専用サーバーとは?おすすめのレンタルサーバはどこ?特徴・メリット・デメリットをランキング形式で徹底比較!

ここ10年でインターネットの普及が広まり、一般家庭や会社を経営する上でもインターネットを導入は必須となってきています。

例えば、データの管理がその影響を大きく受けています。インターネットが普及する前では、会社の資料は書面で管理している会社が多かったですが、現代ではストレージサーバーなどを利用し会社のデータを管理している場合がほとんどです。

今回、土日休み.comでは「共有サーバー」「専用サーバー」「VPS(バーチャルプライベートサーバー)」「クラウドパブリックサーバー」の計4種類あるサーバーの中でも会社などのインターネットサービスを展開する上で利用される専用サーバーについてご紹介していきたいと思います。

「サーバーってなに?」
「サーバー4種類の違いや特徴を知りたい!」
「サーバーっておいしいの?」

など、今回はサーバーの基礎部分の説明は省くので、「サーバーそのものがよくわからない!」という方は、下の記事に全てまとめてあるので参考にしてください。

「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS」「パブリッククラウドサーバー」の計4種類のサーバーの違いや特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

2018年12月14日

専用サーバーとは?

専用サーバーとは、1ユーザーが1台のサーバーを運用するための物理サーバーのことを指します。

1台のサーバーを複数ユーザーで使う共有サーバー(レンタルサーバー)と比べ、専用サーバーの場合は1つのサーバーをまるまる独占できます。そのため、共有サーバー(レンタルサーバー)のデメリットであったレンタルサーバー同士の影響をほぼ受けなくなります。

共有サーバーについてよくわからないという方は下の記事を参考にしてください。

共用サーバーとは?おすすめのレンタルサーバはどこ?特徴・メリット・デメリットをランキング形式で徹底比較!

2018年12月15日

専用サーバーの大きな特徴としては、共有サーバー(レンタルサーバー)よりもカスタム性が広がる分、維持費などが高くなるという特徴があります。

専用サーバーのメリット・デメリットとは?

ここからは、専用サーバーを導入するメリットやデメリットをご紹介していきます。

専用サーバーの特徴・メリット

専用サーバーを利用するメリットは主に3つあります。

1つ目のメリットは、好きなOSを入れることができるという点です。

これは、共有サーバーには無く、専用サーバーの仕組み上のメリットです。共有サーバーの場合は、1つのサーバーを分割し、複数ユーザーで運用するため、既存のOSを全ユーザーで使うことになるためOSを変更することはできません。

しかし、専用サーバーの場合は1つのサーバーをまるまる一つ運用するため自分の扱いやすいOSをインストールすることができます。

2つ目のメリットは、共有サーバーよりもカスタム性の幅が広がるという点です。

メリットの1つ目でも上げた通り、1つのサーバーを独占する専用サーバーは共有サーバーよりもカスタム性が大きく広がります。

3つ目のメリットは、専用サーバは1ユーザー1サーバーとしてするため周りからの影響を受けづらくなるという点です。

これも1つのサーバーを独占することによるメリットです。共有サーバーの場合は1つのサーバーの資源を複数ユーザーで分割するため、ユーザが運用しているサーバー同士の影響が比較的受けやすい設計になっています。

しかし、専用サーバーの場合は他ユーザーという存在がないため、サーバー同士の影響が極めて受けにくい設計となっているというわけです。

メリット
  1. 好きなOSをインストールできる。
  2. 共有サーバーよりもカスタム性の幅が広がる。
  3. 1ユーザー1サーバーなため、周りからの影響を受けづらくなる。

専用サーバーの特徴・デメリット

専用サーバーを利用するデメリットは主に2つあります。

1つ目のデメリットは、共有サーバ(レンタルサーバー)よりもコストがかかるという点です。

その運営会社によっても異なりますが、月額1万円が大体の目安となってくるでしょう。

2つ目のデメリットは、メンテンナスなどの専門的な知識や実践的なノウハウを必要とする点です。

これは専用サーバーのメリットでもあり、デメリットでもあるのですが、専用サーバーはカスタム性が広がる分、メンテナンスなども自分でやらないといけません。

デメリット
  1. 共有サーバー(レンタルサーバー)よりも価格が高い。(月額1万円ほどから導入可能)
  2. メンテナンスなどの知識や実践的なノウハウが必要。

おすすめ専用サーバーはどこ?価格や特長を比較しました

ここからは、実際にどこの専用サーバー会社が良いのかを比較していきたいと思います。

専用サーバーをサービスとして提供している会社は主に以下の5社があります。

正確には他にもサービスを提供している会社はあるのですが、サーバーの中のデータは無くなってしまっては困るものを入れることになるはずです。そのため、信頼性が高く、サービスが突然終了しないような会社に限定してご紹介することにします。

1.カゴヤ・ジャパン

カゴヤ・ジャパンは数ある専用サーバー会社の中でも老舗のレンタルサーバーのサービスを行っているサービスです。

大きな特徴としては、2つほどあります。

特徴の1つ目は、他社のサーバー会社よりも低単価からの運用が可能という点です。

最低料金が月額¥2,700~と専用サーバーとは思えない格安な料金がプランの中にあるため、サーバーの容量や性能は気にしないけど、専用サーバーを使いたいという方にはおすすめです。

特徴の2つ目は、老舗のサービス会社なため突然サービスを終了するリスクが極めて低いという点です。

データをサーバーの中で管理する上でサービスが突然終了するというのはかなりの痛手になってきます。そのため、会社などの仕事としてサーバーを運用する場合はできる限り信頼性のある会社を選ぶことをおすすめします。

特徴
  • 他社のサーバー会社よりも圧倒的に安い。
  • 老舗のサービス会社なため、信頼性がある。

2.WADAX

 

