リース(6年)新品価格
Neusoft NISG3000デフォルト:15台まで
最大:100台まで
6,900円/月額〜290,000円〜

 

まとめ

ここまで格安で導入できるUTM製品についてまとめてきました。

今回ご紹介した2つのUTMは、現時点でのシェア率はそこまで高くないものの、コストパフォーマンスはUTMの中でもトップクラスです。

なお、「2つのメーカー以外も比較して決めたい」と言う方にはこちらの記事がおすすめです。ぜひご覧ください。

【2019年人気順比較】中小企業向けUTMのおすすめメーカー・製品をランキング別で徹底解説!

2019年10月3日

土日休み.comがあなたの社内セキュリティの向上やコストカットに役立てば幸いです。

土日休み.comのUTM

土日休み.comでは、今回ご紹介したサクサのSS5000ⅡとNeusoft NISG3000を業界最安値で導入することができます。

土日休み.comの特徴
  1. 人気メーカーのUTMが月々6,500円〜利用可能!
  2. どの販売店でもおすすめされるサクサのUTMも月額6,900円〜利用可能!
  3. 複数メーカーの見積もりが一度に可能!
  4. オフィスのプロが導入を直接サポート!

詳しく知りたい方ははこちらをご覧ください。

導入するだけであなたの会社のセキュリティをまる投げできる! 土日休み.comなら『中小企業の頼れるホワイトハッカー』UTMが業界最安値で利用可能!

2019.09.21

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月のビジネスフォンの維持費、
知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品などは導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費の負担がかなり大きい会社を目の当たりにしてきました。それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、そのような状況を改善するためのお手伝いをしています。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチし、聞き込みなどから得た情報を元に、御社の規模・用途・要望に合っている法人電話機・PBX製品を提案します。