共用サーバーとは?おすすめのレンタルサーバはどこ?特徴・メリット・デメリットをランキング形式で徹底比較!

近年ブログやSNSといった媒体を使って人を集めている会社も年々増加してきています。しかし、ネットが普及すると同時にネットに対する知識や判断能力などのネットリテラシーがないことが原因で起きる問題も増加の一途をたどっています。

  • 会社のパソコンをプライベートにも使ってしまう。
  • USBをいろんなパソコンで使ってしまう。
  • 電車の中で何気兼ねなくパスワードを入力してしまっている。

など、人が原因よって引き起こされる損害は図りしれないものです。今回土日休み.comではサーバーに関して知っておくべき基礎知識をまとめていきます。

サーバーには主に「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS(バーチャルプライベートサーバー)」「パブリッククラウドサーバー」の計4種類がありますが、今回はそのサーバーの中で最も利用している割合が高い共用サーバーについてご紹介していきます。

共用サーバーの前にそもそもサーバーについてあまりよくわからないという場合は下の記事を見てからこの記事を読むことをおすすめします。

「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS」「パブリッククラウドサーバー」の計4種類のサーバーの違いや特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

2018年12月14日

共用サーバーとは?

共用サーバー(レンタルサーバー)とは、メインの大元のサーバーを複数に分割し、それを借りて運用する物理サーバーのことを指します。

有名なサービス名を例に出すと、Xserverやさくらサーバーのレンタルサーバーサービスがこの共用サーバーの仕組みを使っています。

共用サーバーの大きな特徴として、メインのサーバーを切り分けてユーザーにサーバーを貸しているためユーザー全員が大元のサーバーのOSやメモリーといった資源を共有して使うことになります。

そのため、あるユーザーが使っているブログのアクセスが急に伸びるなどのことが起き、資源がそのユーザーに集中した場合は全体の資源が不足し、結果的に全体に影響することにつながったりします。

もちろん、各レンタルサーバー同士が影響しないように各サービス会社が対策をしていますが、策が突破されれば全体に影響することになるというのが共用サーバーの主な特徴です。

共用サーバー(レンタルサーバー)のメリット・デメリットとは?

ここからは、共用サーバー(レンタルサーバー)の導入メリットやデメリットをご紹介していきます。

共用サーバー(レンタルサーバー)の特徴・メリット

共用サーバー(レンタルサーバー)のメリットは主に2つあります。

1つ目のメリットは、レンタル料金が比較的安いということです。

実際、月額数百円の価格でレンタルをしているサーバー会社もあります。比較的安くサーバーをレンタルすることができるため、会社のホームページやブログでの集客でレンタルサーバーを運用することが多い傾向にあります。

2つ目のメリットは、サーバー構築に関する知識がなくても画面操作で運用できるという点です。

これは、レンタルサーバーをサービスとして提供する会社側がユーザーにとって使いやすいようにした結果ほとんどサーバーの知識がなくてもサイトやブログを立ち上げたりすることが可能になりました。

メリット
  1. レンタル料金が比較的安い。(月額数百円からレンタル可能)
  2. サーバーに関する知識が必要ない。

共用サーバー(レンタルサーバー)の特徴・デメリット

共用サーバー(レンタルサーバー)のデメリットも主に2つあります。

1つ目のデメリットは、レンタルサーバー同士の影響を受けやすいということです。

これは共用サーバーというものが大元のサーバーを分割して、各ユーザーにレンタルしているため、レンタルサーバー同士の影響を完全に無くすというのは難しいです。複数のレンタルサーバーが同時に負荷がかかった場合などは全体の反応が悪くなったりします。

2つ目のデメリットは、大元のサーバーが落ちたときは、レンタルサーバーも落ちるという点です。

これは調理などを例に出すとわかりやすいのですが、ガスの元栓を締めたらコンロに火が灯らないのと同じことです。大元のサーバーが何かしらの原因で落ちてしまった場合は全体のサーバーも落ちてしまいます。

つまり、突然のサービスの終了という可能性も完全に無視することはできなくなるというわけです。そんため、もし法人などでレンタルサーバーを契約する場合はできる限り老舗のサービスを利用することとおすすめします。

デメリット
  1. レンタルサーバー同士の影響を受けやすい。
  2. 大元のサーバーが落ちたときは、レンタルサーバーも落ちる。

おすすめの共用サーバー(レンタルサーバー)はどこ?価格や特長を比較しました

この土日休み.comも共用サーバー(レンタルサーバー)を利用させていただいておりますが、実際にどの会社のレンタルサーバーが良いのかを3社ほどご紹介していきたいと思います。

近年レンタルサーバー会社がかなり増殖していますが、やはりその中でも「レンタルサーバーと言ったらこの会社でしょ!」という老舗の会社というのは存在します。

先程デメリットのところでもお話しましたが、共用サーバー(レンタルサーバー)とは基本的には消えてしまっては困るデータ等も保存する場所だと思います。そのため可能な限りシェアが大きく信頼性のある会社を選ぶことをおすすめします。

老舗のサービスは主に3つです。

サービス名 公式詳細
Xserver
さくらサーバー
ロリポップ!

どのサービスが良いのかわからないという場合は、この3社の中でも最も有名なxserverを利用することをおすすめします。ちなみに、土日休み.comもxserver様にお世話になっています。

まとめ

ここまで共用サーバー(レンタルサーバー)についてまとめてきましたが、共用サーバーがどのようなものかぼんやりとでも構わないのでイメージがついていただけると幸いです。

最後に軽くまとめておきましょう。

共用サーバー(レンタルサーバー)とは、メインの大元のサーバーを複数に分割し、それを借りて運用する物理サーバーのことを指します。

1つのサーバーをいくつかに分割し、ユーザー全員で利用しているため比較的安く、会社などのホームページやECサイトなどのショッピングサービスなどでも頻繁に利用されています。

ただし、デメリットとして上げられるのが各レンタルサーバー会社が突然サービスを終了したり、サーバーがダウンしてしまった場合は全体のレンタルサーバーにも影響するため、ある程度メディアが大きくなってきた場合はVPSや専用サーバーなどに切り替えることをおすすめします。

VPSや専用サーバーがよくわからないという場合は下の記事にサーバーの種類がまとめてあるので参考にしてください。

「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS」「パブリッククラウドサーバー」の計4種類のサーバーの違いや特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

2018年12月14日

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。