部屋のスキマにハイエンドPC、オススメのスリム、コンパクトPCケースをご紹介!

自作PCというと、自分自身でPCパーツを購入し組み立てることを指しますが、殆どの場合自作PCというとデスクトップPCを組み立てることになると思います。
そのデスクトップPCのデメリットとして大きくて重いというのがあり、特に拡張性を求めない場合はノートパソコンで良いのではないかという意見も多く聞きます。

そんな人たちに向けて、今回はスリムに、コンパクトに自作することによるメリット、デメリットとそれに因んだオススメのデスクトップケースを紹介していこうと思います。自作に興味があるけど普通にデスクトップは邪魔…と思う方は是非最後までこの記事を読んでいただけると嬉しいです。

PCケースには様々なサイズがあることを理解しよう

PCケースやマザーボードのパーツを選んでいる際、スペック表記のところに「ATX」「Micro-ATX」「Mini-ITX」などの表記があると思います。これはAdvanced Technology eXtendedの頭文字を取ってたもので、マザーボードには基本的にこの3種類の規格があり、この表記はそれぞれのサイズを表すものです。他にもFlex-ATX、Extended-ATX、XL-ATXなどがありますが、これらの規格のものは殆ど使われないので今回は割愛します。

PCケースには対応するマザーボードの規格が、マザーボードにはそのマザーボード自身の規格が表記されています。PCケースの対応規格に記載されていない規格のマザーボードはPCケースに付けることができません。マザーボードとPCケースを購入する際は注意が必要です。

原則的にはこの3種類の企画は大きさ順に分かれており、並べるとATX>Micro-ATX>Mini-ITXとなります。ATXが普通のデスクトップPCのサイズやそれ以上のサイズのケースが多く、Mini-ITXはコンパクトやスリムなケースに使われることが多いです。今回はコンパクト、スリムなケースを紹介していくのでMini-ITXのケースのものが主になります。

 

スリム、コンパクトに自作することによるメリット・デメリット

スリム、コンパクトに自作することによるメリットとしては、やはり小さいということです。ものによってはぶ厚めの本程度のものもあり、机の上にポンッと置いたり、隙間にスッと置くこともできるようになります。重さを考えても普通のデスクトップPCよりは軽いです。

デメリットはいくつかあるので説明していきたいと思います。
まず一つ大きな点としては、小さい分デスクトップPCの拡張性が悪くなります。小さく細くする分USBのスロット数が減ったり、刺せるメモリの数が減ったり、グラボが刺せなかったりするといった感じですね。
そして、マザーボードの種類も大きなPCケースと比較するとだいぶ減るので注意が必要です。小さく細くする分エアフロー(通気性)が悪くなり、性能の良い大型のクーラーなども付けられないものが多いので、PCパーツ温度管理なども大きなデスクトップPCよりは入念に行う必要があります。

これだけ聞くと、小さいデスクトップPCにはデメリットが多いように感じると思います。実際性能だけを考慮してPCを自作するのであれば、コンパクトに自作することはオススメしません。
しかし、コンパクトでスタイリッシュなPCを組んだり、コンパクトでありながら性能の良いPCを組むのは自作PCならではの醍醐味でもありますので、これからオススメのコンパクトなPCケースをいくつか紹介していこうと思います。

IN WIN 強化ガラス製サイドパネル採用 Mini-ITX タワー型PCケース A1 ブラック [A1Black-RGB] ¥16,990

左右に強化ガラスを備えたキューブタイプのケースです。下部分をLEDで光らせることができます。
スタイリッシュな見た目でMini-ITX規格のケースの中では比較的大きく、拡張性に優れたものになり、結構ギリギリにはなりますが通常サイズのグラフィックカードも入るので、やろうと思えばこのサイズでハイエンドPCを自作することも可能です。
既に600Wの電源ユニットがデフォルトで搭載されており、交換は不可能ですが電源ユニットの配置に頭を悩ませることはありません。

IN WIN PCケース 150W電源搭載 アルミシェルフロント採用 Mini-ITXケース Chopin-Silver (型番:IW-BQ696S) ¥13,824

とにかく小さく!スリムに!という方に勧めたいPCケースです。幅約9cm、高さが約25cmと非常にスリムでコンパクトなモデルになっています。

150Wの電源ユニットがデフォルトで搭載されているので、画像描画性能に比較的優れたCPUを積むことでコストパフォーマンス良くPCを自作することができる点も魅力です。拡張性は皆無でもちろんグラフィックカードは積めません、CPUクーラー等も通常のものは積むことが出来ず、コンパクトなサイズのものしか積むことができないのでサイズなどをしっかりと理解した上で手に取る必要があるケースであり、中~上級者向けのPCケースです。

Cooler Master MasterBox Q300L ミニタワー型PCケース CS7251 MCB-Q300L-KANN-S00 ¥5,281

 

コンパクトなケースの中でも安価なPCケースになります。こちらはMini-ITXとMicro-ATXに対応してます。
しかし安かろう悪かろうでは一切なく、その価格からは全く想像できないほど作りがしっかりしており、Micro-ATXにも対応している比較的大きなサイズであることから、拡張性も十分にあり、通常の2個ファンが付いたグラフィックカードも難なく刺すことができます。

フロントに貼られているキューブ状の模様はマグネット式のダストフィルターで、ホコリの侵入を防ぐものになっています。とてもおしゃれで魅力的で、総合的に非常にパフォーマンスが高い一品となっています。

NZXT New H-Series H200i White [ Mini-ITX ケース ] CA-H200W-WB ¥19,132

 

シュッとしたスタイリッシュな白と黒のデザインが魅力的なPCケースで、Mini-ITX規格のケースとはとても思えないほどの拡張性を備えたケースになります。筆者が次にPCケースを買うなら真っ先に手を出したいケースの1つです。
グラフィックカードを積めるのはもちろん、電源ユニットの専用スペースまでしっかりと確保されているので、自作PCにあまり慣れていない方にも自信を持って勧められるコンパクトケースです。拡張性が高い分、幅21cm高さ35cmと、他のMini-ITXのケースよりは大きめです。サイズに関しては筆者のデスクトップPCとほとんど同じくらいのサイズだと思ってもらって問題ないかと思います。

筆者のPCケース↓↓↓

まとめ

いかがだったでしょうか。PCケースには様々なケースがあり、コンパクトなケースもたくさんあるので、まずは外見やサイズなどでケースを決めてから、他のパーツを選択していくやり方はとてもオススメです。

性能面だけを考えると、コンパクトなPCが通常サイズのPCと比較して秀でているところは少ないですが、コンパクトなPCを作成することは、自作PCならではの一つの醍醐味だと思うので、自作PCに経験がある方は是非一度機会があれば試してみてもらえればと思います。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1980円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,980円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部 会社経営をする20代の経営者兼コンサルタント。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。