GMOが運営しているサーバーサービスです。こちらも会社の規模は言うまでもなく大手のサービス会社です。

特徴としては、サポート体制が高いことで有名です。具体的には、「マネージドプラン」と「セルフプラン」があり、その中のマネージドプランを選択することで専門的なサーバーの運用を代わりにやってくれます。

本来専用サーバーの場合は、自分でメンテナンスやアップデートを行っていかなければならないのですが、GMOサーバーの場合はサービスの一環として行ってくれるため、難しい部分は人に任せたいという方にはおすすめです。

特徴
  • 大手ならではの信頼がある。
  • メンテナンスなどの専門的な部分を代わりにやってくれる。

3.CPI

会社の規模では抜群の信頼性を誇るKDDIが運営しているサーバーサービスです。

特徴としては、料金が高めに設定されています。具体的には、初期費用で¥92,000~、月額費用で¥27,000~運用可能となっていますが、それに伴った性能がついてくるというイメージです。

とりあえず専用サーバーを運用したいというよりは、かなり大きめのサービスを展開していく際には役立つサーバーだと思います。

特徴
  • 料金設定が高め。
  • サーバーの性能が高め。

4.さくら

さくらサーバーは、「共有サーバー」「専用サーバー」「VPS」「クラウドサーバー」のサーバーに関するサービスを全て行っています。また、会社の規模も非常に大きく、評判も良いです。

さくらサーバーはサーバーの利用用途に応じた3つのコースが存在するため、用途に会ったスペックや容量のサーバーを選択できます。

3つのコース
  1. スタンダートシリーズ
  2. エンタープライズシリーズ
  3. 高火力シリーズ
また、各コースの中でもさらに細かくスペック(性能)を変更できるため、専用サーバーを扱ったことのない初心者から細かくカスタムしたい上級者まで幅広く運用できるサーバーです。

また、サポート面も充実していると評判なので、「とりあえずコスパ重視でサーバーを運用したい!」という場合にはさくらサーバーをおすすめします。

特徴
  • 老舗のサーバー会社
  • 自分が必要としているスペックがわかりやすい。
  • 初心者から上級者まで幅広いユーザーに向いている。

まとめ

ここまで専用サーバーについてまとめて来ましたが、専用サーバーについてわかっていただけたでしょうか?

これから専用サーバーを導入するという方は、以下の基準で選択するのをおすすめします。

コスパ重視のサーバー WADAX
スペック(性能)重視のサーバー
【例】
AIのディープランニングなど
CPI
サポート重視のサーバー さくらサーバー

また、土日休み.comでは法人向けのサービスとして、会社の電話機やパソコンなどのオフィス周りの製品をその会社様の規模やご予算に合った製品をご提案するコンシェルジュサービスというのを無料で行っております。

「パソコンをコスパよく買い替えたい!」
「電話機の維持費を抑えたい!」
「今使っている◯◯って業界的にお得なの?」

このようなご質問やご要望をコンシェルジュサービスで解消しています。

コンシェルジュサービスについて興味がある方は下の記事にまとめているので参考にしてください。


【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務』に合わせたビジネスフォンを見つけます!

毎月会社で支払っているビジネスフォンの維持費ですが、あなたが知らないうちにボッタクられてはいませんか?
ビジフォンサーチサービスでは、あなたの会社の『規模』や『業務』に合わせたビジネスフォンをお探しします。

自社に合ったビジネスフォンを利用することで、

・毎月の維持費が安くなる。
・会社の業務効率がアップ
・今払っている人権費をカット

など、ビジネスフォンを自社に合ったものを利用するだけで、本来払う必要の無いコストを削減できたりします。

逆に、自社に合っていないビジネスフォンを利用しているとほぼ確実に維持費が膨らみます。

現代のビジネスフォンは、会社の規模や業務内容によっておすすめできるビジネスフォンが全く違ってくるのです。

特に、仕事をする上で必需品とも言えるビジネスフォンは毎月の維持費が1000円違うだけで結果的にあなたが支払う額は大幅に変わります。

現在、ビジネスフォンの導入を検討している人や現在使っているビジネスフォンが自社に合っているのかを調べてほしい人は是非ビジフォンサーチサービスを利用してみてください。
 

ビジフォンサーチサービスは、計1200社以上の会社様からご好評を頂いております。

✔サービスは完全無料!
✔無駄なコストを見つけて解消します!
✔オフィス製品を20年以上扱ってきているプロが直接アドバイス!
✔その会社に合ったビジネスフォンを見つけます!
✔月額3,000円から利用可能なビジネスフォンもあり!

【ビジフォンサーチサービス】会社の『規模』と『業務内容』に合わせたビジネスフォンを探します!

2019.03.27


業界NO.1安さを実現した法人格安スマホ!

業界最安値の法人スマホプランを土日休み.comでは取り扱っております。

✓業界NO.1の最安値プランを実現!
✓大手キャリアソフトバンクの高品質回線!
✓月額1404円(税込)から利用可能!
✓iPhoneの最新機種も利用可能!
✓保証やアフターケアも完備!
✓1台から導入可能!

【業界NO.1の安さを実現!】すべてコミコミで月額1,404円(税込)から使えるソフトバンク法人スマホ!

2019.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

土日休み.com運営部

土日休み.com運営部です。 法人電話機やPBX製品など導入費や維持費の相場が異常に高く、他社をコンサルティングする上で電話機関連の経費が負担がかなり大きい会社を目の当たりにし、それがきっかけで法人電話機やPBX製品を徹底的にリサーチし、改善してきました。 このサイトでは、商品を一つ一つリサーチ、聞き込みなどをした上で、その会社の規模・用途に合った機能や料金面の法人電話機・PBX製品を提案していきます。